(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


過去を振り返るBLOG
昨日、何気に自宅PCのデータ整理をしておりました。

そーしますと、数年前の写真データやら、動画データやらが出てまいりまして・・。

私のライディングの動画もあったりして、過去四年分程度じっくりとみました。

e0022736_11534345.jpg


で、、、、と。

数年前の方が、怖さを知らないっていうか、無茶開けっていうか・・。

ギャップとかでもまー突っ込んでどたばたになっておりますな。

もちろん今でもどたばたはなんにも解消されてませんが、

でも、勢いがある分、昔の方がマシ?とも思えました。

その後、数回痛い思いをするわけですが・・。

オフロードのベテランたちは、必ずどこか怪我をしておりますな。

骨折なんか当たり前。

とある人は腸が破れたとかいうショッキングなこともあったり、

腎臓破裂やら、肝臓破裂やらもあったり・・。

去年かな?木古内のSTDEの会場で 高橋選手(マサトンさん)と話をしたときのこと。

マサトンさんはISDEのジャパン代表選手だったわけですが、そのファイナルクロスで大転倒

重症を負ってしまい、大変な手術をした経験をお持ちの方です。

ですので率直に聞いたんです。

「バイク・・怖くないですか?」と。

するとマサトンさん
「もちろんこわいさーー。こわいけどねーー。それでもその怖さに負けてアクセル開けれなくなったら
 終わりださーー」

「乗り込んでーー、練習してーー、克服するしかないよねーーー」とさらっと言っておりました。

マサトンさん。。かっくいい・・・と思いました。

加えてこんなことも。

「俺なんかさーー、体が痛くないときなんかないよーー、いっつもどっかこっかいたいよーーー。
でも気にしてられないさーーー」 とこれまたサラッと当然のようにおっしゃる。

ちなみに、この時のSTDEはマサトンさんが総合優勝をしております。

上に上がっていく人は、やはりこういう人なのだと思いました。

オラも怪我してから、すっかり臆病になってしまったし、スピードはガクンと落ちているけんども、

まあ、楽しく乗ってるうちに元に戻ってくれれば・・・と思っておりますが・・。

今は正直FUNクラスのライダーとどっこいなスピードです。

自分でもびっくりするぐらい遅くなっております。

不甲斐ない・・とか思いません。元々これが本当の実力だと思っておりますし。

ようは、怖さを知った今からの方が、本当の速さにつながっていくのではないか?と。

何も解からず、怖さもしらず、ただ闇雲にアクセルを開けていたときは過ぎて、

怖さも痛さも知った今、どうスピードと向き合うか?が重要なのかとも思います。

まあ、あくまで休日の趣味としての範疇ですが。

でもねーー、正直、、、日曜に練習したんですが・・悔しかった・・情けなかった・・自分に。

一個目のギャップはフロントを上げてリアで越えた。

二個目のギャップもアクセルを開けてリアで!と頭ではわかってるんですが、

チキンハートがアクセルを緩めるわけです。となりますと、余計に挙動が不安定になり、

よりいっそう恐怖心が増す・・という負のスパイラル。

ですんで、次回は「何か一つできるようになる」   これでいこうと思います。

何か一つだけ 「お?これはできるor 楽しい」ってことを見つけようと思います。

いずれにせよ、今はきっちり二日後に出てきた筋肉痛に悩まされてますがwww
e0022736_1151188.jpg

[PR]
by kawasaki_ninjya | 2010-09-01 11:57 | オートバイ
<< 心に染み入る言葉 ZRCな日曜日 >>