(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


恵庭エンデューロ 2010 観戦記 その2
SS1のウッズで獲物を待ち構えて、もうすでにSA、Aクラスと通り過ぎた。

さあ、こっからが・・・いよいよBクラスさんたちだねーー。

Bクラスはいい意味で、いろんな技量の持ち主たちだから、

いい意味で見ごたえがあるのですよ。おっほっほ。




さあ、こっからB祭りだ!
e0022736_952556.jpg

e0022736_9514559.jpg

e0022736_951262.jpg

e0022736_950361.jpg

e0022736_9484090.jpg

e0022736_9483299.jpg

e0022736_94821100.jpg

e0022736_9481276.jpg

e0022736_948454.jpg

e0022736_9475443.jpg

e0022736_9473210.jpg

e0022736_9472141.jpg

e0022736_9471650.jpg

e0022736_947964.jpg

e0022736_947573.jpg

e0022736_9465568.jpg

e0022736_9464675.jpg

e0022736_946406.jpg

e0022736_9463374.jpg

e0022736_9533019.jpg

e0022736_9531419.jpg

e0022736_9525229.jpg

e0022736_9523011.jpg


ウッズはねー、しっかりとテクニックが浮き彫りになるからねーー。
見ててもとっても楽しいんだよなーー。

今回特に注目していたのは、クどーさん!
e0022736_9563269.jpg

レース前におもいっきり体調を壊し、レース出場どころか、「死んじゃう!死んじゃうよ!」と
心配しておったんですが・・・執念でレース参戦。

そして、マシーンはバリバリのトレール セロー(別名ヤックル)
しかもタイヤはトレールタイヤ・・・・。
やるなぁ・・この男はやるよ。ほんと。
レースはなにも100万以上もするレーサーを買った人たちだけの特殊なものではない。
その辺で、街中で乗ってるようなオフロード車でも気軽に参加できるんだよ!という
強烈なメッセージをこのレースで送る決意で・・・・って、この辺は想像ですがww

エンデューロを深く知るにつれ・・それは人と知り合っていくということと同義で、
例えば怪我から復活して挑戦!とか、ライバルとの熱い戦い!とか、
そういうヒューマンな部分もレース観戦の醍醐味なのです。

そうヒューマンな戦いといえば!

今レディースが断然熱い!

北海道エンデューロ界のマドンナ 「フッキーさん」 と、
e0022736_104393.jpg



近年エンデューロに目覚め、某国際A級モトクロスライダーのもとで修行し、
情熱のすべてをぶつけて挑戦し続けるchocoppyさん!
e0022736_1051310.jpg


この二人の熱い女の戦いも見逃せない。

マドンナにどこまで着いていけるか!が見所でしょう。

ただ、他のレディースだって油断できません。
林道ではキレた走りを見せる北海道エンデューロ界の姫ことAYAさん!
e0022736_1061269.jpg


今回さらに伏兵として、よくお名前を聞く アッキーさん。
e0022736_1082233.jpg


旭川のZIPの秘蔵っ子 Oさん!
e0022736_1094175.jpg


この辺がどう戦うのかも見所ですな。

そして、さらに!!!

恵庭エンデューロの名物であります、 「KINGクラス!」
701cc以上のビックオフローダーで恵庭のルートを豪快に走るわけです。
今年はKTM950という化け物で参戦された 東京からはるばるお越しの GAKUさん!
e0022736_10164645.jpg

e0022736_10162197.jpg

この全面にKINGを押し出した おちゃめなKTM!
e0022736_10191923.jpg

林道でガヒューン!ガヒューんとすげえいい音をさせて颯爽と走っていきました。
ものすごーくテンションが上がります!www

ウッズでの撮影を一通り終えて、さらに次なる撮影ポイントへ移動。

カシラと打ち合わせてそれぞれの撮影ポイントへ散ったわけです。

丁度よさそうなポイントでしばし撮影を・・・

だが、ショートカットショートカットでここまでたどりついたわけで、本当にここが見所かどうか

解からない。

うむ。こうなったら・・・。

ワシは、ビデオカメラをクビからぶら下げたまま、ルートを走ることにした。

実際走りながら、これは!と思うポイントを探すためだ。

走りだして・・・・おおおおおお!キタキタキターーー!

このヒリヒリした感じ!これぞ恵庭!ヒャッハー!と撮影も忘れルートを責めまくります。

あ、でもちゃんと撮影できるか、かっこよく映るかを考えながら走ってましたよ。

で、前の話に戻るわけです。

楽しくアクセルを開けすぎて、コーナーが曲がりきれずに突っ込みました。

ものすごーーーく滑る。だが、ライダーはきっとココを全開で来るだろう・・・ひっひっひ。

下が土に隠れた岩盤だと気付かずに・・ひっひっひ。

ということで、撮影ポイント決定したわけです(笑)

さらに、その3へ続きます。


写真はすべてENDURODAYSさんからお借りしました。
管理人さん。余計なことかもしれんですが、アップしたらみんな喜ぶと思いますよ?
ねー?みなさん?
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2010-09-09 09:55 | オートバイ
<< 恵庭エンデューロ 2010 観... 恵庭エンデューロ 2010 観... >>