(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


お別れの時 
思い出せば、私が中学生の頃。
当時買っていたバイク雑誌の記事に、
「NEW GPZ900R!ペットネーム Ninjya! ドイツ ニュルブリングで記録更新!」
的な記事を読み、その体に電流が走った。
e0022736_1021171.jpg


いつかコイツに乗るんだ!!!

当時の私はNinjyaに乗っている自分の姿を夢見て、ママチャリでコーナーをドリフトして
てっ転んで膝を擦りむいていた。

それから10年が過ぎ、社会人として忙しく生活していく中で、その夢はすっかりと忘れていた。
が、中学以来の悪友が突然GSX-R750に乗って訪れた。

まだ、自動車学校で大型二輪免許が取れなかった時代。
手稲の試験場で俗に言う1発試験でしか取得できなかった厳しい時代に奴は限定解除をしたのだ。

これに触発されて、「夢よもう一度!」と、私も限定解除に挑戦。
無事に限定解除免許を手に入れた。

と、同時に、バイク屋に走り 憧れであったGPZ900Rを手に入れた。

その姿を見ていた会社の先輩が 刀を手に入れ、夜な夜なランデブー走行をしだす。
e0022736_10211916.jpg


刀と忍者。

某バイク漫画の悪影響も受け、公道で無謀なライディングを続ける。
札幌 小樽間 最速はどっちだ!とばかりに、国道5号線を狂ったスピードで走った。


あるときは、高速に乗り、最高速チャレンジとばかりに、時速200km/hの壁を突破したりした。

若気の至とはいえ、よく死なせず、死ななかったものだと思う。

運良く、事故にも合わず、転倒もせず、逮捕もされず走ってきたが、
オフロードとの出会いで、すっかりまたがる事も少なくなっていった。

そして、オフロードバイクに熱が入れば入るほど、公道で飛ばす事の無謀さ、危険さに気がつき、
全く乗らなくなってしまった。

沢山の思い出や輝かしい時間をくれた相棒。

ありがとう。相棒。

新しいオーナーと共に、また元気に走っておくれ。
e0022736_1112519.jpg


e0022736_11123644.jpg

[PR]
by kawasaki_ninjya | 2013-06-05 11:16 | オートバイ
<< グっさんの動画 ぼっ、ぼっ、僕らはケツ上げ探偵団! >>