(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
最新のコメント
れっどさん>多分、それが..
by kawasaki_ninjya at 10:01
うわぁ、やっちゃいました..
by れっどしふと at 10:43
れっどさん>ほんとに、レ..
by kawasaki_ninjya at 09:06
切腹さん>そーですww藤..
by kawasaki_ninjya at 09:05
ブランクあってもいきなり..
by れっどしふと at 17:00
日曜、藤井さんに電話した..
by 切腹女子高生 at 13:00
ホンマやぁ~良かった~
by カナオカ at 07:00
生きてたんだぁ~
by コーチ! at 22:40
あとむさん>写真あざーー..
by kawasaki_ninjya at 13:12
怪我ネタは面白いんですが..
by 宮城@ナベ at 00:15
>エンジンはオイル無で焼..
by 謎 at 21:08
おひさしぶりです! H..
by あとむ at 13:57
2006-05-17 1..
by 金岡だぉ。 at 12:42
トライアルもいいですねw..
by 切腹女子高生 at 09:43
鋼っち>お薬?ヤバイ系お..
by kawasaki_ninjya at 11:58
コーチ>できることの精度..
by kawasaki_ninjya at 11:58
カリスマコーチ・キタ━━..
by 鋼deth at 12:40
出来ないことは出来ないか..
by コーチ at 13:02
GO君>本当に、これだけ..
by kawasaki_ninjya at 14:07
鋼っち>いやいや、目が怖..
by kawasaki_ninjya at 14:05
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


地獄の特訓!
M渕さんより、通達!
「木古内EDに向け、地獄の特訓をするべし!」
詳細は未定!決まり次第連絡するとの事。

いーやー、今回はマジですなあ。
というか、ワシのようなドヘタが参戦希望!なんかするから、
きっと、アリババ内で「やべえ、あいつこのまま出走したら大怪我しかねない」
という親心から、わざわざこのような「特訓」の場を作ってくれようとしている
のだろう・・・本当に感謝します。

土曜日にアリババさんに行って話こんでいると、色々勉強になる
話をわがまま大将さんから聞けた。
「オメーはヘタくそなんだから、開き直って練習しろ!」
というお言葉。
まさに、その通りだよなあ・・・と実感。
e0022736_9283889.jpg


しかし、地獄って付いているからには・・・
お、恐ろしい・・。

でも、普段エンデューロレースに参戦したくても、モジモジしている人や、
本格的にアタック走行をしてみたい人も最高の練習になるだろうなあ。

というわけで、この合宿に参戦したい人は手を上げてください!。
ワシより下手な人はめったにいないだろうけど、一緒に走りましょう!
やさしい、チームアリババの人たちがまってますよ!
(時には鬼になるけど・・・・・た、多分・・)
e0022736_9372278.jpg

[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-03-06 09:32 | オートバイ | Comments(5)
Commented by あやの at 2006-03-06 09:42 x
(・o・)ノ
わたしもバイクを入手し、ぜひ参戦を!
嘘です、ゴメンナサイ。
Commented by kawasaki_ninjya at 2006-03-06 09:59
あやのさ~ん。わがまま大将も見てるんですから~このブログ。
大将に「ついうっかり」は通用しませんぜ~。
あ~あ、もうね、次にアリババに行くときにはすでに用意されてますよ、バイクが。
「良い写真撮るためには、アンタもバイクに乗らなきゃだめ!プレスとして、コースを走って写真撮らないとだめ!」って言われますぜ!
あああ、言っちゃった。ひっひっひ。しーらないっと。
Commented by M渕 at 2006-03-06 10:26 x
心配しないでください。地獄になるかは本人次第です。疲れたらやめても結構ですし休憩しても構いません。この企画を提案したのは私の経験からです。是非レース経験のないビギナーにレースディスタンスを走る集中力と忍耐力と体力を確認しておいて欲しいと思います。昨年レースビギナーの私が木古内に出場しました。腕とスピードには自信はありましたが、走り出してすぐにえたいの知れない恐怖に襲われました。「このペースで、体力持つのだろうか」「いやもっとあげても・・・」「やばいな・・」「今の登り疲れた・・どのくらいで回復するだろ」とにかく順位を争うどころでありませんでした。もったいない話です。完全シュミレーションとはなりませんが、いい練習になるともいます。最初に行けたガレ場が2時間たつと疲労でいけなかったりもします。その時どう対処するかも経験しといた方が、いいかと思います。遊びは仲間が助けてくれますが、「レースは一人です」この合宿を「自らの意志で地獄にした人」はきっとレベルアップするでしょう・・
Commented by kawasaki_ninjya at 2006-03-06 10:45
M渕さん、ありがとうございます。
私も初レースが道南EDでした。
普段の山遊びとは全然違って、ペース配分、体力、そして、なによりレース中は一人!という事を学びました。
転倒しても、ヌタ場で動けなくなっても、一人で対応しなきゃいけない。山だと、仲間が助けてくれますが、レースではそうは行かない。
本当に、いい勉強になりました。と同時に、楽しさも実感。
やっぱり、練習では地獄をみて、レースでは楽しく!というのが
ベストですよね。だって、せっかくのレースですから、自分の持てる力をすべて出し切らないと、もったいないですもんね。
そして出し切った後の疲労感と爽快感といったらもう。。最高ですね。
道南では遅いなりに、本当に一生懸命走りました。
結果規定集回数5周のところ3周しかできませんでしたが、それが今の自分の実力。来年は4周を目指してステップアップしてやろう!と心に誓ったのでした。これは本当に競技としてではなく、自分の心との戦いですから。
Commented by kawasaki_ninjya at 2006-03-06 10:50
あの、全力を出し切った後の達成感は今まで味わったことが無いものでした。
M渕さんには「そのバイクじゃつらいよな」と慰めを言ってもらいましたが、もっとハンデのあるバイクで私よりずっと早いライダーが五万といましたから、これが実力だと思い知らされました。
練習は苦手な滑る登りや、下りを徹底的に練習したいですね。
あと、川渡りも・・・・。
あと、一番大切な「心の鍛錬」を目標にがんばります。
いや、ホントに、「モチベーション」というのは本当に大切なんですよね。レース中は。すーぐ気弱な自分が顔を出しますから。
「モウダメダー、ハシレナイ、ノボレナイ、クダレナイ」
ナイナイナイナイの心を打ち砕きに行きましょう!!
<< 恐ろしいビデオ・・・・ 確定! >>