(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
最新のコメント
れっどさん>多分、それが..
by kawasaki_ninjya at 10:01
うわぁ、やっちゃいました..
by れっどしふと at 10:43
れっどさん>ほんとに、レ..
by kawasaki_ninjya at 09:06
切腹さん>そーですww藤..
by kawasaki_ninjya at 09:05
ブランクあってもいきなり..
by れっどしふと at 17:00
日曜、藤井さんに電話した..
by 切腹女子高生 at 13:00
ホンマやぁ~良かった~
by カナオカ at 07:00
生きてたんだぁ~
by コーチ! at 22:40
あとむさん>写真あざーー..
by kawasaki_ninjya at 13:12
怪我ネタは面白いんですが..
by 宮城@ナベ at 00:15
>エンジンはオイル無で焼..
by 謎 at 21:08
おひさしぶりです! H..
by あとむ at 13:57
2006-05-17 1..
by 金岡だぉ。 at 12:42
トライアルもいいですねw..
by 切腹女子高生 at 09:43
鋼っち>お薬?ヤバイ系お..
by kawasaki_ninjya at 11:58
コーチ>できることの精度..
by kawasaki_ninjya at 11:58
カリスマコーチ・キタ━━..
by 鋼deth at 12:40
出来ないことは出来ないか..
by コーチ at 13:02
GO君>本当に、これだけ..
by kawasaki_ninjya at 14:07
鋼っち>いやいや、目が怖..
by kawasaki_ninjya at 14:05
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


40代目前になって・・
ワシは、後数日で30代後半の後半になってしまう。
思えば、精神的には20代の頃とほとんど変わっていない。
変わったといえば、涙もろくなってきたことと、
社会と自分とのあり方について、よく考えるようになったぐらいだ。
あと、仕事の事も。

特に仕事のことで言えば、今は分岐点にたっている気がする。
いや、気のせいなのかもしれないけど。
いろんな意味で今までのやり方では駄目だと思っている。
惰性でやってる仕事ほどつまらないものは無い。
決していい仕事もできていない。
このままでは本当に5月病のような状態に。。。
景気回復傾向にあると政府はのんきにいっているが、北海道の現状は
まだまだ、どん底に近い気がする。
なにより、中央の大企業が、北海道くんだりの小さい物件を必死になって
取っていくことで、よく解かる。
本当に景気回復したというならば、わざわざ北海道まできて、そんな小さい物件など
取っていかない。
大手商社と地場零細企業との争いが、そこここで勃発している。
結果は・・・見るまでも無い。圧倒的な組織力と資金力の前では到底太刀打ちできる
ものではない。メーカーですら、大手の言いなりだ。
私は営業職であるから、物を売るというのが仕事である。
しかし、物品だけを売る仕事なら、現在の仕事になんの魅力も意義も感じない。
人と人、より新しいテクノロジーを世に送り出すため・・といえば少々
良く言いすぎだが・・・・・という仕事なら、魅力はあるし、そうでありたいとも思う。

食べていく、生きていくためだけの金を得る仕事であれば、色々あるだろう。
しかし、悲しいかな男とは仕事の中で生きている生き物である。
ただ、金を稼ぐためだけの仕事ではいずれ行き詰るだろう。
なぜなら、人生の半分以上の時間は仕事に費やしているからだ
そこに人生の意義や、夢を見出して、感動や喜びが無ければ
巨大な空虚感から逃れられない。

今、自身の価値観が大きく変わっている。
その価値観の前では、今の仕事は「空虚」そのものである。
それを見ないフリをして惰性で行くのか、何かを変容させて、変えていくのか、
大きな転機が私の前に横たわっている。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-04-28 09:27 | だらだら日記 | Comments(2)
Commented by serohus-S at 2006-04-30 23:35 x
気のせいでは無いと思います。ninjyaさんの会社より、当社の方がオヤジ比率はビックリするくらい高いことは間違いないです。僕のグループは別ですけど。(たぶん、なんかの実験台にされてるとしか思えないですが)そういうことで、団塊世代の退職がいよいよ来年から始まりますよね。ninjyaさんの会社の様なところは「生き字引」なんて必要ないと思いますが、当社は全く逆で、「生き字引」がいないと成り立たない会社なのです。技術の継承が最大の経営課題とトップも認識しています。また関連して悪い事故、事件も昨今多いので。お互い立場は違いますが、そういった局面の中、日本も大きな岐路に立っている時期かと思います。我々中年(まだ予備軍だと思ってますが)が、永遠の少年魂を忘れずにこれからの若い世代のためにできることを一つずつやっていくことが肝要かと思われますね。そして、オフロードバイク振興、普及のために。(最後はそれかよ)いつものりつっこみですまいせん。
Commented by kawasaki_ninjya at 2006-05-01 12:52
確かに・・そうですね。
できることからやっていく、大切ですねよ。その想い。
焦ってもしゃーないので、今最大限のことをするように考えてますが・・・。
その考えと世の中の不一致をどう処理していくか?なんでしょうね。
きっと。
団塊の世代が会社社会から離れていくのにはメリット・デメリット両方がありますが、残った私らが中心となる年代に来ている気はします。
よっし、がんばらねば。
オフロード振興・普及の為に!(ってワシまで乗り突っ込みですんません・・・)
<< 明日は! 練習ショット >>