(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アリババホームコース!
行って見ました。
通称「アリババホームコース」 
というか、いつもの周回コースなんですが。
メンバーはセロハスさん、サイテルさん、ワシ、そして、お目付け役のH田さん。

コースに入って、しばらくはガレガレの道。
ワシが先頭を切って走っていたのだが・・・
これが、闇雲のアクセルを開けるワシのテクネッケに加えて、
EC250の怒涛のパワーでこぶし大の石をガンガン後続にアタックさせていた。
サイテルさん曰く「なんか!色んなものが飛んできますよ!。さっきなんか、
こぶしぐらいの大きさの石がガツン!と当たりました」
おおお、き、危険だ・・
大将の言いつけ通り、きちんとプレストガードをしているから大事には至ってないが・・。
うーん、危険が一杯なので、ワシは一番後ろを走ることに・・・。
e0022736_8432166.jpg

ここらへんの標高だとまだ雪は全然ない。
e0022736_8435180.jpg


このままいけちゃうんじゃないか?と思っていたのもつかの間・・。
きました雪が。
でも、まだ、コース端を走れば何とかいけそう・・と打ち合わせしてると、
4ストのいい排気音が・・
「ドパパパパパパパパン!」と聞こえてくる。
「ん?誰だ?誰だ?」とまるで、悪のショッカー状態できょろきょろしていると、
TY-FにのってH田さん登場。
e0022736_853228.jpg

しばらく先に進むと、豪雪にてOUT!。
ちょっとルートを変更してみてもこの有様・・
e0022736_8543943.jpg


しょうがないので、例の激坂アタックに向かう。
向かう途中、例の陥没した場所にてサイテルさん玉砕。
おおお、あ、危ねえ。サイテルさんも怪我もなく、すぐにリカバー
んで、いよいよ激坂のルートに到着。
こちらのほうは雪が無い!。
いよっしゃ!イクゾー!と登っていくと、いよいよこのカーブを抜ければ
激坂だあ!というところで!なんとなんと倒木!・。
セロハスさんがこの倒木のわなにひっかかり転倒!。
倒木の脇を抜けてH田さんのみ登頂成功。
これを見ていたサイテルさんの魂に火がつき、再度アタックを開始。
いけー!サイテルさん!倒木もクリアして・・あああ、失速!。
惜しい、実に惜しい。あとちょっとでしたのに・・。
ワシとセロハスさんは危険が危ないということでアタックは辞退。
ヘロヘロと下山しました。
う~ん、もうちょっと雪が溶けないと山はだめっすねえ。
んで、その後、BETAにてトライアルの猛特訓。
今回は八の字、スタンディング、ウイリーの練習。
八の字はダイブよくなってきた。が、スタンディングはX!
がんばっても15秒くらいしかできない。
ウイリーの練習では・・・大分、思ったようにフロントアップできるようになりました。
が、それを持続させることができない。。。
数mくらいしかウイリーで走れない。
もちろん練習中しっかりとまくれた事は秘密だ・・・・。(GASGASの二の舞)
でも、今回は大丈夫!何故なら、こんなこともあろうかと、
O崎さんから、予備のリアフェンダーもらってあるのさっ♪。
んで、早速リアフェンダーを取り替える。
なんていうか・・BETAって、というより外車って本当にネジの位置が合わないのね・・。
四苦八苦してなんとか装着。
うーん、前よりきれいになりました。
ライテク向上の為に、しばらくEC250とBETAの両方を乗りまくります。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-05-22 09:06 | オートバイ
<< 山トラしよう!そうしよう! 業務連絡 >>