(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


その一歩
あと、一歩が踏み出せない。
最初の一歩が踏み出せない。
とかく、そういうことって多いと思う。
常識とか、予測とか、立場とか、環境とか、いろんな事を言い訳にして
その「一歩」が踏み出せない。

変化を求めている一方で、変化を恐れている。
成功は求めているけど、失敗は恐れている。
多分これは大多数の人はそうであろう。

だが、一歩を踏み出した後悔より、踏み出さなかった後悔のほうが
大きいような気がする。
しかも、長い時間引きずってしまう気がする。
「あの時、ああしていれば・・」と。

人間、五感のほかに、第六感というものがあるそうだ。
つまり、「ピン」と来るものが正しい・・ということだ。
ピンと来た後に、ごちゃごちゃ考えて、せっかくのインスピレーションを
つぶしてしまっているのだそうだ。
皆さんもこんな経験はないだろうか?
一番最初にピンときた商品を、「とりあえずもう少し色々みてから・・」と買わず、
数軒の店に行き、最終的には、一番最初の店に戻って結局最初に見た商品を
買ったということを。
商品であれば、また、最初に戻れば買えるけれど、チャンスとなるとそうはいかない。
同じチャンスは二度とはこないからだ。
特に、そのチャンスが大きければ大きいほど、一瞬で過ぎ去ってしまう。
どうでもいいチャンスというのはだらだらと流れていくからじっくり考える事もできる。
しかし、大切なチャンスほど、瞬間的に掴まなければ、さっさと通り過ぎてしまう。
過去、何度となく、同じような失敗を繰り返してきて、つくづくそう思う。
自分にひらめいたものがあるなら、考える前に掴み取るべきだ・・と。

ビジネスの世界でもそういうことが沢山ある。
これは!!と思って、社内の稟議を仰いでいるうちに、チャンスは去っていってしまう。
稟議が遅い会社は、どんどんチャンスを失っているのだ。
決断が早い会社は、チャンスをどんどん手に入れる。

結局は覚悟一つなのだ。
自分への覚悟。
常に潔く、覚悟を決めていれば、目の前に来たチャンスを逃すことはないだろう。

そう・・覚悟と、勇気。
どちらも、強くもち続けたいものである。

PS チャンスの神さまは前髪をたらし、全身は油を塗ったようにつるつる滑るのだそうだ。
だから、走ってきたとき、一瞬で前髪を掴まないと、過ぎ去ってからいくら体を掴もうとしても
滑ってつかめないのだそうだ・・・・。
e0022736_2002086.jpg

[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-07-05 20:00 | だらだら日記
<< 久々に・・・ 昨日・・・ >>