(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近思う。
私はある意味オタクである。
けっして、怪しい宗教家に感化されているわけでも、
熱心な信者でもないのだが。
前から、物体を構成するものという事には非常に興味がある。

物の存在を構成するものというのは古代の国々で色々な考え方がある。

古代ギリシアでは 水・空気・火・土 のにいう四元素説

古代インドでは この四元素説+人間の構成として地・水・火・風・苦・楽・霊魂
の7つから構成されているという説、生き物は地・水・火・風・苦・楽・霊魂・虚空
・得・失・生・死の12の要素から構成されるという説

古代中国では世の中は陰と陽からなりたっており、さらに「木」「火」「土」「金」
「水」の5要素(五行)でなりたっているという陰陽五行説である

古代インドの説はどちらかというと、精神的、宗教色がつよく現れている気が
するのだが、人間を構成するものとしての、霊魂という思想には賛成である。

私の考えとしては、陰陽五行説+霊魂 というところだろうか。

物事にはすべて陰と陽、すなわち裏と表があるという思想も理にかなっている
し、五行説もそれぞれが関係しあい、物を構成しているという点も理にかなって
いる気がする。

e0022736_12583280.gif


とりわけ人間においてはプラス霊魂というものがあり、現代の科学ではこれを
構成するものを実証できないだけで、私は存在すると考える。

となると、霊魂・思念というものは万物にあると思うのが正論だろう。
宇宙の起源を考えるときに、この霊魂・思念というものはどこからきたのか、
これを考えはじめると頭が飽和してしまうのある。

夏の寝苦しいときに、このようなことを考えると、日常の雑多なことを冷静に
見つめられ、自分の精神の深度というものを深めることができるような気が
するのです。

まあ、といっても、この思想も精神深度も目の前の 「でんすけスイカ」には
もろくも崩れ去るわけですが (^_^;)
まあ、所詮は私の思想なぞその程度というわけで・・・・。

e0022736_1304974.jpg

[PR]
by kawasaki_ninjya | 2005-08-02 13:00 | だらだら日記
<< やっちゃった。 夏である >>