(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


全日本トライアル選手権 in 和寒
いってきました!全日本トライアル選手権。
朝4:00起きで、集合場所へ。
今回はEDDAYS管理人の「ボックン」(VOXY)一台で行くことに。
ワシ、EDDAYS、大将、サイテルさん、せろーSさん、Hiro君と総勢6名で和寒に。
なにより、我らが「佐伯 竜」さんの応援なのだ!。
車中、hiro君と大将が宗教の話で大盛り上がり・・。うーむ、宗教の話題って一体・・・
何より、このHiro君、英語ペラペラらしい・・ってんで、今度アメリカから、パーツを
取り寄せてもらおうっと♪。 hiro君、よろしくね~。カニ足、買って上げるから~。

そんなこんなで、和寒に・・
早速ピットチェック!!
おおお!早速クロヤマエンジニアリング ハケーーーーーーンっ!!
ほうほう、これがSY250かあ。。。くわー、WRのエンジン乗っかってるよマジで!!
e0022736_12423940.jpg

e0022736_12425552.jpg

うーん・・・でもなんていうか・・・まだ、プロトタイプっぽい雰囲気・・・
プロトだとすると、これに乗ってるクロヤマ選手はセッティングデータを取りながらの
ライディングだろうから、大変だろうなあ・・・
次にHONDAへ・・
e0022736_1244337.jpg

これこれ!マブい!!カッコイイ!!なんとなく、アレだね、
最近のブームはブラックアウトするのがはやりなのかね?
でも、めちゃくちゃカッコイイ。
しかし、さすが、全日本、ヤマハ、ホンダ、ガスガス、ベータとメーカーのテントが
連なってる!
e0022736_12462130.jpg
e0022736_12462895.jpg
e0022736_12463964.jpg
e0022736_12464697.jpg


んで、パワーくらふとさんでとってもスルドイものハケーーーーーーーン!!
e0022736_12473441.jpg

これこれこれ、ツートラ用タンクバック!!

これいい!!欲しい!!んで、聞いてみると、まだ発売していないとか。
は、早く発売してください!!と鼻息を荒くして申し込み。
「解かりました、詳細はHPで送ります」との事。ぱわーくらふとさん早く売ってください。

と、ピットを堪能していたら、竜さん発見!
e0022736_1250291.jpg

竜さん!全力で応援しますからね~!!とご挨拶。
この日の和寒はとにかく暑い!!朝から軽く25度を超えている。
これは・・今年一番の暑さになるんじゃあ・・・ライダーは猛烈に体力を奪われるなあ・・・と。
実際、猛暑に、選手達は体力と、集中力を奪われ、細かいミスを連発していた。
大会前のウオーミングアップ!
e0022736_12533359.jpg

竜さ~ん!!
e0022736_12535356.jpg

しかし、みんなこんなすげえ坂をウオーミングアップとして、楽々登ってる。
いやー、レベルの高さったらもう。。すげえ・・・。

大会は最初に国際B級の選手がスタート。
その後に国際A級の選手がスタート。
んで、我らが竜さんもスタート!!
e0022736_12552438.jpg

e0022736_12554892.jpg


全セクション数10セクション、これを3ラップ。
まずは第一セクションを入念に下見する竜さん
e0022736_12563413.jpg

このとき大将が「かっこよさなら、国際スーパーA級よりも上だなあ」といってた。
確かに、真剣にラインを確認する竜さんはカッコイイ・・・
マインダーと、共に下見。
e0022736_125823.jpg

いよいよセクションIN!
手首に負傷をおっての参戦。朝に麻酔注射を打っての厳しい戦い。
e0022736_12593055.jpg

しかし、オープニングセクションはなんなくクリアー。
この次の第二セクションを見てわしはおどろいた。
トンでもないブロックを飛び越えてすぐに激のぼり。
こんなん、いけねーよ絶対。
竜さん果敢にアタック!!
e0022736_133166.jpg
e0022736_1331629.jpg
e0022736_1332932.jpg
e0022736_1334784.jpg
e0022736_1341883.jpg

しかし!!後ほんの少しのところで、リアが滑り、痛恨の減点。
ホントに後、少しだったのに~!!

しかし、すぐに第三セクション!ここは無難にクリアー
e0022736_1364048.jpg
e0022736_1365029.jpg


この後のセクションも果敢にアタックする竜さん。
e0022736_138798.jpg

e0022736_1384353.jpg
e0022736_1385763.jpg
e0022736_1391028.jpg

e0022736_139409.jpg

第六セクションを終えたころ、気温はすでに30度を上回っていた。
もう熱くて、観戦しているだけでも、意識がモーローとする有様・・
e0022736_1311389.jpg

あまりの見苦しさに一部モザイク処理をしております。
見てるだけでも、この暑さ・・選手はもう死ぬほど熱いだろう。
これでは、集中力も切れ、普段の実力の半分も出せないのでは??
そんな中、竜さんは果敢にセクションをアタックしていく。
e0022736_1314234.jpg
e0022736_13141948.jpg
e0022736_13144079.jpg


もう、気力の戦いだろう。痛めていた腕を冷やしながらの戦い。
すっかり、ワシは挽きこまれていた。真剣勝負の漢に。
すばらしい、こんなにすげえ戦いがあったなんて!!。
国際A級の後に国際スーパーA級の出走。
これまた、セクションが更にいやらしくなっていて、すげえパフォーマンスの
あめあられ・・・
e0022736_1318165.jpg

e0022736_13184552.jpg

そして、ゼッケン1のクロヤマ健一選手!
e0022736_13205612.jpg

国際スーパーA級ともなると、皆さんそれぞれオーラがあるのですが・・
黒山健一選手のオーラはさらに強烈でした
e0022736_13215766.jpg

そして、マインダーも気合はいりまくり!!びっくりするような声で指示する。
いやー、すげえ世界だ。。。
e0022736_13233875.jpg

ただ、今回第10セクションではちょっと不可思議なことが起こっていた。
1分というタイム内にセクションを走るのだが、マインダーの時計と、競技委員の時間と
ずれがあったようだ・・見ているだけで、かなりのタイムオーバー者を
出していた。しかし、「タイムオーバー」といわれて、マインダーたちが「ええ???」
とびっくりしていることが多数あった。
一人二人ではない。かなりの選手がタイムオーバーとなっていた。
どのタイミングで時計をonにしているのか?なんか、セクションごとにきちんとした時計を
置いて欲しいと思った。キチンと表示されていれば、マインダーと競技委員ともめる
事はないと思うのだが・・・。
スキーのように、セクションにINしたときに ぴっっとカウントされる仕組みに
すればいいのに・・
それにしても、和気藹々とした楽しい大会のはずなんだが、選手達の「気迫」に圧倒されて
観客も緊張し、固唾を呑んで選手のアタックを見ていた。
こんな楽しい、すばらしい大会は、是非見たほうがいい。
まだ、見たことのない人は是非見るべきだ。

それにしても、竜さん
本当にお疲れ様でした。
竜さんのライディング、あきらめない姿勢、アタックする気迫!十分に魅せてもらい、感動を
させてもらいました。
本当にありがとうございました。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-08-07 13:31 | オートバイ
<< 野望!!! FREE RIDE in 夕張! >>