(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


まだ見ぬ次のフィールドへ・・
昨日の夜中、ある漫画を読んでいた。
その漫画のタイトルは 「キリン」
e0022736_921503.jpg

このキリンという漫画によって、GPZ900Rがはやり、Gジャンをチョッキにして
背中に看板を入れたりするのが流行っていた。

この作品はバイク乗りの魂を揺さぶるものが有る。
初期の作品のテーマは、中年になった主人公が自分の"ターニングポイント"を意識し、
その折り返し地点で挑む勝負についての物語だ。
つまり、40歳を向かえ、10代、20代の青いキラメキや、世間知らずな無鉄砲さを
なくした自分に気づき、人生をディフェンス側へ、守りに入ろうとする自分を否定し、
オフェンス側であり続けようとする。

社会ってものは、常に均一化、平均化を望む傾向にある。
40歳手前のワシが「バイクで山を走り回ったり、レースに出てたりする」というと
大体の反応は「いい歳して、危ない!」とか、「怪我でもしたらどうするつもりだ!」
などと、言い出すのだ。
しかし、ごくたまに「おお、いいですねえ~、楽しそうですねえ!」という人もいる。
「危ない!危険、歳を考えろ!」などという人は、申し訳ないが、人間的に魅力を
感じない人が多い。
そう、昨日と同じ明日が来ればいい!と思っている人が多いのだ。

ワシは30後半でオフロードに目覚めた。
最初は道無き道を走るのが楽しい、自由に何処でも走れるのが楽しいと
思い、そのうちに、もっとうまくなりたい!もっと速く走りたい!もっと!もっと!
「もっとアクセルを開けるんだ!!もっと!もっとだ!」 となっていった。

バイクって乗り物は、ライダーがいないと自立すらできない。
その不安定な、そして危険な匂いのする乗り物に心ひきつけられてやまない。

「もっと!もっとだ!」

ライディングテクニックには終着点が無い。
更に、今いるステージよりももっと上のステージへ・・・
今は底辺のステージだけど、いつかはずっと上のステージへ。。。
40歳(ターニングポイント)からの挑戦が始まるのだ。
e0022736_9582336.jpg

[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-11-01 09:40 | オートバイ
<< 善なる想い。 大きな罠・・・・・ >>