(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


許す・・という事
BGM <--この曲でも聴きながら、まったりと見てください。

昨日 某TV番組を見た。
亡くなった人のメッセージを伝えるという主旨の番組だ。
その中で、今一番の問題は「想像力の欠如」なのだという。
想像力が無いから、「相手の痛みがわからない、わかろうとしない」
想像力が無いから、「人の不幸や、問題を我が物として考えられない」

人としての「想像力の欠如」が現代社会に大きな問題をおこしているのだそうだ。

いじめ問題も 「子供は大人の鑑。大人の社会で陰湿なイジメがあるから、子供の間でも
いじめがあるんです」と言い切っていた。

死してなお、言いたいこと、伝えたい思い。
生前にどれだけ辛い思いをしても、今生きている人たちに「幸せになってほしい」という
願い・・あの世へ逝った人たちはみな、生前にあった出来事すべてを許して、昇天していく。
e0022736_1195317.jpg

ほんの一部であるが、「許す」事が出来ない魂がこの世で浮遊して、永遠の苦しみを味わって
いるのだという。

ふと、我に立ち返って考えてみた。

「どれだけ許すことが出来ただろう。」

そもそも許すということはどういうことなのだろうか?

様々な本の中で一貫して訴えていることは、「許す」行為は他人のためでなく、
自分のためなんですよ・・という事だ。

人を憎んだり、うらんだりすることによって、心はその人に縛り付けられ、その苦痛を
延々と感じてしまうことになるのだという。
その相手を「許す」事によってその呪縛から解き放たれ、自由になることができるのだ・・
という。

そして大事なことがもう一つ。
「誰かを許すことによって、また自分も誰かから許される」ということだ。

許すから、許される。
許すことによって、自分が自由になり、魂を成長させることが出来る。

そして、すべてを許すことが出来たとしたなら、永遠の心の安らぎを得ることが出来る。

誰かを想い、誰かの痛みを想像し、誰かの悪意を許す。

誰かが、自分を傷つける言葉を言ったら、

「何故この人はそういうことを言うのだろう?」
「本当は何を私に言いたいのだろう?」
「私がその人にその言葉を言わせてはいないだろうか?」
「同じ事を他の誰かにしていないだろうか?」

相手の心の奥底を想像し、そして、「でも、すべてを受け止めて、許そう」と心で思う。
e0022736_11102347.jpg

一番難しくて、でも、一番大切なことだと、つくづく思った。





PS 
とりあえず!ワシはウチの「社長」さんを許さなければなるまい。うーむ・・・
む、難しい・・・難しすぎる・・・・・精進して努力します・・・・むむむ・・ムリかな・・
e0022736_11105623.jpg

[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-12-27 10:53 | だらだら日記
<< 内戦勃発 ~反撃の狼煙~  クリスマスの奇跡 >>