(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
最新のコメント
れっどさん>多分、それが..
by kawasaki_ninjya at 10:01
うわぁ、やっちゃいました..
by れっどしふと at 10:43
れっどさん>ほんとに、レ..
by kawasaki_ninjya at 09:06
切腹さん>そーですww藤..
by kawasaki_ninjya at 09:05
ブランクあってもいきなり..
by れっどしふと at 17:00
日曜、藤井さんに電話した..
by 切腹女子高生 at 13:00
ホンマやぁ~良かった~
by カナオカ at 07:00
生きてたんだぁ~
by コーチ! at 22:40
あとむさん>写真あざーー..
by kawasaki_ninjya at 13:12
怪我ネタは面白いんですが..
by 宮城@ナベ at 00:15
>エンジンはオイル無で焼..
by 謎 at 21:08
おひさしぶりです! H..
by あとむ at 13:57
2006-05-17 1..
by 金岡だぉ。 at 12:42
トライアルもいいですねw..
by 切腹女子高生 at 09:43
鋼っち>お薬?ヤバイ系お..
by kawasaki_ninjya at 11:58
コーチ>できることの精度..
by kawasaki_ninjya at 11:58
カリスマコーチ・キタ━━..
by 鋼deth at 12:40
出来ないことは出来ないか..
by コーチ at 13:02
GO君>本当に、これだけ..
by kawasaki_ninjya at 14:07
鋼っち>いやいや、目が怖..
by kawasaki_ninjya at 14:05
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


まぼろしの・・・
皆さん知ってました?
日本酒を作る米って、我々が食べている米とは品種が違うんですよ。
澱粉質が多く、ちょっと大きめなんですね。
もちろん、米から作る日本酒ですから、この酒米の品種が大変重要になってきます。
とはいえ、近代農業の効率化の流れの中で、どんなに良い酒米でも、
栽培に手間がかかるものはどんどん作られなくなって、
病気にかかりづらい、台風がきても倒れずらい品種へと切り替わっていきました。

しかし、その作られなくなった酒米の中には、幻の酒米と言うものがありまして、
その、幻の米で作られた純米酒をもう一度作りたい!ととある新潟の酒蔵で
血のにじむような努力の末、ようやく出来上がった酒があります。

と、ここまで書くと「おや?どっかで聞いた話だなあ・・?」と思われた方も多いはず。
そうです。この話は「夏子の酒」という漫画にも、なっており、
テレビドラマにもなりました。
この話には実はモデルとなった酒蔵がありまして、本当にあったお話なのです。

その酒蔵とは「久須美酒造」 といいます。
そして、その幻の米は 「亀の尾」 という米なのです。

以下、説明文を抜粋

いい酒をつくるには、いい米が必要です。
かつて、「不世出の名酒米」と謳われながら、倒伏しやすく、病害虫に弱いことから
その後すっかり姿を消してしまった酒米がありました。
「亀の尾で造った酒にまさる酒はない!」
越後杜氏の長老から聞いた久須美酒造6代目・久須美記廸は「その米で
ぜひ酒を造りたい!」とロマンをふくらませ、この幻の酒米「亀の尾」を探しにかかりました。
  執念が勝ちました。昭和55年11月、ようやく穂にして10本、約1500粒の
わずかな種もみを入手することが出来ました。
  また、久須美酒造の社員と蔵人たちは、酒造りはもちろん米作りのプロ集団
(地元の農家の人達)です。
彼等の手により、1500粒の種子から翌年春に963本の苗が育ち、秋には30Kgの
『亀の尾』が甦りました。
昭和57年秋に4800kgを収穫、そして昭和58年、香り高い純米大吟醸酒『亀の翁』が
誕生しました。


そして、この貴重な 「亀の翁」 は現在蔵元で、一日3本限定で販売されております。
今回、この酒を入手することに成功!!
e0022736_10531843.jpg


もともと、日本酒が全く飲めない私なのですが、話によると、今まで、私が飲んで来たのは、
どうやら3増酒とよばれる酒のようです。
いわゆる、コメから作った原酒にアルコールを足して3倍ほどに増量したものだそうです。
これに、化学調味料、香料などや、糖分を添加して出来上がったもののようです。
味は当然、工業品ですから、うまいはずはありません。
特に私のような「日本酒が全くダメ!」という人間には、受け付ける訳もありません。
そんな人間が、混ぜ物や、添加物の無い 本当の 「純米酒」を飲んでみて
「うまい!」と思うかどうか・・・
とても良い実験になりそうです。
せっかくなんで、北海道の酒蔵の「国稀」や、「男山」、「千歳鶴」「北の誉」「金滴」
「高砂」ざっと、このあたりの純米酒なんかも、そろえてみて、
飲み比べなんかをやってみようかと思っております。

日本酒が苦手な奴が旨い!と感じるのか?

とっても良い参考になるかと思われます。

まあ、ぼちぼち、酒蔵めぐりなんかもしてみますかね。
もっとも、そんなヒマが有るかどうかですが・・・
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-03-14 10:58 | だらだら日記 | Comments(10)
Commented by コタロ at 2007-03-14 11:53 x
栗山の小林酒造な北の錦も美味いです。
Commented by kawasaki_ninjya at 2007-03-14 12:02
コタロさん>小林酒造ですか!北の錦ですね。了解です。
早速試飲リストに載せておきます。
蔵元いってみまーす!
Commented by 前P at 2007-03-14 12:04 x
こんなプレミアムな日本酒某大将にだけは飲ませてはいけません。
きっとリバースして地球に返す事になると思います。もったいないです。
ところでいくらするか分かりませんが、きっと高価なんでしょうね。
やっぱりある所には有るんだ。
Commented by kawasaki_ninjya at 2007-03-14 12:28
前Pさん>プレミアム・・・といっても、酒蔵の方針により、価格はかなり低く抑えられてます。
なんと、750mlで ¥4,000- なのです。
確かに、東京の業者などでは、プレミアム価格で、大分増額して販売してる所もあるようですが・・・。
同一レベル?な物で、他社のを見ると、¥10,000-とかすごい金額がついてます。この価格設定だけでも、久須美酒造の心意気が伝わってくる気がします。まあ、とりあえず、飲んで見なければ判りませんが・・・大将以上に私も酒音痴なんで、意味が有るのかどうか・・もっとも、リバースはしませんねえ。大地に還元するのはガソリンだけで十分です。えぇ。
Commented by とろ火 at 2007-03-14 12:53 x
あれれっ、ninjyaさんのマシンは、いつからアルコール仕様になったのでしょうか?
ブラジルチューニングですね。
トウモロコシや甜菜で走るバイク。あってもいいな~!
Commented by kawasaki_ninjya at 2007-03-14 12:57
とろ火さん>いや、マシンでなくて、マンのほうの燃料をアルコール仕様に変えようかと・・・えへへへ。
っていうか、なんだか急に日本酒が飲みたくなってしまったわけです。
武士が、湯飲みでグイっとやる姿が目に入ったもんで・・つい・・
Commented at 2007-03-14 14:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kawasaki_ninjya at 2007-03-14 20:21
鍵コメさん>コメントありがとうございます。
酒蔵で一日3本限定で抽選で買える!ってのに応募してみたんです。そしたら、なんと「当選しましたよ~」とメールが!
思わずガッツポーズでやんした。
もっとも、日本酒好きな人から見れば、私のように全く「酒音痴」な人間が飲むのはもったいないのかも知れませんが・・えへへ。
せっかくなんで、やっぱり地元北海道の蔵元限定なんかで売ってる
純米大吟醸とか、純米酒なんかも色々と取り混ぜて飲み比べてみたいっすね。
でも・・いーでしょーーー?、うひひひひひ。
飲んで見ますか?えへへへへへ。
まあ、とりあえず、まだまだ届かないので、届いたらまずちょっと飲んでみます。そして、その詳細をまた書いてみます。
Commented by むらとも at 2007-03-14 23:14 x
そういう場合はぜひとも我が家へご発送いただければ、おいしく、一滴残らずいただきますので、以後ご検討ください。
Commented by kawasaki_ninjya at 2007-03-15 11:18
むらともさん>おや?むらともさんもポン酒好きでしたなー。
ポン酒好きな方にすれば、最高!というお酒も私にかかれば「ウえっプ1なんじゃこりゃ?マズイ!」となりかねません。
なにせ、焼酎も、ウイスキーも、ビールも大してどれも味がわからない無感舌の持ち主ですから!
でも、なんか、ネットで評判を見るとそうでもないのかも・・orz。
うーん、まあ、取り合えず飲んでみます。旨かったら、飲み干しますが、不味かったら、今度いらっさる時まで熟成させておきますです。
<< レーサーに乗るということ。 最悪DAYS・・・・ >>