(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


オフロードライドとは。
先の日曜の事件後、急転直下なことがありました。

その時走っていた人たちが、きちんと非を認めて
管理人へ連絡、謝罪をし、溝を埋めることになったそうです。

前のブログ記事でも、少々書きましたが、これは誰が!という問題ではなく、
北海道でオフロードバイクを乗っている人たち共通の問題だと思ってます。
何時、自分がその立場になってもおかしくない・・という事です。

話によると、全くD浜での走行を無断で行っていたわけではなく、
一応断りを入れていたそうです。
多分、走っても良いといった方は、まさか深い溝ができるとまでは予想して
いなかったのでしょうけども。

しかし、知らん顔しておけば、出来たものを、それをせず、
きちんと謝罪し、修復するという話をしたということで、
一応の解決は見たわけです。

行為そのものは褒められませんが、謝罪を含め、その後の対応は
正しいものだと私は思いました。
もっとも、私が偉そうなことをいえる立場では全然無いわけで。

「ああ、北海道のオフローダーもきちんと心ある人たちだったんだな」と
思うわけです。

非常に偉そうな物言いで大変恐縮な思いですが。

前にも書きましたが、在る意味、私も同罪だと思ってます。
やはり、オフロードバイクですから、きまった道を何度も走れば自然と
掘れてしまいますし、転倒なんかしたら、ガソリンだってこぼしてしまいます。

バイクに乗らない人たちから見れば、はなはだ迷惑なことかもしれません。
今回たまたま、この事が問題になっただけであって、
私だって、オフロードを走っている限り、「苦情」を言われるかもしれません。

北海道のオフロードライダー全体の問題だ・・と前に書いたのはそういう理由からです。
お金を払って、走るコースは別として、山とか、林道を走る以上、
必ずそういう問題は付きまとってきますよね。

それゆえに、よりいっそう、走らせて貰っているということを念頭に常に置いて、
なるべく気を配って行きたい・・と思った次第です。

予断ですが、今回「青木さん」が直接文句を言われ、しかられていたわけですが、
そのことに対しても、「申し訳なかった」と連絡が来たそうです。
それと、あの時走っていた、皆さんにもお詫びを伝えて欲しいということでした。

お詫びなんかとんでもない。
私達の共通の問題でもありますし、場所は違えど、私達も同じ事をしている
訳ですから。
なおかつ私は心ならずも「青木さん」を助けに行かなかったわけですし。

本当に、こんな私が偉そうなことを言うことは全然出来ないのですが
地権者に対して、きちんと謝罪があり、修復も約束したということと、
「青木さん」や、その時いた我々に対しても謝罪があったということを
このブログを読んでくださっている皆様にお伝えしたくて、
僭越ながら、今回記事を書かせていただきました。

PS
  それと、修復にあたって、もし手伝いが必要ならば、呼びかけてください。
  及ばずながら、是非お手伝いさせて頂きたいと思っております
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-04-03 20:04 | オートバイ
<< 継続は力なり・・ チャリトレ! >>