(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


兄と弟
先日、母親から電話があった。

電話口で「兄ちゃんは酷い、兄ちゃんは酷い」といきなり繰り替えしていた。

「まあまあ、落ち着けよ。どうしたんだよ?」

「兄ちゃんは「どうせ人間一度は死ぬんだ」とかいうんだよ」

母は今、ある病気を患っている。

去年に解り、ずっと検査をしてきたのだが、

今年になって、急激に悪くなってきてるのだ。

医者には「すぐに手術をしたほうがいいですね」と

言われている。

5月にでも、病院の空き次第ですぐに手術すると医者には言われている。

母はきっと「手術」という恐怖を、兄への罵倒にすり替えることで

忘れようとしているんだろう。

「アニキはアニキで心配してるんだよ。言葉は悪いかもしれないけどね」

「兄ちゃんは心配なんかしていないよ!何にも言ってくれないし、話をしても

大丈夫だしか言わないのよぅ!」とやや興奮気味で母はまくし立てる。

興奮する母をなんとかなだめて電話を切り、兄の携帯へ電話した。

「おおお!なんじゃ?」

「アニキさ~、もうちょっとかあちゃんへの態度優しくできんか?えらい興奮しとるぞ。」

「おお、お前は余計な心配せんでいいわい、しかしな・・お前も覚悟しておけ」

「なんだよ、覚悟って・・・」 
「言わんでもわかるだろう?」 
「・・・・・・・・」

「んじゃ、忙しいから切るぞ!」

兄貴は言いたいことだけ言って電話を切った。

ふと思った。兄貴はどうしてこうなんだろうな・・・と。

俺には全く相談も無く、実家を売り払い、別の土地に家を建て二世帯にして、

父と母と同居している。

それも、すべて決まった後から話を聞いたのだった。

勝手に決めて猪のように進んでしまう。

兄貴は俺以上に不器用な人間だ。愛想を振りまくことも無く、

いつも苦虫を噛み潰しているような顔をしている。

話す言葉もぶっきらぼうで、冷たい印象がある。

昔はそんな兄貴を誤解していた時期もあった。

でも、今は良くわかる。

兄貴は小さい頃から長男として育てられているんだもんな。

俺にはわからない責任とか感じているんだろう。

だから、なんにも相談も無く、親と同居に踏み切ったんだろうな。

そして、もう40手前にもなる俺にも、まるで小学生の頃のように

心配をしてるんだよな。兄貴よ。

今なら解るよ、兄貴の気持ちが。

そういえば、昔、ばあちゃんが生きていた頃、ばあちゃんは兄貴だけを連れて

よく出かけていたよな。

きっと俺はまだ小さくてうるさかったから、ばあちゃんは連れて行けなかったんだろう。

そして出かけた先でばあちゃんから買って貰ったお菓子を、そっと半分に分けて

袋に入れて「お前の分だ!お前の分も買って貰った」って言ってくれたよな。

知ってるよ、兄貴。 2つ買って貰ったわけじゃないことを。

袋は一つしかなかったじゃん。それを俺にくれるもんだから兄貴のお菓子はいつも

兄貴のおもちゃ箱にバラバラになって入れてあったじゃん。

家が移って転校したての頃、俺にはまだ友達が居なかったときに、

兄貴もずっと家にいたよな。

知ってるよ、兄貴。 俺に寂しい思いさせないように、家に居たんだよな。

だって、兄貴は学校替わってねーから、友達は沢山いたじゃんよ。

友達が誘いに来ても「具合悪いから」とか言ってよ。

そのすぐ後に派手に兄弟喧嘩する元気あったじゃん。具合なんて悪くなかったじゃんよ。

だから、、、誰よりも心配してるんだよな。母ちゃんのことをさ。兄貴よ。

兄は、ずっと小さい頃から「お兄ちゃんなんだから!」といわれ続けて

育ってきてるから、自然と「自分のことは我慢する」ようになっちゃてるんだな。

世の中の兄貴、姉貴の人達さ。

もう少し、弟や、妹に相談しろよ。

弟や、妹も「相談して欲しい」と、きっと思ってるよ。

血を分けた、この世で唯一の存在なんだからさ。

いつか両親がこの世から去った後には兄弟しか残らないんだからさ。

な?もっと色々と相談してくれよ。本音でな。
e0022736_1265195.jpg

[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-04-13 11:46 | だらだら日記
<< 日曜日は・・ ともしで君応援記事 >>