(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


STDE木古内サバイバルエンデューロ参戦記~猫背中年ライダーの挑戦~ 大会一日目
さて、まずは朝、ピットに集合する。
今回はチームアリババとして参戦するのは、社長、福Pさん(ともにエキスパート)
そして、MASAさん、JUNさん、ダイスケさん、ワシ、Hiro君、(エンデューロクラス)
姉さん(レディースクラス)のメンバー。
ピット要員として、チーム監督の大将、メカニックの前Pさん、チーム運営のH田さん、
取材班のENDURODAYS管理人、冷やかし&見学&サポート要員として、
S倉さん、タッシーさんのメンバー。

朝、勝手がわからず、あたふたしてると、nagaseさんが「おいおい、もう開会式まで
20分しかないよ!」と教えてくれる。
しかも、「車に乗せてってあげるよ!」と優しいお言葉。
nagaseさんありがとうございます~。
なんとか、開会式会場に間に合う。





会場にて・・
ふと見ると・・おお!「藤原選手だああ!」
e0022736_11422194.jpg


もちろん、「裸のつきあい」の石井先生も!
e0022736_11425774.jpg


今大会でたった二人のレディース!
e0022736_11433575.jpg


ん?なんか、見慣れた人がちょろちょろと・・しかもナイスなTシャツ!!
e0022736_11441627.jpg


ずらっと並べられたバイク達
e0022736_11444966.jpg


大会の挨拶が終わり、一人一人選手紹介!うっひゃー、照れるー~!
e0022736_9123532.jpg


そしていよいよ、パレード!
e0022736_2262981.jpg

おおお!なんか、感動だ!このパレードに参加できただけでも、十分意義があった。
e0022736_2264859.jpg

しばし、感動に酔いしれる。あああなんて素晴らしいんだ!

そして、レース会場へ・・・
e0022736_227414.jpg

ワシのスタート順はずっと後ろの方。
なんで、先頭のスタートからは30分近く時間がある。
なんで、のほほーんとトップの方々のスタートを見学する。

さて、11:00!いよいよトップ集団のスタート!
e0022736_2273979.jpg

ビデオで何度もみた光景が、今まさに目の前に!!
しかし・・・なんちゅうスピードなんだ!とんでもないスピードで駆け抜けていく・・・
間近でみて・・・・しばしぼーぜん・・・なんか、とんでも無いところに来ちゃった・・ワシ・・・
と一人で青くなってると、周りの皆さんも「なんか場違いなところに来ちゃったー」とか
いってるし・・・。
ああ、スタートが最後尾の方は、とってものほほんとしていて、心癒されます。(笑)
その後も我がチームアリババのメンバーもぞくぞくとスタート。
まずは社長!
e0022736_229127.jpg


福Pさん!
e0022736_2294530.jpg


JUNさん!
e0022736_22101534.jpg


MASAさん!
e0022736_22104540.jpg


ダイスケさん!
e0022736_2211963.jpg


HIROくん!
e0022736_22113787.jpg


姉さん!
e0022736_22115969.jpg


ワシは今回怪我がまだ完治していないので、「コースの下見」という事で割り切っていた。
だから、緊張感はゼロ!だったのに・・・
スタートしてから、すぐに堤防に駆け上るんだけど、これが結構な角度・・
「うわ・・・登れなかったらどないしよ・・・」と違う緊張感が勃発。

「ま、ま、ま、まあ、ワシ、今回は下見で・・下見・・でも、さすがにギャラリーの真ん前で
登り切れずにこけるのは恥ずかしい・・」とすっかり緊張モードに。

だんだんとワシのスタートが近づいてくると同時に、鼓動も激しく・・どっくんどっくん。
あああ、次だ!次にワシの番だ!と思ってるといよいよワシの番。
後ろからスタッフの人にバイクを押してもらいながら、スタートのお立ち台へ・・・

ヤッベーーーー緊張MAX!!
就職試験でもこんなに緊張しなかったぞーーーー。
あれ? バイクにはまたがって待ってるんだよね?あり?セルボタンはどこ?って
ワシのバイクにセルなんかねーって!とか、軽くパニックを起こしてると
スタートのフラッグが振られた!!
キック一発!よっしゃーエンジン始動!スタート!!軽くエンストしそうになりながらも
トロトロとスタート!!
先に2台行ってる。
むおおお堤防だあああ!そりゃああああああああーーーーー。
おおお!登った登った!ヤッター!!!と安堵感に浸ってると、アクセルを開けるのを
しばし忘れてしまい、その隙に後続にパスされる・・・orz。
おいおいおい!なんだよ!みんなそのスピードはよ~。さっきまでは
「恐いし、怪我したくないから、ゆっくり行こう」とか、ニコニコ話をしてたじゃねーのよ!
なんだよ~、なんだよ~みんな目が三角じゃねーかよ~(泣)
仲間じゃないのかよ~みんな~(泣)この裏切り者達~(泣)

と気がつくと、一番最後をヘロヘロと走ってるワシ。
e0022736_22122914.jpg

うわーかっちょわりー。みんなはギャラリーの前をさっそうと全開ではしっていって、
ジャンプスポットでも、ジャンプしてる!
ワシは・・当然必殺ナメナメ走法で、和やかな?雰囲気で走行。

ギャラリーの生暖かい視線をよそにトロトロと一人旅状態。orz。
なんか・・前の人たち・・もう見えないんですけど・・・・・orz。

「ま、まあ、いいさ、今日はコース下見なんだから、、、ワシ怪我してるんだから・・」と
独り事をメットの中でブツブツいいながら、走行。
しかし、全然余裕がない。最初のモトクロスちっくなコースを抜けて、林道へあがる。
そのときふっと左目にコースマークが見えた!
なんにも考えず、左へ左折!すると川が!おりゃああ!と川を渡り、一瞬にしてずぶぬれに・・
「うっひゃー、いきなりこれかい!」と思って後ろを見ると、みんな曲がらずに真っすぐに走って
いっちゃってる・・

OH!MY GOD!
ワシ、あろう事か、いきなりのミスコース!しかもずぶぬれ・・・orz
へろへろとルートへ戻ると、次の集団が・・・
その集団の最後尾につけて、ついて行く。
でも、びっくりしただろうなあ・・いきなり、横からヘロヘロと変なライダーが出てきて、
しかも、全身ずぶぬれなんだもん・・・
みんな「アイツどうしたんだ?????」と思ってただろうなあ・・

しかし、これですっかり緊張がほぐれて、気持ちよく林道をとばしていく。
しばらく林道をぐりぐりと、、、山の中へどんどんと入っていく。
おおお?これが噂の黒土作業道かあ!!
うっひゃー、滑る滑る。しかも、轍がああああ。
左の轍を走行中、前には填ってるWRが!
「ここでビデオで見たとおり、轍をすぱっと切ってライン変更!!」と思ったら、、、
当然、フロントは右へ、リアは左へ・・・とばらばらになってしまい、ゴロン・・・
ここでバイクを起こして、しばし休む。もうすでにヘロヘロ・・
やがて落ち着きを取り戻し、よーくラインの先をみて再スタート。
ゆっくりゆっくりアクセルを開けていくと・・・おおおお?するするっと登れる!
うっひょー登れるぞ!メッツラーのSIXDAYSサイコーとか喚きながら、
作業道を登っていく。途中  あり?JUNさんが止まって休んでる。
その先には、あ、ダイスケさんも休んでる。あああ?HIRO君もイターーー。
なんか、仲間の顔をみてすっかり元気になったワシ。
すっかりテンションアップして、さらに作業道をのろのろ登っていく。
結構ね、落ち着いて、ゆっくりゆっくりアクセルを開けると登っていくよ。
あそこまで登れば!終わりだあ!と思って登り切った先には・・・!
まだ作業道は続いていた・・orz。
まあ、必殺ゆっくり走法でのろのろとあがっていく。
何とか上がりきって、鉄塔下のアップダウンの激しいウオッシュボードへ。
ここでは、頭が上下にガンガンつつかれるので、首に負担が・・骨折箇所が・・
ウオッシュボードを越えるたびに「痛て!痛てててて」とか、これまた喚きながら
クリアー。

ガレの上りや、ウッズセクションは本当に気持ちよかった。
もちろん、崖落ちや転倒が恐いので、ゆっくりゆっくり走行。
周りの風景を堪能しながら、走ってました。
いやー、このあたりの風景ってサイコーですよ。一見の価値ありですよ。マジで。
(ってレース中に回りの風景なんぞ堪能してるのは、ワシぐらいなものか・・・)

でも、崖落ちすると、本当にとんでもないくらい滑落します。
場所によっては道ギリギリでエスケープゾーンなどありません。
コースアウトすると、すぐに落下が待ってます。
しかもコーナーコーナに崖落ちを誘発するかのような、ギャップ&でかい石がゴロゴロ。
ちょっとペースを上げてつっこむと、ギャップにはねられ、石にはねられあっという間に
コースアウトギリギリのところまで追いやられます。
「恐えええええええ」と思いながら、安全走行を続けます。

天気もサイコーで、山もきれいで、すっかりレースを忘れて(オイオイ・・)しばし、
林道ツーリングモードに。
しっかし、このガレ場の石の尖ってることといったら!
まさに、パンクをさせるため!のような路面状況ですなあ。
ワシは大将からお借りした「ムース装備」なもんで、恐い物知らず。
ガレ場でも容赦なくアクセルが開けられます・・・って、そんなに開けていないけど。
気持ちよーく、山々を下っていき、だんだんと怪しい地帯に・・
いよいよ木古内名物川とヤチがやってきました。
ここで、すっかり冷静モードのワシは先に一台走らせて、その人のラインを見ながら
走ることに。
おかげで、それほど填らずにするするとヤチを抜ける。
それでも一カ所、川からの上がり口で填ってしまったけれども、なんとか脱出。
そしてまた川へドボーン。
今大会では川ルートはだいぶん短縮されているみたいだけれども、それでも結構ありました。
また、結構な深さで、勢いよく飛び込むと、水を頭から「ザブーーーーン」とかぶります。
ザブーン -> ヤチ ->ザブーン ->ヤチ と繰り返します。
おかげで泥はきれいになりますけれども、川も深いところは本当に深いので、
油断すると、水没ってしまいます。
ゆっくり川を横断しようとすると逆に、深みにはまって「ぼこぼこ」と水没しそう・・・
むしろ勢いよく「ザブーン」とつっこんだ方が、安全かもしれません。

1周目。
みなさん続々とゴールしてきます。
まずは社長!
e0022736_22142415.jpg
e0022736_22143556.jpg


次は福Pさん!
e0022736_22151739.jpg
e0022736_22152916.jpg


次はMASAさん!
e0022736_22155738.jpg
e0022736_22161137.jpg


そして、2周目に突入です。
みんな速い!!
社長スタート!
e0022736_22171354.jpg


MASAさんスタート!
e0022736_22172841.jpg


福Pさんの2周目スタートは写真がなかった・・


さて、いよいよワシ・・・
ピット近くになってくると、その直前に川渡りが数本在ります。
ここでは皆様、カメラなどを構えておりまして・・・調子者のワシはついつい
アクセルをワイドオープンにしてしまいます。
そりゃあああああ!と川にざぶーん!
e0022736_22185640.jpg

e0022736_22191274.jpg

しかーし!足にぶつかってくる水圧で
ステップから足が外れたあああああああ・・・
e0022736_22194695.jpg

全く、以外だあ!なんじゃあこの水圧は!ステップから足が外れてしまう程の水圧って・・
非常にかっこわるい感じでなんとか、ゴール地点へ・・。
タイムカードを提出し、次のカードと次のスタート時刻が言われる。
5分間のピットタイム。
なんか、一周回っただけでも、もうヘロヘロ・・意識が・・・モーロー・・・
んで、ピットの位置を間違えて、違うところへ行っちゃった・・・
あわてて押して自分のピットへ戻りました。
e0022736_1473844.jpg

写真は凸凹通信兵さまよりパクって来ました。

e0022736_22202993.jpg

みなさんもくもくとピット作業をしてくれています。
e0022736_2221118.jpg

肝心なライダーは・・・・意識モーロー状態・・・
e0022736_22213767.jpg



さて、後一周すれば、堂々と明日も走れる訳です。
首は痛いけれども、なんとか行けそう。時間はまだたっぷりあるし。
ゆっくりとツーリングペースでも間に合いそうだ。
ってんで、二周目突入。
e0022736_22221397.jpg

e0022736_22223353.jpg


ワシが2周目に突入した直後には、JUNさんも
e0022736_22233215.jpg

HIRO君も2周目突入!
e0022736_2224140.jpg



二周目は、コースもなんとなく感じがつかめてきたし、結構ハイスピードで走ってみる。
「おおお!なんだ!ワシ行けるじゃん!うっひょ~○%XX!」とか興奮し出す。
これが・・大きなワナを引き寄せる元になろうとは・・・・・
林道をカッコーンとアクセルワイドオープンで駆け抜ける。
すっかり、スイッチが入ってしまったワシはただただ目の前のコーナーのみに集中。
右へ左へとコーナーを駆けめぐる。
どんどん、山の上へ上がってきた・・・・ん???なにかおかしい・・・あり?こんな道あったっけ?
それでも、どんどん山の上に駆け上がっていく・・・しばらく走ってると・・・・・・
CRFが一台止まってる!しかもなんかマーシャルもいる!
・・・・・・・・・・・orz
やっちまった・・・派手にミスコースしちまった・・・・
まーたミスコースだよ・・・うわ~かなり走って来ちゃったなあ・・・・
しょうがなく今来た道を戻っていく。こっからキレました。ワシ。
首の怪我のことすっかり忘れてしまいました。
全開、名実ともにワシの全開モードです。
どうやらコーステープが切れていた模様・・・・・・・・ミスコースしたポイントまで戻ると、
マーシャルさんがたってました。しかも女性の方(はぁと)
ミスコースした苛立ちは一発で収まり、でも、時間がない!ってんで、キレまくった(自分比)
ライディングでなんとか、ゴールへ・・・
e0022736_22255681.jpg
e0022736_22262152.jpg

なんとか時間内に収まった~。
e0022736_22281113.jpg

e0022736_22265318.jpg

でも、かなり後ろの方・・・あははは。まあ、しょーがねえか。
とにもかくにも、2日目走れる事となりました。
「ヤッター!これで旨いビールが飲めるぞ~!!!」
安堵しながら、ずぶぬれになったウエアーを脱ぎ捨てモモヒキ一丁になって着替えていたら、
ケツずれ防止の為におしりに塗りたくった「痔の薬」がおパンツにしっかりと油シミとなっており、
そこに、泥も混ざって茶色くなっていたものだから、大将に「おおお?なんだ?ninjyaウン○を
漏らしたのか!」と散々からかわれてしまった・・・・・orz
全くもう、人がせっかく素晴らしい充実感を楽しんでいるときに・・・大将ってば・・
大将の無粋な発言に、感動も薄れ、忘れていた怪我の痛み&疲労がどーーーーっと・・・。

その後も続々とJUNさん、
e0022736_22272596.jpg
e0022736_22273514.jpg

HIRO君も帰ってきた。
e0022736_22274658.jpg
e0022736_22275472.jpg

・・・・あり?ダイスケさんが戻ってこない・・・
なんか、一周目で大きくミスコースしたらしい・・・。
しばらくして、ダイスケさんがマシンを押して戻ってきた。
e0022736_143689.jpg

しかし、WRは激しく破損・・・
e0022736_22283334.jpg

e0022736_14363894.jpg

左ラジエターが完全に粉砕・・・・
e0022736_1437323.jpg

どうやら転倒したさいに、ラジエター破損、水が全部抜けてしまい、押して戻ってきたらしい。
ダイスケさんの木古内はここで終了となってしまった。
ああ、おいたわしや・・・ダイスケさん・・・明日はピット要員で手伝ってくださいね~。

片付けもそこそこに、まずは風呂へ!いっやー気持ちいい。ひとっ走りしたあとの
風呂はサイコーーーー!!

そんで、そのあと、歓迎会に出席。
木古内の昔マドンナだったおねえさん達が鉄板でジンギスカンを焼きまくってくれる。
「沢山あるから、どんどん食べて~♪」と威勢よく皿に盛ってくれる。

と、そこへ青いTシャツを着たサンタさんが、青く四角い箱から、なにやらえへん虫
みたいな物体を皿に「どん!」とおいていってくれた。
よーくみると・・・・・「おお!ウニーーーー!」
e0022736_207414.jpg

青いサンタさんありがとう!
おかげでジンギスカン&ウニという素晴らしい組み合わせ・・・
e0022736_2082475.jpg

しかもこのウニ、まだ生きてる、うにょうにょ動いてる!!
食べ方が解らず、青いサンタさんに教えてもらおうと、後を追っかけていくと、
あああ、通信2号さんも、イターー!
e0022736_2095799.jpg

しかも、その横には、すっかり「ハワイアン」な雰囲気のスケ師匠もいる!
e0022736_20103726.jpg

しばし、この輪の中で、わいわいとやらせてもらい、最高に楽しい時間を過ごせました♪
そのうち名物のよさこいダンスが開始。
e0022736_20113927.jpg


いっや~、レース終了後のこの楽しい催し。
サイコーです。これだけでも、参加してよかったと思いました。
周りはみんなENDUROに魅せられた同類ばかり。
出てくる話はバイクの事、レースの事、下ネタと話は尽きません。
こんな楽しい時間がずっと続けばいいなあ・・・と思いながら、初日は終了。

「取りあえず、念願の初日は突破したし、2日目は気楽に1~2周で終了だなあ・・」と
寝床に着く前にぼんやり思っていたのですが、2日目に感動のドラマ(ネタ?)が待ってました。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-06-25 12:00 | オートバイ
<< STDE木古内サバイバルエンデ... STDE木古内サバイバルエンデ... >>