(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ミトコンドリア
ミトコンドリア
人間の細胞質の中に潜伏し、エネルギー産生や呼吸代謝の役目
を果たしている特殊な小器官のことである。
さて、このミトちゃんは女性のものしか遺伝しない、
つまり男性のミトコンドリアは一切遺伝しないという性質をもっている。
つまり、これはミトコンドリアDNAを探っていけば、必ず最初の人間(祖先)
を探り当てることが可能だということだ。
実際学会ではすでにその研究は行われており、かくなる結果が出ている。

60億人の全人類(ホモ・サピエンス)のルーツ・・・
たった一人の女性からすべてが始まった・・
彼女の名は 「イブ」
すべての人類はこの「イブ」をルーツ35種類に分類される。
このうち13種類はアフリカ人のものです。
世界人口のたった13%しかいないアフリカ人が13種ものクラスタが存在する
という事は、紛れもなく人類が長い間アフリカにとどまっていたという証拠となる。
つまり、我々のすべての祖先は「アフリカ」を故郷としているのだ。

人間の遺伝情報というものは、実際人間を構成するのに必要な情報は
全体のたった1.5%に過ぎず、残りのDNA情報はほとんど正体不明なのである。
いったい、この98.5%の中には何の遺伝情報が詰まっていたのか?
DNAは長期間時間が経過すると突然変異を起こすということは定説であるが、
もしかしたらこの突然変異のときにこの「98.5%」のDNA情報が一斉に覚醒
する可能性も秘めているのである。
いわゆる「新人類」というものである。
現在の遺伝操作の技術は「クローン牛」を作成するにとどまらず、
同種でありながら同一遺伝情報を持たない 種類同士を融合させるところまで
きている。
ちなみに、この融合種を「ギープ」と呼んでいる。

いったいこの先どれほど遺伝子の技術は進むのだろうか?
もはや、人類は「神」の領域をも侵食し始めたのである。
この科学が行き着く先はなんであろうか?
決して人類に「福音」をもたらすものでは無い気がするのである。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2005-08-22 20:24 | だらだら日記
<< DNA突然変異 地震 雷 火事 親父 >>