(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


夕張エンデューロ 観戦記 DAY2 ~さわやかドピーカン編
さて、二日目です。
昨日の地獄のような雨とは打って変わって、快晴!ど快晴!
まあ、見てる分には、多少雨が降ってるくらいが面白いんだけど・・

2日目のオーダーは2周!と、言うことは、あっちこっち移動して観戦してると、
全員の走りが見れない!

で、協議の結果、一番見ていて面白いレースイETに腰をすえて見学することに。
1日目もレースイでみていたんだけど、一周目だったんで、タイム計測無し。
って事は、みなさん本気では走ってないのです。

しかし!今日は、みんな全開で走ってくれるんで、観戦しごたえがありそうです!

朝、スタート前のピットの様子です
e0022736_919111.jpg


おっと!スタート直前でまだタイヤが組みあがってませんね~!
e0022736_9194933.jpg


しかし、各人着々とスタートしていきます。
e0022736_9202399.jpg





スタートして、すぐに川ポイントへ行くというルート設定。
しかし、なんと2日目はAA、Aクラスは川へ、Bクラスは川無しという設定。
確かに、、、昨日の川での惨劇はそりゃもう凄惨極まりなく・・・・・

全員のスタートを見届けてから、早速レースイETポイントへ。

しばし、待つと、、続々とAAクラスのライダーがやってきました。
さあ、どんな走りを見せてくれるのか!とワクワクして見ております。

やがて数十秒ごとにスタート!
コース概要は最初はコーステープで作られたウネウネ、小回りターン、そして、山を登り
少し走って、ダウンヒル、そして、アップダウンの激しいルートを越えて、
今回結構はまっていた泥ポイントを超えて、ほぼ助走無しでの激のぼり。
そして、下ってヒューム管を飛び越えて、裏山のストレート全開区間。
そのまま大きく山を登って、全開のまま下ってチェックポイント!という感じのコース。
路面は全体的に石炭くずと重いサンド質。ところどころ急に硬質(特にギャップ部分は
硬くて跳ね上がります)

せかっくなんで、全開ストレートのところで観戦します。

キタキタキターーーー!
AAライダーー!
石井先生、鬼グリップしております!
e0022736_942065.jpg

博田先生もこれまたスムーズで速い!
e0022736_9414793.jpg

いやもうアホみたいなスピードで駆け上がっていきます。
ストレート->くの字コーナー->ストレートという区間で皆さん全開です。
ちょうど、くの字になっているアウト側は沢になっており、コースアウトすると
沢に落ちていってしまうのですが・・・皆さん、躊躇無く全開かましております。

そして、いよいよ!鈴木健二監督!
むおおお!上がってくるところから音が違う!オーバーレブ気味の排気音!
e0022736_9445795.jpg

むほーーーー!コーナー手前ですでにドリフト状態!
そこからコースのわだちをきっかけに、一気に向きを変えて、全開で駆け抜けます。

いや・・・もう・・・すごい・・・の一言。
こりゃ、別格だね。。。。すげえ迫力だよ・・・・

AAライダーの鬼走りを堪能して、次はAクラスのライダー!
sasakiさーーん!いっけーーーー!!
e0022736_9475732.jpg


むおお!スケテツさん!ファイトーー!!
e0022736_9481685.jpg


会長~!カッコイイッスーーーー!!
e0022736_9484963.jpg


でも、この頃になると、Bクラスの選手もちらほら走っていて、sasakiさんとか、
スケテツさんの前にBクラスの選手が走ってたんで、きっとタイム的には
非常に不利な状態だっただろうな・・・・ちょっと可哀想・・・ご両人とも・・・・

で、期待の星「コタロさーーーん」
e0022736_9515182.jpg


そして、今回ただ一人のレディース!
e0022736_9521542.jpg

すげえよ、レディースでも、なかなかどうして、負けない走りを見せてくれます。

と、彼女が走り去ってしばらくすると、下のピットから電話がかかってきた。
「????」と思いながら出てみると、「レディースの子通り過ぎた?」と聞いてきた。
「今、激下り行ったんで、そっちに来てません?」とワシ。
「いや、来てないよ」との返答。
こりゃ、泥ポイントではまったな・・・と思い、急遽下までレスキューに行くことに。
案の定・・ずっぽり嵌っておりました。
モトバレーゼの社長も来て3人で引っ張るも・・・抜け出せない・・・
急遽、そこで見ていたナイスなおじ様2人にレスキュー要請。
このおじ様たち、長靴なんて履いておりません。普通のスニーカーなんですが・・
快く手伝ってくれて、何とか脱出!いやー、いい汗かきましたね。

そうしてるウチに、AAライダーたち2周目にやってきました。
今度はちょっとポイントを変えて、激のぼり区間へ。

しかしさすがAAライダーたち。
激のぼりなんてお構い無しに全開で駆け上っていきます。

石井先生~ガンバレーーー!!
e0022736_100361.jpg

鈴木監督もやっぱり全開です!
e0022736_101090.jpg

ハカタ選手も楽々と登ってきます。
e0022736_1024247.jpg


しっかし、AAライダーは頭のねじがぶっとんでるね・・・マジで。
あっという間に、いなくなっちゃう・・・
時にこの激坂は「実はワシでも楽勝なんじゃ・・・?」と思ってしまうくらい楽々と登っちゃう。
でも・・・そんなことはありません!
実際次の Aクラスの選手ではちらほらと登りきれない選手も・・・
葉っぱに視界を奪われて・・・
e0022736_1071870.jpg

全日本真性どM協会認定の「漢押し!」を披露したり・・
e0022736_1081449.jpg

結構てこずる選手がちらほら出てきます。

といいつつド派手に駆け上がっていく選手も!
e0022736_1092727.jpg


sasakiさんもド派手に上がっていきます!!
e0022736_109571.jpg

スケテツさんは渋く確実に登ってきます。
e0022736_10102999.jpg

バビル二世な、会長はこれまた派手なアクション!!
e0022736_1011732.jpg


Aクラスの後は当然Bクラスで、こちらもなかなか見せてくれました。
e0022736_10115184.jpg


そして期待の星「コタロさん!!」
e0022736_101215100.jpg


コタロさんは、完全になにかに取り付かれておりますな。

そんな感じで夕張エンデューロ2日目も終了。

リザルトはAAクラス
1位 鈴木健二さん
2位 博田巌さん
3位 石井正美さん
4位 近藤有介さん

6位に五十嵐さん
9位に阿部さん(エンデューロ魔人)
13位に伊藤さん
という結果に。

そして期待の星 「コタロさん」は Bクラス 12位。
見事に完走!パチパチパチ~。

あの地獄のような初日を突破して、完走とは・・・すげえよコタロさん。やるなコタロさん。
この大会を機に「チームめがね」からの脱会を決心したらしいコタロさん。

あんまりにも熱い走りを披露されるんで、ワシもすっかり興奮し、
スケルトンバイクでコースを走ってみました!!(爆)
e0022736_10351758.jpg



コタロさんの雄姿はワシの目に焼きついて・・・・
e0022736_10244390.jpg

最後まで心折れることなく挑戦し続けたコタロさん。
e0022736_10251618.jpg

さあ!次はクロス1ですね。見事に玉砕してください!!(爆)

ともあれ、今大会は本当にいろいろなことがあった大会でした。
夕張を舞台にしたオンタイム制のエンデューロ。
しかし、問題も残ったような気がします。
オンタイムゆえに、移動区間はゆるく設定されているはずが、初日のコース状態で
かなり厳しいものに。
ゆえに選手はどうしてもオンタイムに間に合わせるために公道でスピードをだし気味に
してしまい、それで警察からも注意が出ていたとか。
なかなか、モータースポーツが根付かない日本でいかに、認知されていくか。
今後の課題だと思います。

ともあれ、ハードな2日間を走り続けた選手の皆さんはもとより、
この日のために、ずっと前から淡々と準備をしていた大会役員の皆様
当日大雨の中、黙々とタイム計測ほかの作業をしていたスタッフの皆様。
本当にお疲れ様でした。

そして、撮影したビデオは近日中にアップしたいとおもっておりますので、
ご期待くださいませ!!
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-07-31 10:35 | オートバイ
<< スクープ! 夕張EDにて! 夕張エンデューロ 観戦記 DA... >>