(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
最新のコメント
れっどさん>多分、それが..
by kawasaki_ninjya at 10:01
うわぁ、やっちゃいました..
by れっどしふと at 10:43
れっどさん>ほんとに、レ..
by kawasaki_ninjya at 09:06
切腹さん>そーですww藤..
by kawasaki_ninjya at 09:05
ブランクあってもいきなり..
by れっどしふと at 17:00
日曜、藤井さんに電話した..
by 切腹女子高生 at 13:00
ホンマやぁ~良かった~
by カナオカ at 07:00
生きてたんだぁ~
by コーチ! at 22:40
あとむさん>写真あざーー..
by kawasaki_ninjya at 13:12
怪我ネタは面白いんですが..
by 宮城@ナベ at 00:15
>エンジンはオイル無で焼..
by 謎 at 21:08
おひさしぶりです! H..
by あとむ at 13:57
2006-05-17 1..
by 金岡だぉ。 at 12:42
トライアルもいいですねw..
by 切腹女子高生 at 09:43
鋼っち>お薬?ヤバイ系お..
by kawasaki_ninjya at 11:58
コーチ>できることの精度..
by kawasaki_ninjya at 11:58
カリスマコーチ・キタ━━..
by 鋼deth at 12:40
出来ないことは出来ないか..
by コーチ at 13:02
GO君>本当に、これだけ..
by kawasaki_ninjya at 14:07
鋼っち>いやいや、目が怖..
by kawasaki_ninjya at 14:05
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


日々徒然
昨日ぼんやりと、深夜のTVを見ていた。

すると、爆笑問題がなにやら、「生命とは?」というタイトルで

小難しい内容を話をしてる番組に行き着いた。

しばし・・見ていたが・・無機物と有機物、生命とは?という

非常に頭が痛くなる話で、しかも途中から哲学的な話まで

発展していって、深夜のへとへとになった頭には非常に理解不能な

話になっていった。

しかし・・・である。

一つだけ・・青山学院の教授が非常に面白い話をしていた。

「地球上の分子量は一定である」 という定理である。
e0022736_132327.jpg


つまり、一定量の分子が、有機物、無機物間で壮大なサイクルで循環している・・と。

昨日、自分の中で構成されていた分子が明日には、違う物体、大げさに言うと

この記事を読んでいるあなたを構成する分子にもなりえる・・ということだ。

学説的にはよく解らんのだけれども、非常にこの話は面白い。

人間の体・・この新陳代謝のサイクルは、1サイクルで人間の細胞はすっかり

新しい細胞に生まれ変わっている。

そして、その細胞を構成する分子ももっと速いサイクルで取り替えられている

というのだ。

物質は時間とともに変容していく。

そして、なにもしなければエントロピーは増大していく。

であるならば、我々の人体が人体としてなぜ長い時間のなか存在しえるのか?

それは、自然サイクルによっての変容のちょっと手前で、自己サイクルによって

変容(分子交換)しているからだ・・という仮説を説明していた。

考えてみれば、面白いものである。

電気的な引き合いで分子は構成される。

それらが集まりさらに大きな組織として、構成される。

つまり、この電子的な結束を一瞬解き放つことができたとしたら、我々が物体として

認識している形というものがなくなるのである。

もちろん、無機物に限らず、有機物・・・我々の人体ですら・・である。



面白い。非常に面白い。

このことを考えるときに、私の頭の中にはある想像の映像が浮かんでくる。


真っ白な広いテーブルの上に沢山の 「レゴブロック」 が乱雑におかれている。

そして、そのレゴが、「ある手」によって、様々な形に組み立てられていく。

あっという間に森や草原、動物、人間、ビル、車、兵器・・と次々作られ、

またあるものは一旦バラバラにされてまた違うものに作り直されていく。

そして、気がつくと、収拾がつかない状態になり、 「ある手」はすべての

物体をばらばらにして、また元の、ばらばらになったれ「レゴブロック」の山に戻してしまう。

そして、その「ある手」はもう飽きてしまったのか、そのレゴブロックの山がつまれた

テーブルから離れていってしまう・・・・・・・

[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-10-03 13:54 | だらだら日記 | Comments(13)
Commented by ともしで at 2007-10-03 16:00 x
お、オッメー バカでねーの?くっだらねーコト考えてないで仕事しろよ。。。
Commented by ヨシ at 2007-10-03 17:48 x
つまり夕張の泥をみんなが少しずつ持ち帰ったら夕張の山は小さくなるって事で、
夕張の大舞台を維持するにはみんなが持ち帰った泥を持ってこないとダメだって事ですよね・・・
さすが奥が深い
でも泥は排水溝に流してしまったので今度栗丘の泥持っていきます。
Commented by kawasaki_ninjya at 2007-10-03 18:26
ともしー>そうです。馬鹿なんです。貧乏すぎて、最近思考がバラバラな状態に・・えぇ・・

ヨシさん>そうです、ドロは夕張に返さないと・・とか。
それにしても、参りましたよ。。。。全然ドロ落ちないし、洗車場はドロだらけにしちゃうしで。。。。その後片付けも・・・えぇ・・・
Commented by 283 at 2007-10-03 19:00 x
…な、何ですかそのスケールのデカさは?
エントロピーってなんです??

ninjyaさんタダモンじゃありませんね?
Commented by o-nori at 2007-10-03 21:04 x
283さんに同感です。

この事が理解できる人は
ちょっと古いんですが「マトリックス・レボリューションズ」も理解出来てますね。
私はさっぱり分かりませんでした。
今度、かみ砕いて教えてください。
Commented by スケテツ at 2007-10-03 21:44 x
電子はともかく、陽子や中性子や素粒子も置き換えが起こっているってコト?
分子レベルでの置き換えが常に起こっていることは理解できるんですけど。
Commented by まゆげ at 2007-10-04 00:38 x
非常に興味深いですね!
しかしながら現在の我々の消費サイクルから考えて、
還元サイクルに時間が掛かり過ぎているのが現状で
資源の枯渇問題が問題視されていますよね。。。
Commented by dronqo at 2007-10-04 00:57 x
分子は、破壊されて進化をし続けるということは、理解できます。
ただそれで人間として維持できていることが奇跡なんだと思っていますが。
分子レベルの話は面白いけどつまらない。
でも今私がここで生きていることが奇跡なんだと。
・・・ただの酔っ払いのたわごとですから~。
Commented by doronqo at 2007-10-04 00:58 x
名前間違えた~。
Commented by kawasaki_ninjya at 2007-10-04 09:14
283さん>いや・・その・・単なる疲れたおっさんのたわごとですから・・・えぇ・・
ちなみにこの文章でのエントロピーは熱力学上のエントロピーではなく、経済学などで使用されている語彙で、「不確定、乱雑、変容」という意味合いで使っています。

o-noriさん>いやいやいや、理解しているとかでなくて、単純に面白いなあ・・とぼンやり思っただけです。えぇ。
ちなみに、マトリクスエボリューションはいまいちよく解りません。
しかし、バーチャルワールド(プログラミングされた世界)的な考えは非常に興味があります。

Commented by kawasaki_ninjya at 2007-10-04 09:15
スケテツさん>教授の話によれば、あくまで分子レベルでの入れ替えということでした。
個人的に考えれば、分子を構成する原子、つまり原子核(中性子、陽子)も同一で入れ替わることではないのだろうか?とも思っております。考えてみると、たとえば、タンパク質 タンパク分子が変容する際には、やぱり、分子間の入れ替えが起こっていると思います。
学説的にはよく解りませんけれども・・
でも単純にアミノ酸がタンパク質を構成しているのであれば、その構成段階で、タンパク分子が入れ替わっていてもおかしくない・・とも思います・・うーん・・なんだかよく解らない話になってしまいましたね・・・えぇ・・
Commented by kawasaki_ninjya at 2007-10-04 09:19
まゆげさん>もし、地球上の分子量が太古の世界から、現代まで変わっていないとすれば、我々の生命の神秘はより深まるかと。
分子が変容・結合して、生命を作ったとすれば、太古の地球でまだ生命が誕生していなかった時の分子の形が、激しく変わったこととなりますよね。
人間が生命活動を営むための資源、これも消費された・・というより、利用されて、違う形に変容した・・という風に捕らえることができます。ただし、その変容したものは人間には再利用することが難しい・・ということかと。
でも、資源の枯渇・・とりわけガソリンの高騰にはほんと・・参ります・・ガソリン代が・・・orz
Commented by kawasaki_ninjya at 2007-10-04 09:28
doronqoさん>どーもでございます。
私も日々の労働でいささか疲れた「おっさんの思考」でございますゆえ、博学な方が見れば鼻で笑われる話かと・・えぇ。
釈尊の説法に「人身受け難し、今すでに受く。仏法聞き難し、今すでに聞く。この身、今生に向かって度せずんば、さらにいずれの生に向かってかこの身を度せん」とありますが、奇跡を一度起こしてこの世に生まれてきたわけですから、自らの人間としての「一生」を全うし、そして、より輝かしいものにしなければなりませんね。
そう、考えますと、毎日ダラダラ過ごしているのは非常に罰当たりな・・と、いいつつ毎日だらけております自らの生活態度というものを
改めなければ・・と深く反省する今日この頃です。えぇ。


<< 南北海道エンデューロ 今週末の日曜日は!! >>