(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


つくづくと思う。
最近つくづくと思うのです。

なんだって、ワシはこんなにセンスが無いんだ・・と。

オフロードセンスのいい人は一年練習したら見違えるように上手くなるのに・・

オイラはもう4年目を迎えているって言うのに・・ちっとも上達してねえよ。

なんだって、ワシはこんな厄介な乗り物にほれ込んじまったんだろうか。

泥泥になるし、金はかかるし、ちょっと練習すれば、あちこち体は痛くなるし、

走れば走るほど、自分のヘタクソさに、がっかりするし、落ち込むし。

転べばイタイし、骨折するし・・

まともな神経な持ち主だったら、もう狂気の沙汰ですよ、。

レースだって、別に楽しむために出てるのに、大金をかけて、時間を使って、必死になって、

痛い思いして、辛い思いして・・・・・本当にエンデューロライダーってのは・・

・・・・・・・・・だが・・

だが、それがいい。
e0022736_1475511.jpg


例え、遅くても、ヘタクソでも、あっという間にぶっちぎられたとしても・・・・

やっぱ、止められない。


なぜなら、こんなに「頑張ってる」と実感できる事ってそうそう無いから。

緊張・興奮・陶酔・恐怖・苦痛。

おおよそ、考えうる限りの感覚がすべて味わえる。

そうそうないだろう?こんな趣味は。

大枚はたいて買った 「エンデューロマシン」という愛機とともに、
e0022736_14112214.jpg


「いつかはトップになるんだ!」と胸に熱い思いを焦がして、日々練習するなんてのは、
e0022736_14121089.jpg


まるでガキの頃、夢中で練習していた、野球や、サッカーの様ではないか。

今はヘタクソでも、ビリでも、良い。

自分に負けさえしなければ、いつかはきっと、上へ這い上がっていけるだろう。

e0022736_14145917.jpg


「そんな、趣味でケガしたり、速いだの、遅いだの、プロでもあるまいに・・」と

言われる事もあるが、そんなのは耳に入ってこない。

むしろこう言ってやりたいくらいだ。

「アマチュアだから、趣味でやってるからこそ、熱くなれるのさ。

 オイラは冷静さを装って、挑戦から逃げて、いいわけばっかりしてるような
  
  中年にはなりたくないからね!」    と。


だから、人から「遅いな!」とか「センスねーな」とか言われてもへっちゃらなんだよ。

むしろ、「どの辺が一番ダメに見える?」とか、「どの辺にセンスの無さを感じた?」と

聞いて回るのさ。

様はそこを練習して上達すれば、ちっとはマシになるってことだろ?

幸い、オイラの周りは上手い人ばっかりだから、ご意見番は沢山居てくれるし。


正直・・先日の元気村で、去年までのかすかな自信なんてものは、

きれいさっぱり ぶっ飛びましたよ。えぇ。

それどころか、「まったくヘタクソな自分」 をはっきりと突きつけられた気分です。

そういうわけで、また、メ一杯、ヘタクソなりに、今年も頑張っていこうと思うわけです。


まってろよーーー木古内。

今年も一丁やってやるぜ!!
e0022736_1424773.jpg

[PR]
by kawasaki_ninjya | 2008-05-20 14:24 | オートバイ
<< 人生を変える一冊の本 元気村特訓終了。 >>