(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


人生を変える一冊の本
もう、20年になるだろうか。

20年、働いてきた。

会社組織の中で、一生懸命に働いてきた。

会社組織は、とどのつまり人間関係の坩堝である。

嫌な上司や、考えられない判断を下す経営陣、

そして、同僚や、先輩。

この人間関係をどのようにして乗り切るのか、

そして、その中で、自己実現に向かってどう生きていくのか。

そう想いながら、必死に組織の中で生きてきた。

しかし・・不惑と呼ばれる歳になったとき・・・大きな疑問が生まれた。


「俺の人生はこれでいいのだろうか?」

ちょうど、仕事にも、様々な迷いが生じているところであった。

「この仕事は、いったい誰の役に立っているというのだろう??」

「そもそも、この仕事は俺が一生をかけてやるべき仕事なのだろうか?」

迷いは日々大きくなり、押し寄せる波のように心を揺らし続ける。


「一体、不惑なんて、誰が言い出したのだろう・・俺は迷いの中をなすすべなく

さまよっているだけじゃないか・・・・・」



そんなことを思い、自嘲気味に苦笑いをする日々であった・・・・・


そんなとき・・・ふと立ち寄った本屋で、目に留まった一冊の本があった。

その強烈なタイトルは、暗闇の中、さまよっている私の心に、一筋の光を差し込むようであった。

思わず、その本を手に取った。 

e0022736_11171069.jpg

堀さん!ナイス!

あああ・・そうだ。

迷いながら続ける仕事なんて、永遠に続く苦痛のようだ。

そうさ、俺には会社組織なんか、向いてなかったんだ。

あぁあぁ!そうとも、答えはここにあったんだ!!

私は久しぶりに昂揚した気持ちのまま、その本を手に取り、

意気揚々とレジへと向かった。

「これで、、、これをきっかけに俺は自分の人生をもう一度変えてやるんだ!」

「こんな、素晴らしい予感と興奮に満ちたことなんか、しばらくなかったな。」


「一体この本には、どんな素晴らしい言葉が詰まっているのだろう?」

「早くじっくり読んでみたい!」

まるでガキの頃、毎月楽しみにしていた「コロコロコミック」を手にしたかのような面持ちで、

レジの列にならんで待っていた。

レジの順番が、後二人!というときに、レジカウンターの横にあったポスティングに目が留まった。

「今、話題の本」

なんともなしに、そこに並べられた本を見た。

そして、ふっと目に飛び込んできた一冊の本。








e0022736_11165667.jpg














・・・・・・・・・・・・おい・・・・


・・・・・・・・・・・・おい!

・・・・・・どっちやねん!!

e0022736_11243195.jpg



どういうこっちゃい!堀さんよっ!




さっきまでの高揚感など、キレイさっぱり吹き飛び、

私は手に持っていた本を、また元の位置に戻し、そのまま本屋から出てきたのであった・・


「さ、仕事、仕事」

そして、いつものように、顧客先へ向かったのであった。




馬鹿ネタですんません・・m(_ _)m
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2008-05-21 11:15 | だらだら日記
<< 木古内エントリーリスト つくづくと思う。 >>