(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


元気村特訓?
さて、日曜は、元気村に行ってきました。

と、いいますのも、土曜の夕方 我が大将から電話。

おい!ninjya!元気村すげー面白いぞ!整備されてて、サイコーだぞ!」

「明日、来いよ!いいな!練習になるぞ!」


と、言うわけで、朝も4時前に起きて、準備をして出発!



いやー前の日も色々あって、全然寝てない・・その状態で特訓は無謀か?とか

おもいながら、、車で眠気全開。

しょうがないので、法定速度+おをキロでかっとんでいきました。


現地に着くと・・大将、サイテルさん、前Pさん、cyocoppyさん、marbyさんらが

お出迎え・・・・って・・なんかみんなマッタリしてるし・・・・

皆さんは前日入りをしてるんで、昨日激走してたらしい。


早速着替えて、コースIN!

走り始めて開口一番

「んなんじゃこりゃああああああああああああ!」


もうね、ドロドロ、ツルツル
滑ってまともにまっすぐはしらねえ。

ギャップの頂点でリアが勝手にダンスしまくりやがる!!

大将が「面白い」っていうのは、やはりトラップだったか!と。


しかし、先行してる大将においていかれまいと、必死にアクセルを開ける。

そして、ヌタ場の轍が・・・

轍はライン 6本。

「うおおお?どれがいけるラインなのかわからねーーー」

ままよ!とさらにアクセルを開けてフロントを上げ気味に突っ込み!

その瞬間・・・フロントが刺さって前転寸前!!
胸をハンドルにしこたま打ちつけ、気がつくと、埋まったバイクの横にスタ!っと立ってました(爆)

SOP依頼の曲芸を披露ww

後ろからサイテルさんはその様子を目撃。めっさ笑ってました。

その後、前日登るのに困難を極めたヌルヌル坂へ・・

確か、前に、このヌルヌル坂はアリババ社長と自分は登れなくてリタイヤしたポイント。

ええーーーいい!と突っ込み。

右へ左へ蛇行しながら、なんとか登頂成功!!

その後ろから前Pさん。

「おらぁ、今日は絶対嵌らない、漢押ししねえ!」と豪語していたんですが・・・

合えなく玉砕・・ひっひっひ。

盛大に漢押しをしておりますww

しかし、この元気村・・すげえ、あちこちトラップが仕掛けられて、

ヘタすると、ズブズブズブ~と泥にはまり、スタックしてしまいます。

もう一周回った時点でかなりヘロヘロ・・・

しばらく休んで、今度はchocoppyさんも交えて出走!

噂ではchocoppyさん、「えらい速い!」と評判。

それでは!ってんで、後ろに付いて走りをじっくりと見てみる。

おおお!速い速い。ちょっとヤバイスピードですよ。

ワシもかなり一生懸命走らないとついていけない・・・

と、ヌルヌルの二連ターンのあるいやらしい下り。

元気良くchocoppyさんツッコミ!!

「おお!あのスピードで突っ込むのか!」と驚愕してると、

見事にフロントからスリップダウン

いや、コケかたも美しいね(爆)

しかし、すっくと起こしてさらに走り続ける。

徐々にペースも上がって、マジな話、ワシが苦手のポイントでは離される!

おいおいおいーーー、なんじゃ、そのスピードはよーーー。

怪物・・まさに怪物だ。

o-noriさん以来の衝撃。

きっとね、レースで見かけても、「レディースだ」とは誰も思わないでしょう。

それぐらいアグレッシブで、激しい走り。

その後、皆さん休憩に入ったので、ワシは一人で淡々と走る。

一人で走ると・・自分の弱点がよーくみえる。

ワシの弱点は総合すると「高速林道が苦手」「筋力・体力が無い」「ターンがヘタクソ」ということ。

曲がるのが苦手!っていうのもいかがなものか?と思うわけですが・・えぇ。

それがすべる路面になると的確に現れて、「おっかなびっくりヘロヘロと・・」と

いう感じになっております。

うむ。

この辺を徹底的に特訓する必要がありますな。

その後も走って大将が石でぶっとんでみたり、サイテルさんが突然速い神スピードで走ってみたり・・

それにしても元気村・・なかなか練習には最適ですね。

いろんな要素が詰まってるコース。

そんなコースを皆様一度走ってみませんか?

今、モト・バレーゼさんで 「9月23日」に元気村でフリーライド&ライディングスクールを

企画中なのです。

参加人数が少ないと、スクールの講師を呼べないので、参加してみたい!という方。

是非、コメントくださいませ。

また、これは別記事で詳細を書きます。



ともあれ・・とっても楽しい元気村なのでした。

もちろん、ただいまバッキバキに筋肉痛中でございます。

ロボットのようになっております。はい。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2008-09-01 10:39 | オートバイ
<< 元気村 ライディングスクール&... 恵庭エンデューロ 現在の状況 >>