(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


恵庭エンデューロ参戦記 レース編
さて、朝のピット作成のどたばたを終えて、ひと段落・・

と、そこへ、撮影部隊のchimaさん、ENDURODAYS管理人、まきさん、norikoさんら

合流。

いやー、いいねえ。

とってもいい香りがいたします。

むさい中年親父ばかりのレースの中にあって、非常に心地よい風が~♪

なんて、ぼんやりしてる場合じゃありません。

気がつくと、もう、開会式の時間じゃあないっすか。

慌てて、準備。




そして開会式&ライダーズミーティング。

コース説明。

e0022736_11291990.jpg

なにやら、走りやすいけれども、トラップがあります!との事。

コース説明をしてくれてる米さん・・えーっと、ご自分もこのコースで玉砕されてるとか・・

左腕がとっても不憫なことに・・

ところどころ、轍が切れてて、それが草で隠れているから、よほど気をつけないと

吹っ飛ぶらしい・・

いやいやいや・・マジかよーーーって聞きながらも・・全然緊張感なし。

だって~おいらは今回安全運転で走るんだもんね~♪なんて脳内で歌っておりました。

「先にコースに入って撮影ポジションにつくよ」といって出発していったENDURODAYS管理人。

なんと、スキー場の斜面を登りきったところで・・ゴロン・・

周りから「あああ、転んだ転んだ!ぎゃはははははは」と一斉に笑いが!!

あーた、、、レース前の緊張感を見事に破りましたなあ。

カシラが急遽現場へ駆けつけヘルプをしておりました。


そんな緊張感の無いままレーススターーート!!

三台ずつ、大ジャンプ台に向かってスタートしていきます。

おほ!赤ゼッケンの人はとんでもねースピードだなああ。

おおお!黄色ゼッケンだって、負けじと飛んでる!飛んでるよ!
e0022736_1130329.jpg


緑ゼッケンだって、ガンガン走っていくなあ。

なんてボーっとみてたら、ワシの順番がせまってるじゃん!

ふう、いよいよワシのスタートがやってきました。

むう・・この期に及んでも、まったく緊張感ゼロ。。

いよいよスタート!

シャーーーーっと大ジャンプ台を登って・・当然ナメナメ走法でクリアー。
e0022736_11302441.jpg


その後、スキー場を一気に駆け上がり!と、上で90度ターンかいな!

とってもみっともない感じで曲がり、そのまま畑エリアへ!!
e0022736_11305736.jpg


こまかーいウオッシュボードを抜けて、ウッズへ突入。

e0022736_11311825.jpg

あははは、この辺のウッズって木の根っこがいやらしく生えてるから、

フロントアップ気味に走らないとね~。

と、フロントアップしたのは良かったけれど、木の根っこの前でフロント落ちちゃって

軽くグキっと・・・トホホホホ。
e0022736_11323975.jpg


そして、ウッズを抜けると、ヌルヌル作業道が待ち構えてました。

コーナーのたびに、大きくカウンター大会ww

グニュグニュして、上手く走れNeeeeeeeeeeeeee!!

「ま、今回は、ほら、安全第一だし♪」とか余裕をかまして走ってますと・・

前方に、先にスタートしたライダーが見え始める。

そうなりますと・・・当然テンションもアップしてきますわな。

俄然やる気を出して猛追開始。
砂利林道区間をガシガシ抜いていきます。
e0022736_11315499.jpg


そして深砂利林道。

でも、この深砂利の感じはすでに木古内で学習済み!!


">「ふっふっふ。この深砂利はな、アクセル満開でちょっと後ろ加重で行けば

 ガンガンいけるのだよ」



アクセル全開で突っ込んでいきます。

しかーーーーし!でかい石にヒット!!おっとっとーーーという間もなく、

あっという間に左端に吹っ飛びます。

なんとかこらえてると、またまた石にヒット!

今度は右端にぶっとびます。

きっと後ろでみてたら、左に右に・・と落ち着かないヤツだなあ・・と思ってたでしょう。

いや・・バイクがね・・勝手にね・・あちこちいっちゃうんだよ・・うん・・

おろ?この時点でなんか、腕上がりが始まっておりますww

「ま、も少し走れば直るだろう・・」とおもいながら、さらに走り続けます。

やがてステージは超高速林道区間へ・・

うっきょーーーーーーーーー!と絶叫しながら、走ります。


6速全開!!!

心の中で「1.2.3.4.5.6.7.8.9」と数える。

経験したことの無いスピード領域に達する。

周りの景色が、後方へ次々と吹っ飛んでは消えていく。

やがて、目の前にはラインしか見えなくなる。

左コーナーが猛然と迫ってくる。しかし・・まだ・・まだブレーキはかけない。

「まだだ!まだ・・・っクっ!ここだあああああああ!」

そしてフルブレーキ!!

後方に加重を意識いても、ものすごい勢いでフロントへ引っ張られる。

そして、軽くブレーキを引きずりながら一気に左にターンイン!!


!!!

ぐわあああああああああああ!!

曲がらねえええええええええええええええええ!


一気に、アウト側へ吹っ飛んでいく。

ヤバイ!側溝に落ちる!ヤバイ!止まれ!止まってくれ!!
間一髪、側溝落ちは回避。

ふううううう。やばかったーーーーーー。

これは・・・やはり安全運転しなきゃならんね。と決心したばかりなのに・・

なんと前方に「フッキーさんがあ!」

ここでまたまた有頂天になり、アクセル全開!!猛追を開始ww

横に並んで「うひゃひゃひゃひゃひゃ~」と奇声を発しながら追い抜く。

どうやら、その時に、猛烈に石爆弾をお見舞いしていたらしい・・・(フッキーさんゴメンナサイ)

その後、高速ウッズに突入。

この高速ウッズはところどころ地割れがあり、うっかりすると突っ込んでえらいことになります。

なんで慎重にラインをにらみながら、無難に通過。

そしてシングルトレイルののぼりを駆け上がり、はまりポイントへ・・

下りのはまりポイントだから、わだちにさえ気をつければ問題無い。

んが、しかし、そこはネタ職人のワシ。

しっかりとわだちにはまりこんで、バタバタと・・・とほほほほ。

その後、気持ちよーく林道をかっとばしていく。

そして、突然に!計測終了ポイントについたーーーー。

なんか、、、楽しんで走っていたせいか、あっという間だねぇ。

タイムカードを提出し、時間を記入してもらって、ここからリエゾンターイム。

のんびり風景を見ながら舗装路を走っていきます

「ああ・・きれいな景色だなあ・・」とかぼんやり走る。

本当に恵庭の自然って素晴らしいよ。きれいだなあ・・・

で、ぼんやりリエゾン区間を走り、、、、っと!

いきなり畳が敷いてある!畳の上を走り気がつくと、スキー場の上に出ていた。

おわ!ゲレンデの上のタワーの上にカメラを構えた人がたーくさんいるーーーー。

いやあ・・・てれちゃうなあ・・って・・自分なんか誰も撮ってないよね。はははは。

ゲレンデを駆け下りて、タイムカードを提出、2週目用のタイムカードをもらいピットへ。

ピットには、前Pさんがいてくれて、ピット作業をしてくれている

ありがたいなあ・・・・本当に。

で、その間、自分は・・たばこすって、おしゃべりしてたっぷり休憩しておりました(爆

だってフリーピットタイムだもーん。タイムオーバーさえしなければいいんだもーん。

でも、休んでると、レスキュー隊長に「おめーーまったりしすぎだあ!!」と喝を入れられたあww

加えてあゆさんまでオラオラオラーさっさとスタートせんかい!!早くスタートしたらぁ?」と言われちゃったww。

いやいや、だってね、老骨には、この休憩時間がとっても大切なわけで・・えぇ・・

ってな感じでしぶしぶ(爆)スタートする。
e0022736_11334027.jpg


2周目は、ルートも大体解ってきたんで、さらにペースアップ!

それにしても、、、このルート上のマーカー。

過去のエンデューロレースのどれよりも、懇切丁寧に張られている。

特に危険箇所を示すビックリマークの丁寧に張られてること・・ってか多すぎね?ww

どんだけ危険なんだとww

ルートのマークもライダーからとても見やすい位置に張られていて、コーナーのRのキツさも想定できる。

いやーー、素晴らしい。とっても素晴らしいよ。恵庭エンデューロ実行委員会の人たち。

実に細かく気を配ってるんだなあ・・絶対ルート上で怪我させネーゾ!という意気込みを感じました。

と、感心してると・・・おほーーーエゾもっこすさんハッケーーーン!
e0022736_11375514.jpg


場所は超高速林道。

早速撃墜開始。

EC250のパワーに物を言わせて直線で追い抜き!!(直線かよ・・)

しかし、エゾもっこすさん、ぴったりと背後についてくる!

その先には千葉からエントリーのYさんが走ってるぅ!!
e0022736_11381132.jpg


これまたすかさず、撃墜モードに。

Yさんの背後に張り付く!しかーーーし!!

YさんのマシーンはEC250・・・って事は??

ウギャアアアアー!

とんでもねーーー位飛び石の攻撃を受ける!!

痛てえ。いてててててててて。

気がつくと、こぶし大の石がガンガン飛んでくる。

もうね、バイクの上で、ダンスですよ。ダンス。石をよける為に。

しかし・・無情にもこぶし大の石が左手にヒット!!!

なんまら痛てええええええええ!!!(>o<;)

痛くてクラッチが握れず、とたんにペースダウン。。。その横をすかさずエゾもっこすさんに抜き去られた!!

しばらくYさん、
e0022736_11342727.jpg


エゾもっこすさん、
e0022736_11344434.jpg


ワシの順番で走っていく・・・
e0022736_1135014.jpg


しかし、高速ウッズの出口で、エゾもっこすさん、痛恨の転倒!!

すかさずパスして、さらに前を走るYさんに迫る。

しかし!Yさんも猛烈な加速で逃げる逃げる!!

クッソーーー!あともうちょっとで届かない!!

そらそうだよね。加速競争も同じEC250ですからね、抜けないわけですよ。

コーナーで無理すると・・・こっちが吹っ飛びそうになるし・・・・

ジリジリしながら、とうとう計測終了ポイントへついてしまった・・・

くっそーーー、最後まで抜けなかったorz

その後ピットへ戻り、レスキュー隊長用のコーラを目ざとくパクり(笑)コーラを飲んで一息・・・

早速レスキュー隊長

「あ!おめーーーコーラまで飲みやがって!どんだけ休んでるんだよ!!」と・・

あははは、すんません、隊長・・しかし。。。老骨のため、もう少々休ませてください・・・
e0022736_11352423.jpg


といいつつピットですっかり30分近く休んで、まったりしてしまった(爆)


さて、3周目・・ラストラップです。

「ラストラップくらいは気合を入れて走らなにゃ!」ってもんで、気合入れてスタート。

しかし・・ルートが、思いのほか荒れ荒れ・・・今まですいっといけたルート上に、

でかい石がゴロゴロ・・・・

そのでかい石にヒットして、前走者が転倒!!

なんか、その転倒の仕方がめっさオモローーだったんで、抜き様に「うひゃひゃひゃひゃひゃひゃ」と

高笑いしてしまった・・・んが!その先で自分も石にヒットして転倒!!

先ほどの人に「うひゃひゃひゃひゃ」と抜かれてしまった・・

うーむ、因果報応・・・人のことをネタにすると、自分もネタになってしまいますな・・

しかし・・このルート。

ただ単に走るだけなら、トレール車でも全然走れるんだけど、速く走ろうと思うと、

意外なほど難しい・・なんていう絶妙なルート設定なんだろう。

難易度は低いが、タイムを削ろうとすると、急に難易度が上がる・・そんな感じのルート。

実際、本人、目一杯頑張っても1分程度しかタイムが縮まない・・

うーむ、だからこそ、こんなに面白く感じるルートなんだなあ・・・・

そんなことを考えながら走ってると例の轍ポイントで、KINGクラスのナオトさんが

ずっぽりハマッテル!!

ありゃあ・・でっかいBMWのGSがカメの子になってるよ・・・

まったくすげえよ。GSで走ろうっていう心意気がすばらしい。

そして、感動のゴール!!

でも・・・なんていうかちょっぴり走り足りない感じ・・Bクラスは3周だもんで・・

4周でもよかったなかーーーなんて・・。


その後、あゆさん特製「讃岐うどん」を頂く。

とってもうめええええええええええええ。

焼肉もご馳走になる・・これまた・・うめえええええええええ・・・

しかし、あれだね。

チーム モトバレーゼさんの女性陣の多さといったら・・ハーレムじゃね??

ライダーである、フッキーさん、アヤさん、Mさんをはじめ、うどん係?のあゆさん、

隊長介護要員のまきさん、norikoさん、悪魔のムービーカメラマンのchimaさんに、

悪魔のフォトグラファーENDURODAYS管理人。
e0022736_11363595.jpg
e0022736_11364955.jpg

e0022736_11361224.jpg


いやはや、いいもんですなあ・・皆さん モトバレーゼのピットはお花の香りがしますよww


さて、その後、表彰式へ・・・

今回は安全第一で走ったから、順位なんかまったく関係ない!楽しく走れればそれでいい!と

自分に言い聞かせて走ったわけですが。

気がつけば、ついついテンションが上がり、全開走行ww

でも、順位はまったく期待してなかったのですが・・・

なんと、B-2クラスで2位!!そして一位は なんとhataさん!
e0022736_11371820.jpg


「うぎゃあああああ!またまたhataさんに負けた嗚呼嗚呼」

そして、表彰台に上ると・・いっせいにブーイングがwww

「なんで、Bクラスででてるんだよーー!ブーブー!!」

「なんだよBクラスで出てるのに、優勝できないのかよ~ブーブー!!」


・・・・・って・・表彰式でブーイングされてるのって、ワシぐらいじゃね??ww

てか皆さん、ニヤニヤしながらブーイングするのは止めてください(笑)

しかし・・・ネタ的にはとっても美味しい(笑)

これで、夕張XCでも2戦続けて2位、木古内でもクラス2位、恵庭でもクラス2位・・・と

まったく優勝経験が無いわけですがww

もっとも、これで優勝なんかしてたら、さらにひどいブーイングがwww

と、、、、その後、なんとタイム計測に若干の間違いがあったらしく・・


なんとワシ とうとう念願の クラス 1位!!という結果に!!!!!

うっひゃーーーー!やったよ!とうとう念願の1位だよ。1位!!。

嗚呼・・・長かった・・1位という名誉を受けるまで・・4年もかかってしまったよ・・

もっとも神様もにくい人だ。

ninjya、またしても2位!なんていう美味しいネタをあたえながら、あとで実は1位だった!なんて・・・


ともあれ、人生初のB2クラス一位!

ようやくこれで・・・心おきなく、魑魅魍魎が闊歩するAクラスへの挑戦権を得たような気がします。

はい!ninjya!これからはAクラスに挑戦いたします!!!・・・多分・・・


今回の恵庭エンデューロを開催する為に、甚大な努力と労力を払ってくださった

実行委員会の皆様、スタッフの皆様。

本当にありがとうございます。素晴らしい大会でした。来年も是非開催してください。

絶対に来年も参戦いたします。

あと快く場所を空けていただいた、モトバレーゼの皆様、チームSPEEDの皆様、ピット作業を

手伝っていただいた前Pさん、本当に、本当にありがとうございました。

PS 

恵庭エンデューロ実行委員会からのお願い。

来年もこの楽しい恵庭エンデューロを開催するためには、関係省庁の許可が

絶対となります。

しかし、レース期間以外で、この恵庭のルートを心無く走り回ったり、近隣住民や、

他の人から苦情が入ると、来年度以降の開催が難しくなってしまいます。

ですので、エンデューロを愛するライダーの皆様には、今回のルートの後走りや、

進入禁止エリアにおけるオフロード走行は自粛してくださいますようお願いいたします。

10年ぶりに復活した「恵庭エンデューロ」を存続させていくためにも、

皆様の理解とご協力を説にお願いいたします。

[PR]
by kawasaki_ninjya | 2008-09-18 10:56 | オートバイ
<< 恵庭エンデューロ 番外編 恵庭エンデューロ参戦記 前日編。 >>