(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


いつかのメイン
ガキの頃・・

鍵っ子だった私は、いつも最後まで公園に残って遊んでいた。

友達がどんどん帰っていってしまう中、

いつまでも、いつまでもブランコに乗っていた。

e0022736_19271283.jpg


ブランコは友達が居なくても、一人で遊べて都合が良かった。

自分の力を思いっきり出せば、高く、さらに高く上へ上がれるのも気持ちがよかった。

「自分が頑張ればもっと高く登れる」



そんなガキも、今ではすっかり中年になった。

日々、仕事に追われ、ノルマに追われ、人間関係に追われ。

そんな中、オフロードバイクと出会い、そしてエンデューロレースに夢中になった。

あのとき、ブランコを力いっぱい漕いでいた少年が心によみがえる。

「自分が頑張ればもっと高く登れる」

e0022736_19304217.jpg


一つでも高い上へ・・・・

しかし、一生懸命頑張って、ようやく一つ上に上がってみると・・

素晴らしい景色どころか、さらにその上があるのだと思い知らされる。

「俺には・・無理だ・・・」

レース中に追い抜かれて、あっという間に見えなくなってしまった背中に向かって

叫んでしまった。

「俺には・・無理だ・・・」

しかし・・・レースが終了して時間が経つに連れてつれて・・・・

少しずつ、少しずつ、負けん気が頭をもたげて来る。

「まだ、自分の限界を見限りたくねえ・・・」

自分はこんなもんだ・・と、自分自身に見切りをつけたくない。

幾度となく、見切りをつけてきた。

「勉強の成績なんて、こんなもんだ」

「自分が入れる学校なんて、こんなもんだ」

「自分が働ける会社なんて、こんなもんだ。」


自分の才能や、資質を見限るたびに、もう一人の自分が猛烈に反発する。

「俺は!俺はまだやれるはずだ!」と。

大好きな事まで見限ってしまいたくない。

まだ、もう少し信じていたい。

「俺は、まだやれるはずだ!」と。


来年から、一段上で挑戦します。

たとえ、最初はビリだろうとも、

「いつかは、上に、一番てっぺんに立ってやる!」という想いをたぎらせながら。

まだまだ、負けるわけにはいかない。自分自身に。

e0022736_19393443.jpg

[PR]
by kawasaki_ninjya | 2008-09-30 19:39 | だらだら日記
<< 日高 エクストリームテスト! Hidaka 2Days En... >>