(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


サバイバルED大会
9月11日 晴れ AM8:00 桂岡

朝からの好天に恵まれ、気分は上々だった。
セロー乗りのSさんからは「プチっとアタックツーリング行きましょう」と
非常に気負いのないメールで、すっかり気分は「林道ツーリング」だった。
まさか、これが地獄のサバイバルEDになるとは・・・・

今回初参戦のハスク乗りのSさんも交えトラ乗りのYさん、セロー乗りのSさん
ワシの4名でのスタート。

e0022736_9114255.jpg


今回はセロ乗りのSさんがハスクできたもんだから、ほらみてみて!
まるでEDレース会場のようでしょ?
ハスク2台も並んで・・・。
ここでちょっとしたアクシデント!。
なんとこの獣道に黒い車がはしってきた。
思わず「おおお、くるまだ!」といった発言が「おおお、熊だ!」に聞こえちゃって
一同急にすばやいマッハな動きに・・とくにトラ乗りのYさん。
見事な反射神経でした。

そんなこんなで気を取り直して出発。
んが!ハスク乗りのSさん 速い速い!ついていけねー
こんなスピードは、アリババの鬼速の人たち以来だ!
「どどどど、どこがプチツーリングやねん!」と心で叫び、
暴れるバイクを押さえるのに必死でした。

e0022736_9141255.jpg

e0022736_9143444.jpg


いつもの休憩ポイントではハスク乗りのSさんが余裕の待ち構え!。
「このオクにもルートありますよ~」と笑顔でおっしゃる。
もうね、この時点で、結構腕が上がっていたのは内緒だ。

ここからはなかなかのアタックぶり。

見てこれ!

e0022736_918304.jpg


この倒木した木の根元を走るんですよ。
しかも下がボッコリ穴開いてるし、せめーし、ハンドル当たるし。。。。
ひーひーいいながらようやく通過。
その後も新ルートを探索するも、倒木の被害でアウト・・。

e0022736_9244950.jpg

本当にチェンソーが欲しくなってしまった。

やむなく北電鉄等ルートを激走。

e0022736_9241187.jpg


んで、ちょっと小休止。この後襲う悲劇をまだ誰も予想していない・・

再スタート後、セロー乗りのSさん、痛恨の転倒!
道路わきの溝に消えていった・・・。
うわーやべー!と思ってたら、何事も無かったように出発。
いやー、Sさん強いよ、すごいよSさん。

さらに行った先で先頭を走るハスク乗りのSさん突然のスピードダウン。
なんかエンジンがモーモー言ってるし。

e0022736_9364045.jpg


「プラグですね」といいながらさくさくっとプラグ交換していた。
うーん、なんとも慣れた手つきだなあ。

その後張碓周りで戻ってきた。
まだ時間も早いこともあり、ふと「激坂のぼり」をしようという話になってきた。
これが、あの地獄の始まりだった。

前日の雨でヌタがさらに酷く、あがっていかない。
ワシのKDXもなんとオーバーヒート!
クーラントが吹きこぼれたー。
ひーひー言ってようやく鉄塔下に到達。

e0022736_9402478.jpg


そう、ここは以前ワシが玉砕した「魔の鉄塔下」なのである。

ここでトラ乗りのYさんに「トライアルの練習コースみたいで最高でし!」
と悪魔のささやきして、すっかりその気にさせる。
セロー乗りのSさんは「変な気が起きないように」とバイクを遠く離れた
場所に止めてるし。
しかし!「んじゃちょっと行ってくるわ」と軽快に鉄塔下を下っていった。
んで、アタック開始!

e0022736_9425555.jpg

e0022736_943560.jpg


なんと、Yさん!あっさり何事もなかったのように一発クリアー!!
スゲーゼYさん、やるぜYさん!。
ホントにね、ひょいひょいとなんでもないようにクリアしちゃったんですよ。
ワシがあんだけ玉砕したのに。
しかも登ってきての一言「いやーいい練習になるね~」とさわやかに語った。
この一言に うっかり乗せられた 触発されたハスク乗りのSさん。
いやね、この時点ではYさんのあまりのクリアー振りについつい「ひょっとしたら
ワシでもいけるんではないか?」と頭をよぎったくらい安楽なムードが漂っていた。

が! 鉄塔下は突然その姿を変貌させ、牙をむき出しにした
降りていったSさん。激しい高回転の音はするが上がってこない。
心配して,Yさんが降りていった。
この時点ではまだ上では安楽ムードだったのだが・・・。
またまたハスクの悲鳴のような高回転が山々にこだまする。
上で待機していた我々の空気がだんだん緊張してきた頃・・
「かっちゃーん!Oさーん」とハスクのエンジン音に負けないくらいの怒号が
こだましてくる。
その瞬間「やべえ、あがらないんだ」と思った。
すぐさま救助に向かった先には・・・
e0022736_9522297.jpg

なんとSさんがダウンしている~!
まさしく、前にワシがダウンしたときと同じ状況である。
が、4人のパワーを結集し、少しずつあげていく。

e0022736_9553810.jpg


あからさまにSさん体力を極限まで奪われ、ダウン寸前である。

e0022736_9562286.jpg


ここから運転をワシが変わりさらに引き上げていく。
しかし、ここでさらに驚きがあった。
クラッチは切れているのに、グイグイ登っていくのだ!!「えええええ何で?」
と後ろを見ると、Yさんが猛烈な押しを繰り広げている。
すーげー、なんだこのパワー!!と感動している間に、やっと頂上到着。
登りきって、Sさん文字通り ダウン!

e0022736_9593159.jpg


この鉄塔下はいったん牙をむくと、ライダーの肉体も精神もぼろぼろにしてしまう。
本当にトラウマになるくらいなのである。
Sさんは起き上がって「もうおりねえ!!」といってたが・・。
いやいや、Sさん今度は朝一発目にきましょう。
体力が有り余っているうちに。
この鉄塔下をクリアすることができたら、もうきっと怖いものなしになる。
どんなコースでも「あの鉄塔下にくらべたら楽勝!」と思えるのではないか?
現にワシがそうなのである。

が、ワシもまだクリアーしていない。
さあ、Sさん!これでSさんも一緒にリベンジを誓った一人である。
いつの日にかこの「鉄塔下」をクリアーして、がっしり!と握手をしましょう。
男と男の固い握手を・・・。



すばらしき、EDレーサー達。すばらしきアタッカー達。
このすばらしい仲間とともに、「まだ見ぬ場所」へあくなきアタックは続くのである。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2005-09-12 10:08 | オートバイ
<< 戦国武将 アタックとは >>