(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
最新のコメント
れっどさん>多分、それが..
by kawasaki_ninjya at 10:01
うわぁ、やっちゃいました..
by れっどしふと at 10:43
れっどさん>ほんとに、レ..
by kawasaki_ninjya at 09:06
切腹さん>そーですww藤..
by kawasaki_ninjya at 09:05
ブランクあってもいきなり..
by れっどしふと at 17:00
日曜、藤井さんに電話した..
by 切腹女子高生 at 13:00
ホンマやぁ~良かった~
by カナオカ at 07:00
生きてたんだぁ~
by コーチ! at 22:40
あとむさん>写真あざーー..
by kawasaki_ninjya at 13:12
怪我ネタは面白いんですが..
by 宮城@ナベ at 00:15
>エンジンはオイル無で焼..
by 謎 at 21:08
おひさしぶりです! H..
by あとむ at 13:57
2006-05-17 1..
by 金岡だぉ。 at 12:42
トライアルもいいですねw..
by 切腹女子高生 at 09:43
鋼っち>お薬?ヤバイ系お..
by kawasaki_ninjya at 11:58
コーチ>できることの精度..
by kawasaki_ninjya at 11:58
カリスマコーチ・キタ━━..
by 鋼deth at 12:40
出来ないことは出来ないか..
by コーチ at 13:02
GO君>本当に、これだけ..
by kawasaki_ninjya at 14:07
鋼っち>いやいや、目が怖..
by kawasaki_ninjya at 14:05
以前の記事
お気に入りブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧
紅葉
いつもは、林道?獣道?をアタックしながら走っているけど、
たまには、のんびり、紅葉を見ながら走ってみようかな
e0022736_1126565.jpg

7-11でお弁当でもかって、コーヒーを入れれるように
バーナーももって。
山の奥にトコトコはしってみようかな?
e0022736_11261931.jpg

スピードを求めるだけでなく、そういう楽しみ方もあるよね。
どうですかね~、みなさん。
ちょっと長い林道(支笏湖、洞爺、当別)あたりの林道に
ピクニック気分でのんびり走りにいきませんか?
トコトコと・・・。
e0022736_11263329.jpg

山の奥地で紅葉を見ながら、バーナーを持っていくんで、
コーヒーでも飲みましょ・・。
一般道と林道を織り交ぜながらツーリングってのもいいかな・・と
思えばのんびり走ってないなあ・・と。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2005-09-30 11:25 | 林道 | Comments(3)
シーズンOFF中に
北海道ライダーなら、裂けて通れないのが、
冬眠期間。
せっかく山から雪が無くなってキターーーー!と
おもったらすぐに雪が降ってキターーーーーという事に。
まあ、腐っていてもしょうがないから、シーズンの間に
がんばってくれた愛車のメンテナンスをじっくりやることに
しましょう。
e0022736_1028630.jpg


まあ、2ストの腰上オーバーホールならたいして難しいことはない。
e0022736_10281945.jpg

4ストのようにヘッド周りにカムやら、バルブやらは無いわけで・・
e0022736_10283374.jpg

パカーンとヘッドを開けて、スコーンとシリンダをはずし、
e0022736_10284588.jpg

ピコーンとピストンを抜いて、カコーンとリングを外し、
e0022736_10285853.jpg

後はごしごしごしと綺麗にして、消耗品はとっかえて、
e0022736_102917100.jpg

また元通りに組みなおすだけである。
e0022736_10293192.jpg

ついでにキャブレターなんぞも、ばらばらにして、キャブクリーナに
どぶ付けして、一日放置後、また組みなおせばさらにいい。
まあ、腰下までやるとなるとそうは行かないんだけどね・・
さすがに、クランクベアリングをとっかえるとなると、
クランクケース割らないといかんし、いろいろ特殊工具も必要になってくる。
DTでクランクサイドベアリングシールを交換するときでさえ、
何点か特殊工具を購入&自作しましたもん。
KDXの場合、KIPSなる排気バルブをマメに掃除せよ!!
というのが常識らしいし。
これを怠ると、排気バルブ自体が固着して、最悪、ロッドがあばれてシリンダー
がずたずたに・・・という恐ろしい結果が待っているのである。

さあさあ、みなさん。メンテナンスをしっかりやりましょ~。

PS 特にハスク乗りのダブルSさん!!外車はメンテナンスサイクル 
   が短いですから冬の間に少なくても、腰上オーバーホールは
   やらないと駄目ですよ~。
   今から、ヘッドガスケット、ベースガスケット、ピストンリング(ピストンも?)
   排気バルブ周りのシール、ガスケットを注文しときましょう。
   
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2005-09-28 10:42 | バイク整備 | Comments(3)
とうとう・・・・・
先日のアリババEDのあとがき・・。
モウレツ果敢なるアタックの末、全身汗だくになったわけである。
もう、ヘルメットなんかもびしょびしょ・・・。
ハスクのSさんがふと「なんか臭いな~」と言ったことが
発端になり、ふと、脱いだヘルメットをにおってみた。
「キク-------------------!!!!!!!」
完全に今までにありえない臭いである。
なんていうか、懐かしい・・というか、物悲しい・・・というか。
そう、それは「親父臭」 別名「加齢臭

んで、気になったんで調べてみた・・・
以下、完全にコピペです。

中高年のおじさんたちは「くさい」と誰かにいわれ始めてその現実
に気がつきますが、それまで自分で「くさい」と感じたことは少ない
はずです。しかしこれが歳を取った証拠として、体の変化を相手に
感じさせるシグナルになっているようで、そのとき初めて年齢の兆し
を知るおじさんが多いです。

これは一種の生理現象で、自然の成り行きです。

年齢を重ねた人は、若いときの肉体細胞がいつの間にか変化し、
外分泌腺ことに汗腺や皮脂腺から出る体液も、若いときのものと
は違ってきてます。

若いときの排泄分泌物は、代謝してより新しいものに入れ替わり、
成長を裏つける生理現象ですが、中年過ぎた人たちはちょっと違
います。
老廃物の分泌物が捨て場として分泌腺を伝わって肌の表面にに
じみ出るのです。

それが「親父の臭い、加齢臭」の原因です。

「親父臭い」とか「おじさんの臭い」といわれますけど、「加齢臭」は
男性だけのものではなく、高年令の女性にも同じよう特有なにおい
があります。

ただ女性が目立たないのは、体の清潔に気を付けたり、化粧の香料
などでカバーしてるからともいえます。

この臭いの物質の正体を「ノネナール」といいます。この臭い物質は
男性女性問わず同じよう皮膚から発散されています。

「ノネナール」は、汗腺のそばにある皮脂腺から出る脂肪酸が、酸化し
たり、あるいは皮膚表面のバクテリアによって醗酵で出来る物質で、
不飽和アルデヒドです。 アルデヒドといえば、アルコールを分解するア
セトアルデヒドもその仲間で、二日酔いの翌日、酒臭さを発散させるの
もこの手の類です。この不飽和アルデヒドにはオクテナール、ヘキ
セナール、ノネナールという物質がありますが、体臭を感じさせるのは
ノネナールが強いようです。

そこで、歳をとると何故ノネナールが増えるのかが問題になります。

第一の原因は脂肪酸(バルミトオレイン酸)の増加と脂肪酸の組成変化
があり、さらに酸化されやすくなったからです。

前にも述べましたが、私達の皮膚表面には、外分泌腺として皮脂腺が
あります。この皮脂腺を通して脂肪が皮膚表面に滲み出し、皮膚の
あぶらっけとして艶を出しますが、この中に脂肪酸も含まれ、
これが酸化すると過酸化脂質になり臭いの元になります。

私達は年齢と共に、酸化に対する抑制力が低下します。
そのスタートが40歳ごろからです。

即ち「活性酸素」に対する抑制力が弱くなるのです。
その結果脂肪酸の分解、脂肪の過酸化を防ぐ力が弱いため、
皮膚に悪臭の原因ノネナールを発生させてしまうのです。

ことに男性のほうが、活性酸素に弱く、それが40歳代からの
「おじさんはくさい」に繋がりますが、同じ年齢の女性はノネナールの
発生が少なく、おじさん臭い体臭はあまり感じません。

理由は女性ホルモンとの関係です。40歳代の女性はまだ閉経前で
、体の調整が女性ホルモンによって左右されています。
言い換えると体がホルモンによって守られています。
ことに酸化に対する抑止力も男性より強いです。
全て子孫を残すため、体の条件がそのように出来ているのです。

しかし更年期を過ぎ、閉経後は男性と同じ条件になりますので、
高年齢の女性も本質的に「加齢臭」を出してます、念のため。
ただしいつまでも若々しく、女性ホルモンを持ち続けている人は
その限りではありません。

私は女性は歳をとらずに、いつまでも美しくいてほしいと願う一人です。
それが多くの男性の望みでしょう。そんな発想から「女性のため、
美しくなる健康食品」を開発して市場に出しました。
http://www.pic-bio.co.jp/es/]

この商品の植物性の女性ホルモンがいつまでも美しさを保ち、
親父臭さをなくしてくれることを期待してです。同じよう「抗酸化
力を強調し、血行と臓器の不全対策に開発した健食」も抗酸化
力としては健康食品中一番と思いますので、酸化による体臭防
止にはなるでしょう。

さて「親父臭さ」「加齢臭」をなくすのは如何したらよいでしょう。

まず活性酸素対策は大事です。野菜類に多く含まれるポリフェノール
抗酸化食品の摂取と、脂肪過多の食事、タンパク質偏食に気をつける
、アルコールの飲みすぎなどに注意が要るでしょう。ことにタバコは活
性酸素そのものを作ります、加齢臭だけでなく体を破壊します。
さらにヤニ臭さは、親父臭さのなかの代表にもなります。

さらにストレス、不規則な生活、激しい運動、強い日光なども、
活性酸素を作ります。

最も大切なのは、やはり清潔な生活でしょう。ことに皮膚表面の汚れ
や過多な脂肪分は、石鹸などで洗い落とし、さっぱりしましょう。
汗をかく暑い夏などはこまめに下着を変えて、常在菌が繁殖するの
を防ぐことも大切です。

汗を直接吸収する木綿の下着を着たほうが、肌に直接ワイシャツ、
ネクタイというより、においの対策にはなるでしょうし、
下着を替えるほうが経済的で便利です。

ことに体を動かす労働に従事してる人は、下着着用を勧めます。
仕事が終わって一段落したら、下着だけを変えてさっぱりすると、
体の悪臭も減ります。

人が嫌がる臭いを、仕方ないだろうと開き直るのもいいでしょうが
、ここは多くの人の迷惑になるのなら、臭いの出ないように努力
するのも、生きていく条件のようです。

ところで「加齢臭」は人間歳を重ね、老いて行く宿命が作るもので、
強弱の相違はありますが、誰でも持っているものです。
その臭いを不潔と感じるか、親しみやすいと感じるかはその人の
感性です。

遠い昔をしのんで「おじいさんの臭いが懐かしい」と話してくれた
若いお嬢さんもいました。

私も若いとき、年とった父親と一緒に、農作業をやりながら嗅いだ
父親のあの臭いが、今懐かしく思える歳になりました。

ということなんですが、、、、
40前にしてすでに、この兆しがあるなんて・・
なんてナイスミドルなワシ・・・・
しかし、世の男性諸君よ!けっして負けることなく、
この臭いを振りかざしていきようではないか!

e0022736_14371021.jpg


PS しかし、こっそり殺菌力の高い石鹸で洗っているのは秘密だ・・・・
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2005-09-27 14:39 | だらだら日記 | Comments(0)
アリババ主催 地獄のEDツアー
セロー乗りのSさんより
アリババさんで山行くみたいだけど行かない?
とさらっと誘われ、これまたさらっと「行きます」と
言ったんですが・・・・そうなんです。
このアリババの人たちと走りに行ってまともにすむはずが無い。
前回はそのあまりの壮絶さに、途中でリタイヤしてすごすご
帰ってきたワシなのです。
しかし、不覚にも「今回は違うぜ!マシンも変えた!タイヤもEDタイヤだ(減ってるけど)
なんとかいけるのでは!!」と思ってしまったのだった
しかし、そんな気分は集合時点でふっとんだ。。。
だって!見てみてこれ!!
e0022736_12525515.jpg

e0022736_1253470.jpg

e0022736_1253124.jpg

e0022736_1253196.jpg

もうこの時点でまるでED会場のようだ!
トレールバイクになんぞ乗っている(しかも10年前のマシン)ボンクラは
ワシしかいないではないか~!!
周りの話を聞いてると、3年前のバリバリのレーサーWR250Fですら
古い古いといわれているし・・・。
まったくね、本当に場違いの場に来てしまったと痛感・・・・
気を取り直して出発!
案の定ついていけるわけも無く、しかも、またまたコーナーでパンペーら乗りさんに
ぶっちぎられ・・・ほうほうのていで、「へたくそを待ってやるぞ」ポイントまでたどり着いた。
当然、皆さんは余裕でしかも、タバコ吸ってるし・・
e0022736_12593915.jpg

e0022736_12594642.jpg


んが、しかし、この後トラブル発生!
CRF乗りさんのリアタイヤがブレーク!!
が、備えあれば憂いなし。
ワシの持っていたパンク修理セットと、やさしい仲間たちの
協力であっという間に修理完了。
e0022736_1312813.jpg

e0022736_1313989.jpg


このあと、とうとうやってきました。
地獄が・・・・・・。
アリババ社長の「大丈夫!いけるいける」の声とともに
行って見ると・・想像を絶する下り斜面。
e0022736_1361527.jpg

見てよこれ!いけるかーーーー!
しかも、先方を走っていたスーパーエキスパートクラスの
CRFのMさんが転落してる!!!(転倒じゃないですよ、転落です)
e0022736_1342071.jpg

e0022736_1343178.jpg

みんなで力を合わせてロープで引っ張り上げる・・・
e0022736_134578.jpg


この時点でMさん大分体力を奪われ続けて転倒・・・・
e0022736_1354193.jpg

e0022736_135503.jpg


ワシも覚悟を決めて一気に下る!
奇跡的に一発で降りることができた!
ああああ、怖かったよう・・・ガクガクブルブル・・・・・

んで、第二段!
今度は激沢登り!
おかしいでしょ?この人たち。
歩いてでもようやっとのところをバイクでいくんですよ!
e0022736_13125654.jpg

e0022736_13131779.jpg

e0022736_13132861.jpg

e0022736_13133785.jpg

e0022736_13134443.jpg

e0022736_13135759.jpg


ワシも、アタックしましたよ。
もうぎゃんぎゃんアクセル回して、足びしょびしょにしながら
なんとかクリア・・・・した先もずっとモウレツハードなガレの連続・・
そして巨大な横倒しの木をクリアー(ワシはパンペーラ乗りさんが
作ってくれた迂回路を通りました。あははは。)
した先に決定的な倒木!!
「これはもう無理だな・・・」と思ってたらなんと社長「超えていける行ける!」
とまたまた、鬼の一声。
「無理だよ~」と思ってたらホントに超えちまいやんの!
e0022736_13181531.jpg

e0022736_13182455.jpg


ホントにね・・マジでこの人たち頭おかしい・・・ぶっ飛んでいますよ・・・。
これがスーパーエキスパートの人たちかあ・・と痛感。
e0022736_13195922.jpg

皆さんに手伝ってもらい私も何とか超えました。

しかし!その先は・・スーパーエキスパートの人たちでさえ断念せざるを得ない
状況・・・・・
e0022736_13205277.jpg

急遽ルートを変更する。

これが今回最大の地獄を見ることになろうとは・・・・・

はい、きましたよ、激坂下り。しかも、斜めの崖の斜面ですよ。
もうね、おちたら終りですよ、これ。
e0022736_13212288.jpg

ここは一台一台慎重にみんなで手伝いながらバイクを下ろしました。
んが、ずーっと続くんですよ。この下りが、、、、、
下りながら、激カーブになってまして・・・・。
当然バイクを降りて、押しながら慎重におろしてたんですが。。。
やっちゃいました、ワシ・・・
滑落しちゃいました。
写真に無いのが残念なくらい・・・。
バイクの下敷きになり、腹部を強打!
久々に息もできない状況・・・・皆さんに助けてもらい何とか降りようとした瞬間、
またまた滑落・・・。
今度は木にひっかかり、下まで落ちないですんだけど、、
もうね、ぼろぼろですよ。この時点で。。。。
ようやくまともな林道が見えてきた頃・・・
今度は激坂登り!!!!!!!!!!!!!!!!!
e0022736_13264639.jpg

もうね、やけくそですよ、やけくそ!
「どうにでもなれ~!」と気合一発!
当然玉砕!皆さんにひっぱり上げてもらいました。
んで、あがりきって最後の体力を振り絞り・・一枚・。
e0022736_13282099.jpg


この後、、まだまだ、続くんですが。。。今日はこのへんで・・・
というか、もう写真撮ってないんですう・・・撮る余裕すらなかった・・・・。

ホントにトレールバイクでなくて、レーサーが欲しくなってきた。
CRFのMさんマジックにかかっております。
また、うまいんだMさん。
「いやー、Oさんさ~、KDXでなくて、レーサーだったらもっともっと
はしれるよ~。だって腕は中々あるしさ~」とか言うんですよ。
スーパーエキスパートの人に言われるとついついその気に
なっちゃうでないすか!
はあ・・・欲しいなあ・・・レーサー・・・・。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2005-09-26 13:30 | オートバイ | Comments(9)
道南エンデューロ
グリーンピア大沼で開催される 道南エンデューロ

このレースにお誘いがあった。
セロー乗りのSさん。ハスク乗りのSさん。
この両名は出る気満々である。
んで、ワシも出たい!思いっきり肉離れを起こしたい。
とおもってネットでいろいろ検索してみた。

んで、行き当たったのが 「北狐 函館」さんのHP

これが面白い。
というか、画像を見て恐ろしくなってきた。

だって、みてみてこれ (勝手に写真使ってごめんなさい)

スタートの混雑風景
e0022736_9121133.jpg


砂の下り 転倒者続出だそうです。
e0022736_9122890.jpg


道路にのった砂が転倒を誘発しる!
e0022736_9124263.jpg


川渡りの犠牲者続出!
e0022736_9125553.jpg


ヌタののぼりで力尽きる人も・・
e0022736_913798.jpg


軽いはずのハスクも周回が進むと重く感じる・・
e0022736_9131898.jpg


ちょっと見ただけでなんとハードなことか・・。
レース初心者で出ていいのか??
んでも、自分の体力の極限を見たい・・(マゾ?)

という訳でW-Sさ~ん!一緒にでましょ~!
コースで待ったり走りを炸裂させましょ~。
スーパーエキスパートの人たちの障害物となり、レースを盛り上げましょう!

PS 北狐 函館の皆様、写真勝手に使ってごめんなさい。
   でも、EDのすばらしさを伝えるためですので許してください。。。。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2005-09-22 09:21 | オートバイ | Comments(3)
ライダー魂
今日朝すんごいおっちゃんを見た。
白いヘルメットもまぶしいライダー魂ムンムンである。

その、使い古された愛車とともに、資源回収の仕事に
いそしんでいた。


e0022736_8551982.jpg


っていうか、おっちゃ~ん!
自転車でヘルメットかーい!
やるぜおっちゃん。すげーよおっちゃん。
あんたこそ、本物のライダーだ。
ライダーたるもの、どんなときでもヘルメットはかぶっていなきゃね。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2005-09-22 08:56 | だらだら日記 | Comments(1)
地価高騰
今朝の社長のありがたい話・・

「え~、今ね、東京ではバブル期並みの地価高騰を
見せてますが、やはり、景気は上向き方向にね、進むと
言うことで、えー、札幌の地価も徐々に上がってきている
という事を踏まえてですね・・」

という珍しく社会的な話である。
んで、札幌も景気回復に向けて、当社としての
方針演説か!と期待した次の瞬間・・・

「まあ、というわけで静観しましょ!!」

社員全員

e0022736_11143863.jpg


ですよ。。。。。。。全く!
静観するのかよ!!
頼むから、社長らしい話をぷりーず!
はあ・・まだまだウチの会社の改革は遠いなあ・・・。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2005-09-21 11:16 | だらだら日記 | Comments(0)
スペース確保!!
ふとしたことから、次期ニューウエポンの購入が
大分具体化してきた。
お師匠様より、いつでも取りに来い!という暖かいお言葉
を間に受けて、もうすっかり導入気分満々である。

んが!しかし、ここで大問題発生!!

次期ウエポンはいいのだが、収納するスペースが無い!!

本邦初公開!
ワシの秘密基地!

e0022736_9354630.jpg

e0022736_936668.jpg


うわー恥ずかしい。
もうすでにぎゅうぎゅうなんですよ(泣)

e0022736_937473.jpg


反対側もこの有様・・

e0022736_9373881.jpg


この状態でさらにニューウエポンの収まる場所は。。。無い・・・
すっかりオフロードにはまっている私。
オンのマシンはほとんど休眠状態・・・。
少し処分したほうがいいのかしら。。。
後先考えず、ニューウエポンをお迎えすると、
場所的に苦しい・・というか アフターカーニバルになってしまう。。
こうなったら、愛車を外に出して、ここもバイクスペースにするか・・・

e0022736_940010.jpg


ううう・・愛車が恨めしそうにみてる・・・
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2005-09-21 09:40 | だらだら日記 | Comments(3)
夜の林道
みなさまは夜の林道に行ったことがあるだろうか?
そこは昼間の林道とは違い、、まるで森に住むもの
以外を拒絶するかのような、たたずまいである

ついつい、こらえきれずに夜にいってしまった。

e0022736_8585060.jpg


夜の道東スーパー林道

はっきり言おう。
夜の林道に入ってはいけない。
夜は野生動物の聖域である。
人間が入ってはいけない。
実際、この看板より入ってすぐに 鹿が数頭林道を横断し、こちらの
様子を探っているかのようだ。。。
おそらく昼間に見ればなんでもない沼地すら、おどろおどろしい
風景になっていた。
いつ危険動物と遭遇してもおかしくない状況である。
入林地点から数キロ行った地点で「引き返す」という英断を下した。
決して、ビビッて戻ったわけではない。・・・と思う。
いやいや、進入を阻むなにかがあったのだ。
「入ってはいけない。。夜は。。」
そんな森の声が聞こえたのである。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2005-09-20 09:25 | 林道 | Comments(9)
すんごいの・・
みっけてしまった。
これみなさんなんだと思います?
e0022736_11253714.jpg


「んだよ、そんなん鍋焼きうどんでねーかー!」

今、そう思ったあなた!あなたはまだまだ世の中には知らない
事が沢山ありますよ~。

これは、なんと 「プリン」 なんです。

e0022736_1128310.jpg


ほらほらほら、見てみてこれ!
いやーきしょい!きしょい!

こんなもの考える人がいるんですねえ・・
まだまだ世の中すてたもんじゃないな・・



ちなみにこれを取り分けたら、


e0022736_11281038.jpg



はい、単なる ゲロ グロです。はい。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2005-09-16 11:30 | だらだら日記 | Comments(6)