(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 04月 ( 53 )   > この月の画像一覧
ううううう・・・・
いかん・・木古内に向けてトレーニングを開始しようと思っているのだが・・・
ちょっと腕立てや、ランニングをしただけで各部が痛い・・・
んで、すかさずダウン・・。
e0022736_11511765.jpg


んで次の日にはすっかりもとの木阿弥・・・・
e0022736_1152350.jpg


ううう、三日坊主どころか一日坊主でないか・・・
いかんいかん、こんなことでは。
オノレを叱咤して、がんばるぞーーーー。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-04-19 11:56 | だらだら日記
これからの日本
日本経済は急速な変化を遂げている。
多数の資料からも、おそらくは2007年から、海外の投資グループによる
日本企業の買収が激化する事は容易にわかる。
さらに、海外の国々に目を向ければ、突出した中国の変貌、中東での争い、
フランスでの混乱、アメリカでの混乱。
各国がある一点を目指して急速に動いている。

「経済至上主義の崩壊」である。

己が国の経済復興を急速にとげるが為に、世界的な非難も無視して、
無理な成長と遂げようとしてる中国、インド。
危機的な経済破綻から、その原因をも省みず、元の経済的復興を目指して、
さらに無理を重ねているロシア。
残り少ない地球の化石燃料資源の独占を目論んで、無理な戦争を
引き起こしているアメリカ。
経済至上主義の観点から、一部の資産化を守ろうとする悪政を始めた
フランス。
そして、それらの唯物主義、個人主義が唯一正しい物として
破綻への道へ押し進んでいる わが国「日本」

いずれも、ここへ来て、急速な動きを見せている。
そう、あたかも古い電球が切れる間際に見せる閃光のように。

経済至上主義は一部の特権階級を作り、多くの民を「金」の奴隷に
仕立て上げ、唯物主義を押し上げた。
結果、人間の本質は見失われ「金」だけが唯一絶対の物と成り果ててしまった。

戦争という巨大産業システムを利用する一部の特権階級の人間は、
意図的に経済破綻を作り、貧困を作り、不満や怒りや、飢えを作り出し、
わずかな金で民を操り、戦地へ送り出す。
間違った「栄光」や「誇り」や「信念」を意図的に作り上げた
教育で植え付けて。

世界的な一部の特権階級の人間にとって、日本は脅威であった。
なぜなら、我々日本人は「協調・調和」を大事にする国で
あったからだ。
なかでも武士道という思想は、金や、物という物質的なものには
踊らされず、「己が信念」に基づくものであった。
「己が信念」には自己犠牲の精神が常にあるのだ。
大儀のためには、己が命をも差し出す。
この精神は西洋諸国の宗教の根幹にもなっている思想である。
一部の特権階級にとって、この思想こそ脅威であり、また唯一彼らを
駆逐する武器でもあるのだ。
彼らの武器は「富」であり、「物質」である。
いや、正確に言うと、これらを欲する人間の「欲望」こそが武器である。
これらに踊らされず、真理を突きつけるもの、真理を説くものこそが
彼らの脅威であり、また駆逐すべき物となるのだ。
よって今後日本への徹底的な破壊、精神的な破壊はより一層激しいものと
なるだろう。

物質的に他に類を見ないくらい豊かに与え、それを通常化し、いきなり
それを奪う。
そして、心を売り渡すことを、奴隷となることを条件に、ほんの少し
また物質を与える。
この戦術でいかに多くの国が彼らの奴隷となったのだろう。
そして、物質文明に染まりきった我々現代の日本人もひとたまりもないだろう。
物質の為に、己が心も精神もすべて差し出してしまうだろう。

今後過酷な破綻に打ち勝つためには、一つしか道は無いのではないだろうか。
拝金主義・唯物主義を捨て、和を尊び、協調・調和を第一とし、自己犠牲
溢れる日本人としての精神を取り戻す事。
そしてその先にある「真理」を見つめる事。
経済破綻を恐れてはならない。
新しい世界を作る為には、古い世界を壊す必要があるからだ。
経済的破綻の末に、我々日本人が何を想い、どう行動するのか。
それが、これからの来るべき世界を左右するだろう。

まず、我々が、金や、物以上の価値を強く持つ必要がある。
他人をおもいやる気持ちを、人の為に尽くす喜びを、自然と
一体になる喜びを、一人ひとりが思い出す必要がある。
善行に大きい、小さいは関係ない。できることからでいいのだ。
誰かに心から「ありがとう」と言われたときの嬉しさを
思い出せばよいのだ。
善行をしたときの、「自らの充実感」を思い出せばいいのだ。
誰かに強要されることではない。自らの心から溢れる事を素直に従って、
行動する事で、我々は大きく変わっていけるだろう。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-04-19 11:50 | まじめなお話
手稲山特訓!
普段から、基本的には体を使わない仕事をしているワシ。
ゆえに、エンデューロレースになると、てきめん体力不足で
オエオエやってしまう。
今年は木古内に向けてランニングをやらねば!と思っていたが・・・
なんと「アリババ」内で手稲山特訓があるとか・・。
「うーむ、バイクで特訓か?」と思ったら大間違い。
なんと、銭函にある「アリババ」から、手稲山山頂ロープウエイ駅までチャリで
一気に登る地獄の特訓だそうな・・・
「ええええぇぇぇぇぇぇぇぇ!て、ていねやまって・・・」
そう、札幌市手稲区にある、手稲山。
e0022736_12342610.jpg

標高1023.7mの山だ。
ここは有名なワインディングロードがあり、昔は沢山の車や、バイクが走りまくって
いた所だ。(公道での危険行為はやめましょう)
また夜には有名なデートスポットでもあり、札幌の夜景が見える絶好のポイントだ。

しかし、そこへ、自転車で一気に上る?えぇぇぇぇぇぇ。
しかも前にもその地獄特訓をやっていたそうな・・
無謀だ・・・いや、その無謀な特訓をやらないとエンデューロで戦う体力は
付かないのかも知れない。
ようし、こうなったらワシも参加しよう!ワシのスペシャルマシーンで!
みよ!ワシのスペシャルマシーンを!!
e0022736_12355948.jpg


はい、すんまへん。。。。普通のママチャリです。。。はい。
これで参戦いたします。。いえいえ、決してふざけている訳ではないです。
ただ、もう一つの折りたたみチャリに比べれば、多少は・・・。
ママチャリこそ最強の乗り物なのです。この機能美!この耐久性!。
しかも、ウイリー練習をするときに役立つ安全バー装備(スタンドとも言う)!
ママチャリマスターとしては、このチャリで参戦するのは当然の事。
なにせ、このママチャリで旭川~札幌間を走破したですから!!
よっしゃああ!やるぜえ!!!

PS ダレカ・・ヤスクMTBヲユズッテクダサイ・・・・オネガイシマス・・シンジャイマス・・・・
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-04-18 12:40 | だらだら日記
STDE 木古内申し込み用紙キターーー!!
アリババブログで、T島さんや、社長には「申し込み用紙来たよ~」と
アップされていた。
しかも土曜日に来たとのこと。。

月曜日時点でまだワシのところには来ていなかったんで、すっかり落選したと
落ち込んでいた。
「うーん、やっぱり、初心者なんかで恐れ多くも出走したいなんて無理だったのか?」
とグジュグジュいじけていた。
e0022736_1022491.jpg

ところが・・・
帰ってみると郵便ボックスに入っていた!!
「うははははは、来たよ来たよ!申し込み用紙が!」
ん?まさか「残念ですが、今回は・・・」なんて内容じゃあないだろうなあ!
と焦ってビリビリ封筒を破いて中身を見てみた。
ちゃんと、参加申し込み用紙が入っておりました。うふ。
それにしても、落選したとばっかり思って、会社の後輩に八つ当たりして
しまっていた。
ううう、ごめんよS君。君がワシが言うほど悪いわけではない。
ただ、ワシの機嫌が悪かったのと、君へのクレームがワシのところへ
えらい剣幕でTELがきたからさ~・・・。
ちょっときつく言い過ぎたね。ごめんよ・・・(といっても後輩はこのブログを
見てないが・・)
お詫びに今日はやさしくいたしましょう。君の仕事を影からサポートするよ。
例の物件も裏からネゴを付けて、あのお偉い大先生に話しを通しておくから。
e0022736_109859.jpg


それにしてもまずは参加決定。
ふうぅぅよかった。
これでブログネタに困らないですむ(えっ?目的が違う?あはははは)
だってねえ、サバイバルですよサバイバル!
日本中からEDの猛者がうじゃうじゃ来るんすよ!。
ワシのような初心者はせいぜい勉強させていただきます。えぇえぇ、皆さんの
半分の周回数ですから!チャレンジクラスは!
なんで、ペース配分なぞ考えずにガンガン全力で行かせていただきますよ。
ベストラインはまず、ワシによってふさがれていると思ってくださいませ。
思いも寄らないところでワシは転倒してますから~!

それにしても、もう少し精神的に強くならないといけないなあ。
冷静な心で、平常心で望みたいなあレースは。
こうなったら、写経でもして、精神統一するか?
e0022736_10151250.jpg


このままだと緊張のあまり、ブーツを履かないで、ついうっかりホーマック製の
スニーカーで出走しそう・・・・(福Pさんの二の舞・・)
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-04-18 10:16 | オートバイ
東京大空襲
昨日東京大空襲を音で再現するという番組をやっていた。
数名の生存者体験の証言を元に、5.1chサラウンドでその時の音を
再現しようという試みだ。
10万人以上が一晩で亡くなってしまった「東京大空襲」
その阿鼻叫喚の音がさながら地獄絵図のようだ。
ワシは目をつぶってその音を聴いてみた。
はっきりと当時の混乱振りが目に浮かんでくる。
特に生きながら、その身を焼かれていく苦痛の声、悲鳴。
頼りない生命力でそれでも「生」を命尽きるまでアピールし続けた
「赤ん坊の泣き声」。
断末魔の「死にたくない」という悲鳴にも似た複数の怒号。
それらは「悲惨」という言葉や、「戦争はいけない」などという言葉では
到底あらわせられない現実であった。

ある体験者が「自らが生き残るために、他の火がついている女性を押し返した」
その時の悲鳴が60年以上たった今でも、はっきりと耳に残っている。」
と証言し、途中で泣きだしてしまった。
その証言をする多くの人が話しの途中で涙で声を詰まらせていた。
e0022736_10464116.jpg


昭和20年3月10日 AM 00:15
約二時間半にわたって  344機のB29が 約2064トンもの焼夷弾を東京
下町地区にばらまき、逃げ惑う人たちをさらに機銃掃射を行った。
多くの人が焼け死んだ。酸欠で死んだ
川に飛びこんだ人も溺れて死んだ。
翌日には当たり一面白い灰の町と、無数の焼死体であったという。
e0022736_10471252.jpg


この事実は絶対に忘れてはならない。
語り継ぐべき大切なことだろう。
10万人犠牲者の無念、苦痛、恐怖、絶望を思えば、我々現代に生きるものは
何をしなければならないのか?
一人一人が日本人として、忘れてはならないことは何かを真剣に考える必要が
あるだろう。

PS
写真掲載に伴い、気分を害された方にはお詫び申し上げます。
しかし、現実にあったことの証拠として、真摯に受け止めていただければ幸いです。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-04-17 10:54 | まじめなお話
さて・・・・
さて、KDXのフロントフォークオイルでも交換するかあ~♪と
気軽にはじめてしまった。
しかし、ワシの行動は常に「泥棒を捕まえてから縄を探す」という
いわゆる「泥縄」がモットーなので、いそいそとオイルを買いに行った。
「うーん、どうせなら、オーリンズとかいれちゃう?」と思っていたのだが、
札幌のいわゆる大型店「A」にはそんな大層なものは置いてなかった。
唯一モチュールのフォークオイルは置いていたのだが・・・
んで、あれこれオイルを見ていて「????????」マークが沢山出てきた。
ん??正立用と倒立用とに分かれている??
は?粘度10Wくらいだろうと思っていたのだが、倒立用の記載はちょっと違う?
01??は??わ・・解からん・・・・。
なーんか、ついうっかりカチカチオイルを入れてしまい、ガレ場で玉砕するのも
イヤだし、かといってふにゃふにゃだと、ちょっとスピードを出すと腰砕けだし・・
もっとも、何ぼオイルをいいのを入れても、スプリングそのものを変えないと
ダメなんだろうけど・・・。
散々迷って、混乱した挙句、kawasaki純正のオイルを買っていくことに・・
とほほほ・・・(誰か、フォークオイルに詳しい人!オシエテクダサイ・・・・)
まあ、値段も倍違うしね。。。倹約倹約。(貧乏人の銭失いとも言う)

さて、まずはフォークのトップキャップを少し緩めて・・緩め・・ゆ、緩まない・・
e0022736_916254.jpg

石黒ホーマで買ってきていた、パイプレンチ全開でまわそうとしても
一切緩まない。しかも、レンチのほうが壊れちゃった・・・
e0022736_991871.jpg

くそー石黒ホーマの980円レンチじゃあダメじゃんかよ~(泣)
モンキーで再度トライ!しかし、や、やばい、トップキャップを破壊しそうだ・・。
うーん、しょうがない、ラチェットで・・し、しかし、30なんてコマねーよう・・
また、いそいそと石黒ホーマに買いに行く。。
e0022736_911498.jpg

「ふう、これでばっちりだぜ♪」と思ったのもつかの間、全く回らない。
ホントにね、思わず「函館北狐のまっつ一号さんに頼むか?」とわけのわからない
事まで考えちゃった。あまりの硬さに・・(まっつさんは素手でネジきっちゃう怪物)
ヤベーどうしよう。。。とオノレのパワーの無さにがっくりしていたとき、
神は見捨てなかった。
「そうだ!前に飼ってきておいた鉄パイプがあるじゃん!」(何であるんだ?そんなもん)
e0022736_9152951.jpg

しかし、効果的面。テコの原理であっさり緩んだ。
んで、早速フォーク二本とも外す。
e0022736_917392.jpg

バイクも亀の子にしてね♪
e0022736_9172549.jpg

このとき台にしていたプラスチックケースから「ばきっ」っとイヤンな音が・・・
き、聞こえないフリをして、さっさと作業を続ける。
トップキャップを外して、インナーロッドを外し・・はず、、お前もかよ~(泣)
e0022736_9192638.jpg

キャップとインナーロッドが、またまた外れない・・
いってえ、どんだけトルクをかけてんだよ(怒)と最近増えてきたといわれる
独り言を連発。もうね、きっとそばで聞いていたら精神異常者ですよ。
なんとかかんとか外して中のオイルをジャア~っと出す。
う・・・汚い・・・・
e0022736_922980.jpg

かな~り汚れてました。
んで、しばらくフォークを逆さ吊りの刑にしておく。
e0022736_923438.jpg


さて・・・である。オイルを規定料を入れても、最終的には「油面」が大事。
しかし、なんとワシ油面を図る字具を持っていないのだ。あっはっは。
が、ワシは「できるかな?」世代である。ノッポさんに憧れを抱いていた世代
である。
よって「無いものは作る」がモットーなので、早速作成に取り掛かる。
その辺に転がっていた3mmのアルミパイプと厚いゴム板と、さらにホースを
付けて・・・油面量の48mmの位置にマーキングして・・・・
e0022736_9272676.jpg

と、ここで問題発生。
オイルを排出するポンプ(注射器ね)がねえ。。
またまた、石黒ホーマーに言って、作業用の汚いカッコで、ぼさぼさ頭、ひげも
剃っていないやつれた顔で、店員に「ポ、ポンプありませんか??ポンプ・・・」
と注射を打つポーズをしながら聞いたものだから、店員さん「あ、、あ、あ、あり
ません!!」とちょっとビビリながらの対応。
うーむ、あらぬ誤解を受けてしまったようだ。
しかし、無いものはしゃーない。ガレージに戻ってきて、あたりをぐるっと見渡す。
するとここでも神は見捨てなかった。
いいものがありました♪。
え?何かって?そ・れ・は・・・これ!
e0022736_9331161.jpg

マジックリンのスプレー!。
んで、早速取り付けてオイルを吸いだす。
e0022736_9334740.jpg

シュコシュコシュコしゅこしゅこしゅこ!
ぐわはははははは、オイルが霧状になって噴射してるよ!ってダメじゃん!
床がオイルまみれに・・・・しくしくしく。
まあ、後で掃除することにして、規定量にセットする。
無事規定量のなったところで、今度は組み付け。
実はこの時点ですでにPM11:00・・・ヤバイ作業しながら遊びすぎた。
あわててフォークの組み付け作業に取り掛かる。
e0022736_936584.jpg

んで、最後にタイヤをつけて・・・と。
e0022736_9371725.jpg

完成~♪。

ここでちょっと工具の話を。
e0022736_9384455.jpg

写真の下のN/Mで書かれているトルクレンチを持っているんだけど・・・
なんとなくこれ使いづらいのよ。
んで、上の昔ながらの(しかもメーター式)のほうが断然使いやすい。
メーターで見ながら締めるという職人技に憧れがあるのですよ。
もっともでかくて使いづらいけどね。
でも、すっかりお気に入り。表記も kg/cmでわかりやすいしね。

それにしても「とろ火さん」
一人でフォークをメンテするのは体力的に大変ですよ~。
なんせ、ワシ、フォークを3回も倒しましたから~。
特にインナーロッドを外す、付けるときにひっくり返しちゃうんだよね~。
EC250のときは、WR400も手伝いますから、ワシのも手伝ってください~。
とろ火さんのパワーが欲しい・・・・(鉄パイプいらず)
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-04-17 09:42 | バイク整備
島唱
ちょっと考えさせられるフラッシュがあった。
ブームの「島唱」の本当の意味・・というフラッシュだ。
このフラッシュが本当の意味かどうか・・は別として、
内容は非常に考えさせられるものであった。

第二次世界大戦末期、本土上陸を阻むために、沖縄を最終防衛ラインとし、
凄惨な戦いがあった。
琉球の民は、その歴史は侵略との戦いであったようにも思える。

一度、このフラッシュを見ていただきたい。
もちろん、人それぞれ考え方もあるだろうが、それぞれの胸で、
それぞれの想いや、考えを持つことが大事だと思う。

「島唱」 <<<<----クリック
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-04-15 12:58 | まじめなお話
オフロードのススメ。
最近セロハスさんの部下?同僚?のランクルマニアさんが、OFFの世界に
入りたいような、入るの怖いような・・という感じである。
さらに、他にもONロード仲間がいるとの事。
で、あれば、是非是非、OFFの世界へ来て欲しい。
私もONロード乗りだったから、よく解かるけど、OFFにはONでは絶対に
楽しめない世界がある。
しかも、心底楽しい。
まずはバイクを操るという基本的な技術向上のよろこび。
しかも、こけても笑ってしまう。本当に腹から笑える。
e0022736_935530.jpg

みて、このゴーグル越しの笑顔!
e0022736_941616.jpg

森から顔を出した小動物のような面白さ。

そして、一緒に運命を共有する大切な、頼もしい仲間達。
e0022736_952511.jpg
e0022736_953734.jpg
e0022736_954353.jpg
e0022736_955423.jpg

この仲間達の助けをかりて、時には助けて、先へ進むのだ。
この絶対的な連帯感は得がたいものだ。

そして、究極の自分との戦い。(老い、体力、精神、ETC・・)
e0022736_97921.jpg

時には絶望し・・・・・・・
e0022736_973158.jpg

ときには道路と一体化して、悟りを開く。(寝ているとも言う・・・・)

しかし、そんな道無き道を進みきった最後には、仲間と自分の最高の笑顔!
e0022736_98368.jpg
e0022736_984443.jpg


こんな、仲間を持てただけでも、感謝したい。
OFFに乗っていて良かったと強く思う瞬間である。

ランクルマニアさん、その他、そのご友人の方々。
タフで、ハードで、ハートウォームなOFFの世界に来ませんか?

「ホントはこいつ飛べるんだぜ。知ってんだろ?知ってんなら、おいでよこっち側へ・・・」
By キリン
e0022736_9171651.jpg

[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-04-15 09:12 | オートバイ
うわ、マジで・・
STDEのサイトで2006年参加者の声!というのがアップされていた。
うはははは、ワシのコメントもしっかり載ってるし。
ブログのアドレスまでもしっかりと載っておりました。
きゃ~恥ずかしい・・・。
んが、しかし、レースリポートは完全に作りますよ~。
えぇえぇ。
ワシのような初心者でも、参加できるのだ(完走は別としても・・)と
参加したくても、「無理だ~」とか思っているライダーに広めたい。
どんな難関でもまず挑戦する第一歩を踏み出さなければ、
なにも変わらないし、始まらない。

挑戦あるのみだ!
e0022736_1951510.jpg

[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-04-14 19:51 | だらだら日記
バイク日和ですね
いや~、暖かくなってきましたね。
気持ちのいい日差し。
なんで、仕事の日に限ってこんなに天気がいいんだ
くそー、こんな日は営業周りなんて仕事やってらんねえ。
そんで、日曜とか天気悪かったら、ホントにもうがっかりな訳ですよ。
こんな天気のいい日は仕事なんかしてないで、バイク乗りたいなあ。
それが無理ならせめて、営業車に乗りながら、バイク気分を味わうかあ。
この人みたいに!!







e0022736_13324174.jpg


あははは、アホですねえ・・・でも気持ちはわかります。はい。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-04-14 13:33 | だらだら日記