(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
最新のコメント
れっどさん>多分、それが..
by kawasaki_ninjya at 10:01
うわぁ、やっちゃいました..
by れっどしふと at 10:43
れっどさん>ほんとに、レ..
by kawasaki_ninjya at 09:06
切腹さん>そーですww藤..
by kawasaki_ninjya at 09:05
ブランクあってもいきなり..
by れっどしふと at 17:00
日曜、藤井さんに電話した..
by 切腹女子高生 at 13:00
ホンマやぁ~良かった~
by カナオカ at 07:00
生きてたんだぁ~
by コーチ! at 22:40
あとむさん>写真あざーー..
by kawasaki_ninjya at 13:12
怪我ネタは面白いんですが..
by 宮城@ナベ at 00:15
>エンジンはオイル無で焼..
by 謎 at 21:08
おひさしぶりです! H..
by あとむ at 13:57
2006-05-17 1..
by 金岡だぉ。 at 12:42
トライアルもいいですねw..
by 切腹女子高生 at 09:43
鋼っち>お薬?ヤバイ系お..
by kawasaki_ninjya at 11:58
コーチ>できることの精度..
by kawasaki_ninjya at 11:58
カリスマコーチ・キタ━━..
by 鋼deth at 12:40
出来ないことは出来ないか..
by コーチ at 13:02
GO君>本当に、これだけ..
by kawasaki_ninjya at 14:07
鋼っち>いやいや、目が怖..
by kawasaki_ninjya at 14:05
以前の記事
お気に入りブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 08月 ( 44 )   > この月の画像一覧
ワシは浜田省吾のファンである!
もうかれこれ、22年になるだろうか・・
初めて浜省を聴いたのは・・・

それ以来すっかり、彼のFANになってしまった・・・・
初めて聴いた浜省の唱・・・


「俺はこの街で生まれ16年教科書を抱え手にしたものはただの紙切れ・・」
多感な少年期にこの歌詞は心に響いた。
初めて聴いた浜省のアルバム「 プロミス・ランド」

この地球が何処へ行こうとしているのか・・
もう誰にも解からない。
力と力のシーソーゲームから
降りることさえ出来ない。
人は一瞬の刹那に生きる
子供は夢見る事を知らない・・・

この強烈なメッセージを持った歌詞は今でも心に残っている。

更にワシが大人になって、「戦争」というものを考えたときに、浜省も
戦争についての歌を発表した。
その歌・・・

「RISING SUN ~風の勲章~」 Song by 浜田省吾

焼け跡の灰の中から 強く高く飛び立った
e0022736_950379.jpg

落ちてゆく夕日めがけ 西の空を見上げて・・・
e0022736_9502264.jpg

飢えを枕に 敗北をバネに 
風向きを道しるべに 駆け抜けてきた
e0022736_9504611.jpg

過ぎ去った昔のコトと 子供達に何一つ伝えずに
この国何を学んで来たのだろう

飽和した都会 集う家は遠く
e0022736_9505868.jpg

ブラウン管の前でしか 笑わぬ子供
e0022736_951736.jpg


老いてゆく 孤独の影に怯え 明日に目を伏せて
踊るだけ ビートにゆだね バリーライトの海で

何を支えに 何を誇りに
走り続けてゆこう
You just believe in money...

焼け跡の灰の中から 強く高く飛び立った
1945 打ちのめされ 砕けた心のまま・・・
1945 焼け跡から遠く飛び立った今・・・
e0022736_9513183.jpg


本当に、今の日本のこのままではいけない・・
団塊の世代が必死に作ってきた社会は、人間の本質からは遠く離れて
しまっている。
彼らを責めるのではなく、次の世代の我々が方向を修正すればいい・・。
そして、それをまた次の世代へ受け継いでいこう。
そんな、事を考えたりしていた。

親父が、肺の病で、肺の半分を摘出手術した。
その時に、「親は親として、ずっといるものだ」という錯覚は砕かれた。
いつかは、自分の親もこの世から去っていってしまう。
親父の病気を聞いたとき、激しく動揺した。
色々な事が頭をよぎった。
そして、病に伏せている苦悶に満ちた親父の顔・・・・
肺の病気は壮絶な苦しみを親父に与えた。
嫌い続けた親父・・確執があった親父・・・
しかし、その親父の顔に、いつしかワシはそっくりであることに気がついた。
父と子・・・そのことに気がついたときに、この歌は激しくワシの心を貫いた。

「Darkness in the heart」  Song by 浜田省吾

最後のギターケースを トラックに積み込むローディ
熱は去り バンドを待ってるのは次の町
走り始めた 1974年
瞬きの中 15年間
Rock&Roll 何を少年に あの夏約束した
今も Travelin′Bus 夜の国道 突走る
見つけたのは 風に舞ってる 心の奥の 暗闇

思い出す 病室で痩せてゆく 父の姿を
痛みから 解かれて 去っていった 一人きり
車の窓に映ってるおれの顔 彼に似てる
Father’s son 何処へ向かっているの
何を手にしたいの
今夜 On the Road  空しく拳を突き上げ
叫ぶ歌は
答えの無い心の奥の 暗闇

多分、ワシは一生 「浜田省吾」を聴き続けるだろう。
機会があれば、是非一度聴いてみて欲しい。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-08-31 10:02 | だらだら日記 | Comments(0)
今週日曜日!
さあ、我らが特攻隊長T岡さんと一緒に 「滝野」へいきませんか?
e0022736_941459.jpg

滝野はとにかく人数がいれば、いるほど楽しい♪

ほらほら、そこのあなた!日曜なのに寝てる場合じゃあないですよ!!
e0022736_9423162.jpg


T岡隊長といっしょにこんなふうに大地と仲良くなったり・・
e0022736_943180.jpg

ついうっかり、クマ笹の中で戯れたり・・
e0022736_9432388.jpg

ゲラゲラ笑い転げながら、この山を目指しませんか?
e0022736_9435554.jpg

この山を登りきったら、そらもう、最高の景色ですよ!!
e0022736_9442236.jpg


ホントに滝野へ行くたびに腹痛くなるくらい笑えます!
合言葉は「コックはONか?」ですよ!。

特に!せろーSさん、アトムさん!最高に面白いコースなんで、是非行きましょう!!
もちろん、セロハスさんも、とろ火さんも、サイテルさんも、そのほか
このブログを見ている皆さん!どしどし参加してくださ~い。
またしても、初心者大歓迎ですよ~。
ちゃんとケツ持ちはエキスパートの皆さんがやってくれます。
速く走るという目的ではなく、楽しんで走りましょう!!
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-08-30 09:47 | オートバイ | Comments(8)
おもえば・・・
ワシが出よう!と参戦決意したレースすべて中止だ・・
木古内にしても、日高にしても・・
e0022736_135784.jpg

あれか?ワシが参戦なんて決意するから中止になるのか?
ん?どうなんだ?ん?
確かに、ワシが応援するチームは負けちゃうし、ワシがどこかいこう!と決めると
雨降ったりするし・・・
e0022736_1361412.jpg

あ~あ、せっかくの短いシーズンこんなことではいけないなあ・・
e0022736_1364157.jpg

北海道のシーズンも残すところあと3ヶ月くらいなのに・・・
e0022736_137175.jpg

このままだらだら終わるのはいやだなあ・・・
e0022736_1375038.jpg

せっかくなんだから、どんどん仲間や、知り合った人たちにお誘いしてみようかしら・・
e0022736_1382327.jpg

そうだ、そうだ、それがいいそれがいい。
神さま、願わくば、これから雪が降るまで土日は晴れにしてくれますように!!
お願いします・・・・・・
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-08-29 13:09 | だらだら日記 | Comments(8)
究極化する二極化 PART1
現在、私達の日本のみならず、地球規模での二極化が進んでいる。
現在の二極化は「持てる者」と「持たざるもの」 という意味で使われる。
つまり、経済における優劣のことを言っているのだ。

このまま、二極化が激しくなるとどうなるのだろうか?

現在の地球環境をよく見ればその答えは一目瞭然である。

異常気象、それによって起こる大飢饉、枯渇する天然資源。
蔓延する新種の病気、増え続ける人口。

これらの事実を目の当たりにして、「持てる者」は何を考えるだろうか?

答えは種の保存本能に従って、「大量の人類抹殺」であろう。

とある悪魔的な計画書には現地球上の総人口の三分の二を減らそうという
計画があるというのだ。
その計画の為に、巧妙に仕組まれた戦争を起こし、力の無いもの、弱い者から
抹殺を図るというのだ。
各地で起こる小規模な戦闘が飛び火となって、中規模化し、やがて大規模な
最終戦争「核の使用」となる筋書きを実行に移しているという話もある。

しかし・・である。もし核を使ってしまえば、地球上の著しい環境破壊は
免れない。
生き残った者に残されるのは、「核」で汚染された荒廃した死の大地しかない
これでは、「人類の大量な口減らし」を行ってもリスクが大きすぎる。

では、次に何を考えるか?
人類そのものを「超人類」へ作りかえることである。
この話は決してSF的な、ノンフィクションではない。
事実、WHOやAAAS(米科学振興協会)では遺伝子治療におけるガイドラインnを
発表してる。
IGM(Inheritable Genetic Modification=「遺伝性の遺伝子改変」)に対する
ガイドラインである。
ジェネティック・エンハンスメントと呼ばれるこの行為とはなにか?
つまり、遺伝子レベルで改変しなくてもよいものを改変するということを
禁止しているのである。
もともと、黒い瞳、黄色い肌である遺伝子を細胞レベルで青い瞳、白い肌に
することである。
更に研究が進めば、超人的な肉体、神のごとくな頭脳、どのようなウイルスにも
犯されることの無い肉体を作り上げることが可能だという。
e0022736_11405166.jpg

同一の問題として、「デザイナー・チャイルド」という問題も危険視されている。

***「デザイナー・チャイルド」──。自分の“理想”どおりの子どもを欲しいという、
  人間の飽くなき欲望が生み出した言葉である。資本主義経済のもと、人間は常に
  自由競争にさらされ、選別社会を築いてきた。最高の住居、最高の学校、
  最高の医師、最高の車を選ぶことが許されるなら、なぜ最高の子どもをつくること
  が許されないのか……。「デザイナー・チャイルド」は、ハイレベルな生活を望む
  人間なら、心のどこかに眠らせている願望だろう。そして、この願望は、科学技術
  の進歩により、現実になろうとしているのだ。


つまり、持てる者はその資本的な優位を活かし、自らを、そして自らの子供を人工的に
超人化するというのである。

この事は前ブログ記事にも一部記載した、「ヒトラーの予言」の中でもヒトラー自身が
語っている。
未来の地球は、遺伝子操作により生まれた超人的な人類「ジーン・リッチ」が普通の
人間である「ナチュラル」を支配して世界を治めるというのである。

究極的な二極化は経済のことではなく、神人化した超人類と普通の人間という
人種の二極化のことである。

この問題に関して ユダヤ人科学者のリー・シルバー教授は最先端医学による「
遺伝的強化」の処置を施されて生まれる人々(遺伝子改良人間)のことを第2人類=
「ジーンリッチ(GenRich)」と呼び、この優れた人間集団がいずれ普通の人々である
「ナチュラル」(=「ジーンプア(GenPoor)」)を置き去りにし、その結果、
人類が2つの種へと分岐していくことを懸念している。
e0022736_11415890.jpg


●以下は、この問題に関してリー・シルバー教授が、アメリカの科学ジャーナリスト
 のインタビューに答えた内容である。

■Q. 遺伝子強化のための遺伝子工学は、人類の“種の分裂”という不安を呼び起こ
    しますね。より貧しい人々は「ジーンプア」(=「ナチュラル」)となって
    ネアンデルタールの役割を演じ、遺伝子強化を追究する金持ち階級は
   「ジーンリッチ」となって新たな生物種として分化しはじめ、「ジーンプア」
    とは交配しなくなるという──。


■A. そうです。時間とともにそれが人類を破壊するかもしれない。


■Q. “破壊”という表現は適切でしょうか? 
    「ジーンリッチ」が「ジーンプア」から分難することにより、ヒトの進化に
     人工的に新しい枝が伸びるという話ではないのでしょうか?


■A. それは人類を破壊するかもしれないのです。種の分化は破滅的な出来事かも
    しれない。それは、私があの本で行なっている議論の中で大半の生物学者が
    異議を申し立てた問題です。彼らは私が議論したほかのことは何でも起こり
    得るが、種の分化だけは例外だと言う。その点で私は一歩後に引いて、
    そのようなことが起こるかどうかはわからないと言っておかねばならない。

    ただ私は、この技術が遺伝子強化に用いられた場合、遺伝子強化を受けた人々
    とそれ以外の人々の間の(遺伝的な)距離が拡大していくであろうとはっきり
    考えている。問題は、人類が2つの種に分岐するのか、あるいは遺伝的な相違
    が大きくなっていくのかということです。

    遺伝子強化を受けた人々とそうでない人々が著しく異なる存在になっていくこと
    はたしかです。その中間的な人々が生まれるかどうかは別の問題ですが。

    ある意味で、人類の分化の問題は、「ジーンリッチ」と「ジーンプア」
    (=「ナチュラル」)の間でどの程度の交配が起こるかであり、それは生物学
    的というよりは社会学的な問題なのです。


■Q. 理論的には、生物学的な違いははっきりしているのではありませんか? 
    隔離された人間集団は枝分かれを起こす──人類を別の種に分ける可能性
    があると思いますが。


■A. 結果は確かに生物学的なもの(種の分化)になるが、それが実際に起こるか
    どうかは、人々がどのように混じり合うかによるのです。

究極化する二極化、その背後に見え隠れする人類の種の保存計画。
この問題は更に深く掘り下げて連載化したいと考えております。
 
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-08-29 11:42 | まじめなお話 | Comments(4)
ご提案!!
この前「アリババ」さんに行ったら、社長が 9月になったら
元気村いくよ!と言っておりました。
大将曰く、「元気村のコースは一番ENDUROらしいコースではないか?」
との事。
そこで!アリババ主催「元気村 ENDURO合宿!」を行いませんか?
普段山での遊びにはない、「オフロードテクニックの向上」を第一に、
きっちり、練習しませんか?

そこで、皆さんの予定をあわせましょう!
ちなみに私は第二周の土日がうれしいのですが!!
皆さん予定はどうでしょうか?
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-08-28 13:06 | オートバイ | Comments(8)
夕張XC 第二戦
またまた、いってきました!
夕張XC 第二戦。
今回は今までとはちょっと、撮影ポイントを変えようと意気込んでいきました!
しかし、出発時間が少々遅れてスタートには間に合わず・・・
早速、例の激坂のぼりへ・・・
AA、Aクラスの選手はみんな難なく上っちゃう・・・つまんない すげえなあ
「うーん、これじゃあ、面白ビデオにならんなあ・・・」と思っていたら!!
神は大いなるチャンスを我にたもうた!!
なんとBクラスの選手が間違って激坂登りへ来ちゃった!!
これがまた面白い!!!
e0022736_958535.jpg

うおおおお、根性を見せるぜ!バイクだけでも登ってくれえええ!
e0022736_9593668.jpg
e0022736_9594882.jpg

そして、見事!バイクは登りきった!!
e0022736_1001737.jpg

おおおお~!パチパチパチ!!
ここは本当に見ていて面白い!
なんていったって、激坂の途中でアクセルターンする人有り・・
e0022736_1011649.jpg

e0022736_1012547.jpg


オフロードバイクにもかかわらず、ハングオンしちゃう人も有り・・・
e0022736_1015942.jpg


最後の一点が取れなかった駒大の魂が乗り移ったかのごとくな、
見事なスライディングでホームベースを目指す人有り・・
e0022736_103790.jpg

苦しんでいる人を尻目に、余裕で上っちゃう人有り・・しかも、それをうらやましそうに
見てる人有り・・
e0022736_1035072.jpg

何故かおんなじラインで、同じようにコケちゃう人有り・・
e0022736_1042248.jpg

KTMの強烈なパワーに・・・
e0022736_105978.jpg

体全体で 「大」の字を表現させられた挙句・・・
e0022736_1054110.jpg

バイクも一回転しちゃったり・・
e0022736_106976.jpg

激坂の途中で、ついうっかり人生に挫折しそうになっちゃったり・・・
e0022736_1064194.jpg

いや、本当に面白い。
今回はここだけでなく、奥にいってみよう!ってんで、山のぼっていった。
途中ZIPのりんちゃんさんに会い、良いポイントを教えてもらう。
「やっぱり、岩盤でしょう!!」ってんで、岩盤へ・・
e0022736_108442.jpg

やべーココ!面白れえええええ!!
e0022736_1082870.jpg


AA、Aの選手を苦しめたこの岩盤岩。
ココでの撮影は最高でした
と・く・に!!283さん!!いい映像頂きました!!♪。
今までのビデオは激坂とV字谷だけだったけど、今回は激坂、激下り、岩盤岩、ヌタ場と
何箇所か撮影ポイントを変えております。
また、見たいな~と思う方はコメントくださいませ。
今度はなんとかDVDにて配布したい!と考えております。
いや、それにしても、自分も前回「フリーライドパーティ in 夕張」でこの岩盤も、激坂も
はしってるんで、この大変さ、よーく解かります。
よーくわかった上で・・・とっても面白い!!(爆)。
次は2DAYSですね~、どんなコースになるのか楽しみです♪
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-08-28 10:17 | オートバイ | Comments(8)
「ENDURODAYS管理人と行くウキウキ山散策ツアー」
行ってきました♪
「ENDURODAYS管理人と行くウキウキ山散策ツアー」に。
今回の参加メンバーはENDURODAYS管理人とワシ、O関さん、せろーSさん、
そして、初参加のあとむさん。
なんていったって、このあとむさん、「猛牛協会」の人なんで、
おっとりした優しげな見かけとは裏腹に、きっとエキセントリック&エキサイティングな
ライディングをするに違いない!と楽しみにしておりました。
今日の参加はセロー225ですが、普段はアフリカツイン750CCを振り回しているとの
事!ひゃーすっげええ!。
んで、朝集合して、いそいそと準備をしていると、ワシのNINJYAにのって
「大将!」が現れる。
「俺もNINJYAでいくんだ♪」・・・大将GPZ900Rではムリですってば!
どうやらお目当てはO関さんのXR600らしい・・・
e0022736_905445.jpg

XR600にまたがりご満悦な大将。
しかし、この時点でエンジンを掛けられず・・・・・大将困惑。
しかも、このXRなんとビックタンクを搭載してるんで、まんまバハ1000に出場してるみたい
こんなでっかいバイクで林道へ行くO関さんの強靭な体力に 口あんぐり・・
やっぱ、猛牛関係の人はどこか頭のネジが飛んでいる模様・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

気を取り直して出発!
いつもの「アリババ周回コース」を走る。
意外なことにENDURODAYS管理人、前回よりうまくなってる!!
スピード自体は速くないのだけれど、ペースが一定なので、結果それほど
遅れずに着いてくる。
e0022736_95179.jpg

e0022736_955337.jpg

あっという間に、藪漕ぎ前の広場へ到着。
e0022736_962181.jpg
e0022736_962990.jpg


そして藪こぎへ・・・
ここでもENDURODAYS管理人結構トコトコ着いてくる。
「うわ、前回よりも、スムーズについてくるなあ、感心感心」とおもっていたら!
やっちゃった!しかも泥沼での転倒!
「うわーん、パンツまでびしょびしょなんですけど・・」と管理人。
ロングライドも水没したか!と思ったんだけど、難なくエンジン再始動。
せっかくのシャッターチャンスだったのに、皆様のすばやいリカバーのおかげで
写真撮れず・・・ちっ!残念!
藪漕ぎを終えて、気持ちよい林道をウキウキと走る
e0022736_9103797.jpg
e0022736_9104412.jpg
e0022736_911732.jpg

e0022736_9112193.jpg

しかし、この頃からワシはふと思っていた
「このまま難所もなく終わるのは真性Mなワシとしては不本意である!!」
ふふふふ、真性Mなワシが先頭という事もあり、気持ちよく走ってきた皆さんに
早速ご提案をする。
e0022736_9124563.jpg
e0022736_9125348.jpg
e0022736_913037.jpg

最後に走ってきたO関さんに「せっかくなんで、ここらで難所を一つ入れませんか!」
e0022736_9134242.jpg

O関さん「えっ?例の下り?え、え、えぇえぇ、行きましょう!」

実はO関さんが一番辛いのだ
なんていったって、マシンがXR600+ビックタンク(15リットル入り)なのだ。
総重量はキット130k以上140kgくらいになってるんじゃあ・・。
しかーし!真性Mを先頭にしたんだから、覚悟をき・め・て♪。
そんで、例の激下りへ・・・
まずワシ。
KDXだったので、少々不安があったが、とにかく速く降りて、皆さんの
転倒写真を撮りたくて、気合一発!無事成功!
次に、ENDURODAYS管理人だが、さすがにムリ!という事で、ワシとタッチ!
「トライアル車なんだから、楽勝♪楽勝♪」
なんて油断してたのが大間違い!きゃー見事に滑り落ちたあああああ。
e0022736_9194354.jpg

ううう、失敗したあ(泣)と思って見ると管理人「ニヤーリ( ̄ー ̄)」
きききき、キサマ!誰の為にこんな苦労してるとおもっとるんじゃい!!
気を取り直して、次、せろーSさん!
せろーSさんは安全策をとって、押しでバイクをおろす。
e0022736_9264488.jpg
e0022736_926512.jpg

次 あとむさん!
e0022736_9273765.jpg

なんとあとむさん!ここで「猛牛魂」を発揮!
乗って降りる!この雄姿!
e0022736_9281667.jpg

が!しかーし!滑落!!
e0022736_9283425.jpg

が、普段アフリカツインをひっぱりあげてたるするんで、セローも
楽々引っ張り上げる!
e0022736_9292232.jpg

ホント見た目は「か弱い女性」なのに、どこからこんなパワーが!!
しかし、あとむさんを助けようとしたO関さん、ついうっかり、谷底に滑落・・・
e0022736_9303321.jpg

O関さ~ん・・・帰ってきてええぇぇぇぇぇ。
なんとか谷底から生還したO関さん、重量級のXRで挑戦!
e0022736_9315284.jpg

あああ、重量のせいでリアが落ちたあああ!
e0022736_9322364.jpg

がしかし、強引に建て直し!
e0022736_9324287.jpg

やっぱO関さんすげえっす。やっぱ猛牛の一員っす。

次は激のぼり!
ワシは難なくクリアー・・しかし、だんだんこの激坂は楽になっているような気が・・・
んで、次!ENDURODAYS管理人アタック!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・ん?来ない・・・

様子を見に行くと・・
なにやらおびえた様子の小動物が・・
e0022736_935482.jpg

今にも、かじりつきそうなこの小動物、目で「早く助けろ!!」と訴えております。
e0022736_9354839.jpg

気を取り直して再アタック!
e0022736_9364080.jpg

今度はスムーズに上ったよ。
e0022736_9365548.jpg

続いてあとむさんのアタック!
e0022736_9371464.jpg

あああ、惜しい!惜しいところでエンスト!!
e0022736_937419.jpg

e0022736_9375138.jpg

気を取り直して再アタック!今度は楽勝♪
e0022736_9381725.jpg

続いてせろーsさん、O関さん!
e0022736_9384584.jpg

e0022736_9385533.jpg

さすが!二人とも楽勝、楽勝♪。
しかし、XR600はバケモノだね、、アイドリングでのぼっちゃったよ・・
難所をクリアしてしばし昼食。
e0022736_940684.jpg

なんか、遠足気分だね♪♪こういうほのぼのとしたツーリングも良いですなあ。
このあと、迷い沢を目指したんだけど、入り口がわからず、結局来た道を戻ることに。
迂回ルートで下山中、一本の倒木が・・・
押し上げて通過!と思ったら・・・ENDURODAYSの管理人が枝に首がひっかかり、
バタっとタオレターーーー!!
見ていて面白かった! かわいそうだった。
それでも、サイテルさんの「びよーん」程のインパクトは無かったが。
ここで急遽休憩を入れる。
e0022736_943156.jpg

e0022736_9432428.jpg

尺取虫に尺を取られまくって、下山。
e0022736_9441298.jpg

へたり込む 管理人・・・
しかし、GPZ900Rにまたがって「私でも乗れるんじゃな~いい?」とか言い出す始末・・
e0022736_9451137.jpg

のれるか!ボケ!!
大将にXRを奪われ、仕方なくワシのGPZ900Rで帰るO関さん!
e0022736_946418.jpg

完全なオフロード装備でNINJYAという怪しさ満点なスタイルで帰っていった。

いやー皆さん、本当にお疲れさまでした!!
また、こういうのほほんツーリングにいきましょうねえ。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-08-28 09:47 | オートバイ | Comments(8)
衝撃的事実!!
昨日ENDURODAYSの管理人より、思いがけない衝撃的なことを言われた。

「平和でトライアル乗ってる君の姿は・・ウオーズマンに似てる!」と・・・・

うおーずまん?なんだりゃあ?
聞けば「筋肉マン」のキャラクターなのだそうだ・・・・・

はて?と思いおもむろに、検索してみると・・・
・・・

・・・


で、で、で、デターーーーーー!!

e0022736_13174145.jpg

なんじゃあこらあ!!似てるか?こんなのに・・・
しかもしかもしかも!口がねーでね~か!!

どこが似てるねん!!・・・
e0022736_1319641.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・


う・・・そっくし・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ、まあ、いいさ、何かよくよく調べてみると結構カッコイイキャラみたいだし。
e0022736_13195226.jpg

額に 「肉」とかいてあるあのキャラクターに似てるといわれるよりもいいか。。。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-08-25 13:20 | だらだら日記 | Comments(5)
ショック。
日高2DAYS・・・中止になっちゃいましたね・・・
グスングスン・・・これで北海道内での大きなOPEN ENDUROの
2つとも中止という結果に・・・
木古内・日高・・・このレースには私も出たい!と張り切っていたのに・・・
e0022736_11575725.jpg

こんな大自然の中を目一杯走ろうとおもってたのに・・・・
e0022736_11582730.jpg

残念です。
でも、来年は木古内、日高ともレースが開催されますように・・・・
北海道のENDUROライダーもきっとその為なら強力は惜しまないはず・・

皆さん、北海道のENDUROレースをこれ以上なくさないためにも、
皆で力を合わせて協力をしていきましょう!
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-08-25 12:00 | オートバイ | Comments(1)
告知でーす。
えーっと、今週土曜日の
「ENDURODAYS管理人と行くウキウキ山散策ツアー」
の予定です。
e0022736_99384.jpg


日程 8月26日 
集合 AM8:30
出発 AM9:00
集合場所 アウトドアスポーツ アリババ <---場所チェック 

予定では2時位までには戻る予定です(あくまで予定です。盛り上がったら・・ひひひ)

今回は超初心者のENDURODAYS管理人が走りますので、ペース的には
ムリのない、安全速度になります。
もちろん、ハイペースで走る方は、途中、途中で待ってて(休んで)下さい
といっても、この管理人、前回「アリババホームコース」を難なく一周してますし、
難所も結構ひょいひょい走ってきます。
さらには、夕張ENDUROコースを2周したりして、トコトコトコトコ走ってきます。
なんで、この告知をみて「初心者の私も参加したいなあ・・」と思った方は
どんどん参加してください!

現在のところメンバーは
ワシ
ENDURODAYS管理人
セロハスさん
せろーSさん
あとむさん
O関さん
大将?
ひょっとして、技術指導員のH田さん(土曜日休みとの情報より・・)

という感じです。
後はいませんかーーーーー????
久しぶりに楽しくワイワイ走りたいっす。
あ、IGAPONさんとか来ないかなあ・・・
Hiro君!仕事なんぞ「風邪ひいちゃいましたあああああ」と言って休むか、
山から帰ってきてから会社にいきなさいな!!
***注意****
土曜日も気温が上がりそうですので、水、飲み物は十分に持ってください。
あと、弁当とまではいわないですが、食料も持ったほうが良いです。
もちろん、ごみは絶対に持ち帰りでお願いします。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-08-25 09:11 | オートバイ | Comments(9)