(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
最新のコメント
れっどさん>多分、それが..
by kawasaki_ninjya at 10:01
うわぁ、やっちゃいました..
by れっどしふと at 10:43
れっどさん>ほんとに、レ..
by kawasaki_ninjya at 09:06
切腹さん>そーですww藤..
by kawasaki_ninjya at 09:05
ブランクあってもいきなり..
by れっどしふと at 17:00
日曜、藤井さんに電話した..
by 切腹女子高生 at 13:00
ホンマやぁ~良かった~
by カナオカ at 07:00
生きてたんだぁ~
by コーチ! at 22:40
あとむさん>写真あざーー..
by kawasaki_ninjya at 13:12
怪我ネタは面白いんですが..
by 宮城@ナベ at 00:15
>エンジンはオイル無で焼..
by 謎 at 21:08
おひさしぶりです! H..
by あとむ at 13:57
2006-05-17 1..
by 金岡だぉ。 at 12:42
トライアルもいいですねw..
by 切腹女子高生 at 09:43
鋼っち>お薬?ヤバイ系お..
by kawasaki_ninjya at 11:58
コーチ>できることの精度..
by kawasaki_ninjya at 11:58
カリスマコーチ・キタ━━..
by 鋼deth at 12:40
出来ないことは出来ないか..
by コーチ at 13:02
GO君>本当に、これだけ..
by kawasaki_ninjya at 14:07
鋼っち>いやいや、目が怖..
by kawasaki_ninjya at 14:05
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 06月 ( 43 )   > この月の画像一覧
同じ月の光でも・・・
同じ月の光をイメージさせる曲。

クロード・アシル・ドビュッシー の「月の光」と
ルードウィヒ・ファン・べートーベン の「月光」 (正確にはピアノ・ソナタ 第14番嬰ハ短調
op.27-2「月光」 第1楽章)では大きくイメージが異なる。

ドビュッシーの月の光は、あくまで、ふんわりと優しい月の光。

ベートーベン月光は、青く冷たく、静寂と孤独を会わせ持つ月の光。

私はベートーベンの月光の方が断然好きである。

何故だろう?心象風景として、月光の方が、より鮮明に浮かんでくるのだ。

あまり、優しい月の光の記憶が無いからなのか?

よくは解らない。

月光を聴いていると、絶望と、孤独に苛まれ、苦悩する一人の男の姿がありありと
浮かんでくるのだ。

機会があれば、是非聞き比べて見て欲しい。

貴方はどちらの 月の光が好きだろうか・・・
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-06-30 14:51 | だらだら日記 | Comments(11)
心配いらないよ。
大切な友人へ・・・

君は今

何に今気を病んでますか?
何が心配ですか?
何で悲しいですか?
何が苦しいですか?
何が嫌ですか?
何に不安を感じてますか?

沢山の悲しいこと、不安なこと、辛いこと、理不尽なこと。
何故自分が。。。何故自分ばかり・・何故私だけ・・。
そんな想いで心が壊れそうになっていませんか?

そんな想いで心が張り裂けそうになっていませんか?

でも、すべての答えはあなたの中にあるのですよ。
あなたの心の中にあるのですよ。

ウソだと思うなら、今あなたを苦しめている苦難が
全く他人のことだと思って御覧なさい。
友人から相談された事だと思って御覧なさい。
我をなくした、真実の答えが導き出せるでしょう?
あなたが同じ悩みを友人や、親しい人に相談されたら、
真実の答えを話せるでしょう?
あなたが、あなた自身を苦しめているのですよ。
我をなくし、執着をなくし、心穏やかに、感情に振り回されずに
一つ一つの問題をゆっくり、じっくり考えてみて御覧なさい。
ゆっくり、じっくり、ですよ。
焦っても答えが出るわけでも、楽になるわけでもありませn。
じっくり、ですよ。
すべては自分自身に聞くのです。
心の声で、自分の心に。
「何故悲しいの? 何故辛いの?何故苦しいの?何故嫌なの?」
悲しみの全体から、少しずつ細部に向かって問い続けるのです。
そして、すべてを問い尽くしたら、そこから今度は細部の答えを
出していくのです。
「じゃあどうするのが一番いいと思う?」と。
このとき、直感で浮かんでくる答えが、一番正しい答えです。

どうか、苦難をただ苦しいものとしてとらえないでください。
その苦難を乗り越えた先にはかならず幸せがあるのですから。
そして、どうか安心してください。
その苦難から逃げ出さない限り、そして、自分の力だけでは乗り越えられない
時には必ず、救いの手が差し伸べられます。
私たちは決して一人で生きているわけではないのですから。
常に私たちは大いなる愛で守られています。
だから、どうか安心してください。
心の命ずるままに生きてください。
耳をすまして、心の声を聞いてください。

私の大切な友人が、どうか心穏やかにいられますように・・・・

                   
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-06-30 09:25 | まじめなお話 | Comments(0)
STDE木古内サバイバルエンデューロ 動画 part4!
さあ、最後ですぜ!
Wクリックで拡大されますぜ。
動画はご自分のブログにどんどん貼って使ってくだされ~!!!

動画を見る?
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-06-29 11:43 | オートバイ | Comments(2)
STDE木古内サバイバルエンデューロ 動画 part3
長くなるんで、記事を分けます。
動画をWクリックすると大きくみれますぜ。
しかも、ブログにも貼り付けられるんで、ご自分のブログにもどしどし使ってね!!

動画part3を見る?
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-06-29 11:39 | オートバイ | Comments(2)
STDE木古内サバイバルエンデューロ 動画 part2!
さてさて、ノロノロと動画をアップしてましたが、ようやくすべての動画アプ終了!

ところで、ENDURODAYSにて写真がアップされてましたね!

たぶん、皆さんのかっちょいい写真もアップされてると思います!
今回、ENDURODAYS管理人はカメラとレンズを壊してまで撮影!
いつもいつもありがとう。
皆さんも是非励ましの言葉をBBSに書き込んでやってください。
きっと、それだけで、次の夕張EDの写真も撮りまくってくれると思います(笑)

さてさて、早速私も写真もらってきましたが・・・
これが・・・トップライダーと比較すると・・・かなりガッカリな気分に・・

e0022736_11231785.jpg

すんげえ、アクセルの開け方がハンパじゃねーよ・・・

e0022736_11235530.jpg

対して・・・このツーリング気分満々な写真は・・・orz

もちろん川渡りの水しぶきだって違いますよ。
e0022736_11244373.jpg

これね・・フロントアップして突っ込んでるからこういう水しぶきなのよ・・・

フロントからどっかーんと逝くと・・・・
e0022736_11252679.jpg

こんな水しぶきに・・・

いやー、ワシは今年めちゃくちゃ精進しないとダメですなあ。

ところで動画は?って?ああ、すんません、前置きが長くなっちゃいましたね。

スタート動画を見る?
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-06-29 11:33 | オートバイ | Comments(0)
STDE木古内サバイバルエンデューロ 動画!
さて、参戦されていたライダーの皆様の筋肉痛もだいぶん和らいだ事かと思われます。
え?あの良コンディションで筋肉痛になってるのはお前くらいなものだ?

・・・・すんません・・・確かに・・・そうです。

普段なまくらな生活をしてますので、、、ちょっとしたことですぐに筋肉痛に・・
特に月曜は辛かった・・・
e0022736_1049522.jpg

あげくに、やっぱり首はキリキリと痛むしよ~
e0022736_10493487.jpg


そんで、昨日くらいからは、異常な眠気が・・・朝の辛いこと辛いこと・・
e0022736_10501137.jpg


やっぱ、あれだね。体力と筋力をアップさせないとダメだね。
中年だもんね、体、衰えまくってるんだよね。
ちゃんと日頃から鍛えておかないといけないね。ワシの仕事はデスクワークが多いからね。
これからは無駄にサーバーを持ち上げたりしてみようかしら・・・

と、それはさておき、、、、
我がチーム総監督の大将が撮ってくれた映像があるんで、少しずつアップしてきます。
2日目のスタートの様子が撮られてます。

もうね、この動画を見ていてつくづくと、トップライダーのスピードは異常だ・・と。
トップライダーのスタートを見た後に、自分のスタートを見ると・・・
なんて「のほほんツーリングなんだ!」と思っちゃいますよ。
本人至って「全開!ぜんかーーーーいいぃ」のつもりだったのに・・・orz

動画を見る?
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-06-28 10:58 | オートバイ | Comments(14)
STDE木古内サバイバルエンデューロ参戦記~猫背中年ライダーの挑戦~ 大会二日目
さて、いよいよ2日目の朝。
この日も天気は上々♪。
AM4:30に起きだし、ごそごそと準備。
それにしても・・・・体・・・痛い・・・あちこちギシギシ言っとるがな・・・
「こりゃー、今日1周も走れないんじゃ・・・・」とか頭をよぎるが、「まあ今日こそ
無理をせず、早めのリタイヤをしよう。体を大事にしてあげよう」と自分に言い聞かせる。

感動の2日目を見る!
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-06-26 22:15 | オートバイ | Comments(23)
STDE木古内サバイバルエンデューロ参戦記~猫背中年ライダーの挑戦~ 大会一日目
さて、まずは朝、ピットに集合する。
今回はチームアリババとして参戦するのは、社長、福Pさん(ともにエキスパート)
そして、MASAさん、JUNさん、ダイスケさん、ワシ、Hiro君、(エンデューロクラス)
姉さん(レディースクラス)のメンバー。
ピット要員として、チーム監督の大将、メカニックの前Pさん、チーム運営のH田さん、
取材班のENDURODAYS管理人、冷やかし&見学&サポート要員として、
S倉さん、タッシーさんのメンバー。

朝、勝手がわからず、あたふたしてると、nagaseさんが「おいおい、もう開会式まで
20分しかないよ!」と教えてくれる。
しかも、「車に乗せてってあげるよ!」と優しいお言葉。
nagaseさんありがとうございます~。
なんとか、開会式会場に間に合う。

興奮の続きを見る!
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-06-25 12:00 | オートバイ | Comments(11)
STDE木古内サバイバルエンデューロ参戦記~猫背中年ライダーの挑戦~ 大会前日編
今年に入ってから、「木古内参戦」を視野に、激しく練習を開始した。
しかし、その練習中に頸椎骨折、左足打撲、鼻にヤクザな傷と、
自分の限界を超えた練習がたたって、次々に怪我を連発。

決定打は木古内3週間前にやってしまった「頸椎骨折」が響いて、
参戦を一時期取りやめるかどうかを悩んだが、「まあ、来年の参戦に向けての
コース下見だ!」と割り切り、参戦することに。

大会前日、会場入り。

大会前日の詳細を見る?
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-06-25 10:08 | オートバイ | Comments(5)
コメントくださった皆様へ・・・
コメントをくださり大変ありがとうございました。
携帯からの更新ですと、コメントができないので、ここで改めて
コメント返しをいたします!


nagaseさん>会場では色々と本当にありがとうございました。
おかげで、体に追加の怪我を負うことなく、楽しく走り切れました!!
木古内への道 の記事も大変参考になりました。が!
当日は舞い上がってしまって何度も読んできたのにすっかり真っ白に・・・
体・・痛いっす。。全身筋肉痛です・・

スケテツさん>会場ではどーもでございました!
スケテツさんも無事帰宅できたでしょうか?
ただ今、すごい充実感とすんごい筋肉痛に悩まされております・・・・

ともしー>ともしーも来年は是非参戦したほうがいいよ。メチャ楽しいよ

o-noriさん>無事怪我無く終了いたしました~、o-noriさんも絶対参戦した
方がいいっすよ!o-noriさんなら、クラス優勝も夢では無いですよ!!

親方さん>なんとか、かんとかツーリングモードでゆるゆると走って完走できました~
ネタもばっちりですから、もう少々お待ちくださいませ~

ハカイさん>なんとかかんとか、ついうっかり完走してしまいました。
でも、きっと今年はかなりゆるーいタイム設定だったと思います。
コースも乾燥していて、ゆるーい感じでしたし・・
数々のラッキーが重なっての完走です!

やまし2号さん>今回は完走率70%とすごい完走率でした~。
いやー木古内はサイコーです!来年も絶対でます!!

セロハスさん>セロハスさんも来年は参戦しましょう!!
こんな素晴らしい大会って他には無いっすよ!!
たぶん、セロハスさん好みのルートですよ!!

れっどしふとさん>れっどしふとさんも是非是非参戦を!
そして、ネタを私にプリーズ!!(笑)

とろ火さん>去年一緒に参戦できなかった、鬱憤を来年の大会には
是非発揮しませんか?今度こそ一緒に参戦しましょう!
基本的にはテクニックの前に体力だ!とつくづく実感・・・
とろ火さんの出番ですよ!!

ナオトさん>すっかり怪我の事も忘れて走りきってしまいました・・
だって・・・だって・・・ロケーションサイコーなんですもの。
ずっと「うひょー!」とか良いながら走ってました

ぴらふさん>木古内にはあるまじき完走率だったようで・・
完走率70%という事でした。
数々の不幸の後には、数々のラッキーが重なっての完走でした。
ネタはもう少々お待ちくださいませ~。


本当に、皆様、大変ありがとうございました。

なお、「猫背親父の木古内参戦記」はただ今制作中です!
もう少々お待ちくださいませ~!!
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2007-06-25 09:42 | オートバイ | Comments(0)