(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
最新のコメント
れっどさん>多分、それが..
by kawasaki_ninjya at 10:01
うわぁ、やっちゃいました..
by れっどしふと at 10:43
れっどさん>ほんとに、レ..
by kawasaki_ninjya at 09:06
切腹さん>そーですww藤..
by kawasaki_ninjya at 09:05
ブランクあってもいきなり..
by れっどしふと at 17:00
日曜、藤井さんに電話した..
by 切腹女子高生 at 13:00
ホンマやぁ~良かった~
by カナオカ at 07:00
生きてたんだぁ~
by コーチ! at 22:40
あとむさん>写真あざーー..
by kawasaki_ninjya at 13:12
怪我ネタは面白いんですが..
by 宮城@ナベ at 00:15
>エンジンはオイル無で焼..
by 謎 at 21:08
おひさしぶりです! H..
by あとむ at 13:57
2006-05-17 1..
by 金岡だぉ。 at 12:42
トライアルもいいですねw..
by 切腹女子高生 at 09:43
鋼っち>お薬?ヤバイ系お..
by kawasaki_ninjya at 11:58
コーチ>できることの精度..
by kawasaki_ninjya at 11:58
カリスマコーチ・キタ━━..
by 鋼deth at 12:40
出来ないことは出来ないか..
by コーチ at 13:02
GO君>本当に、これだけ..
by kawasaki_ninjya at 14:07
鋼っち>いやいや、目が怖..
by kawasaki_ninjya at 14:05
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
泣けてくる・・。
発信箱:忘れない=福本容子(論説室)

 「ニッポンは今どうなってますか?」

 地震の後、アハメド・カリールさん(49)の携帯は、本国からの電話で鳴りっぱなしだった。
 本国とはインド洋の島国モルディブ。カリールさんはその駐日大使だ。

 男性の声、女性の声、子どもの声。知らない人ばかり。とにかく心配していることだけ伝えると、
 名前も言わず1分足らずで切れる。「国際電話で長く話すお金がないんですね」(大使)。
 それでも1週間、毎日2回かけてくる女性の声もあった。

 モルディブでも地震直後に、テレビやラジオを通じた被災者支援キャンペーンが始まった。
 大使の電話番号が画面で紹介され、それを見て直接電話をしてきたらしい。
e0022736_9464285.jpg

e0022736_947486.jpg


 キャンペーンでは大統領もスポーツ選手も歌手も、協力を呼びかけ続けた。36時間で
 700万ルフィヤの義援金が集まった。人口31万人の国民の多くは貧しく、約4600万円の
 義援金は「記録的」。お金が出せない人はツナの缶詰を持ってきた。
e0022736_9471915.jpg


 ツナ缶は国内の業者が引き取り、塩水ではなくオイル漬け、缶切りなしで開けられるプルトップの
 日本特別仕様に替えられた。69万個。国民1人あたり2個以上だ。

 2万人が参加した首都での追悼行進。国家元首が亡くなった時でも1日限りの半旗掲揚が
 閣議決定で3日間に。「前代未聞のことばかりです」。支援は今も届き続ける。

 合言葉は「日本に恩返しを」。

 こちらはほとんど知らなかったけれど、モルディブの人たちは日本にとても感謝しているという。
 小中学校や、04年のインド洋大津波から首都を守った防波堤などが日本のお金(政府開発援助)
 で造られたこと、国を支えるマグロ・カツオ漁や水産加工業が日本の技術と資本で発展した歴史……。

(国際空港出発ゲート)
e0022736_9483138.jpg

 忘れずにいてくれたのがうれしい。今度は日本が深く心に刻む。
(モルディブ首都 マレ)
e0022736_9475469.jpg

--------------------------------------------------------------
モルディブの経済
後発開発途上国(いわゆる最貧国)の一つである。IMFの統計によると、2010年のモルディブのGDPは14.33億ドル(約1200億円)であり、鳥取県の6%程の経済規模である。
--------------------------------------------------------------


国際的に見ても極貧国であるモルディブ。
金銭的に貧しくとも、心はどの国の人よりも豊かであるのではないだろうか?
また、「受けた恩は忘れない」という心。

そして、日本の先人達は国際貢献を続けていた・・・という事実。
なぜこのことをもっと国民に知らせなかったのだろうか?
日本は戦後目覚しい経済発展を遂げ、金銭的に豊かになった。
莫大に得た利益を何に使うのか?どう生かすのか?
日本という国が窮地に立ったとき、これほどまでに世界から暖かい支援を受けられるとは、
想像もしていなかった。
今、各国から支援を受けられるのは、先人達が、日本の利を世界貢献に生かしてきたという
証であろう。

極貧の国からも、暖かい支援を受け、今後日本がそれらをどう生かしていくのか?
世界の人たちを失望されるような日本にはしたくない。
なにより、日本人が日本を嫌いになってしまうような社会にはしたくない。
若い世代が夢をもって働くことが出来、子供達の未来が希望に満ち光り輝くような日本にしたい。

どれほど物に囲まれても、心は豊かにはならない。
そのことは現代社会が証明してくれた。
物が豊かになって、便利になって、その結果どれほどの人が心病んでるだろう?

余剰な物などいらないのだ。生きていくために必要最低限あればいい。
物を豊かにするよりも、心をもっと豊かにしたい。愛をもっと豊かにしたい。

綺麗事だろうか?絵空事だろうか?
私はそう思わない。我々は出来る。きっと出来る。きっと変えることが出来る。
いや、変えなければならない。
多くの犠牲になった人たちに報いるためにも。
多くの支援をしてくれている国の人たちのためにも。
なにより、自分達の子孫のためにも。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2011-04-14 10:04 | まじめなお話 | Comments(4)
最近の出来事。
しばらくぶりにブログを更新しました。

震災にあわれた方達に心よりお見舞い申し上げます。
幸い、宮城の方達は無事(命は・・・という意味)だということで
本当によかった・・と思いました。
ただ、あくまで命が助かった・・・ということですから、家を失ったり、
余震が続く中、普通の生活すらままならない・・という状況であるとの事。
心が痛みます。本当に。

とってもブログを更新する気持ちにはならなかったのですが・・。

心ばかりですが、私も些少な義援金を送らせていただきました。

ただ、復興には、これから長い時間がかかるでしょうし、
長い支援が必要だと私は感じております。

原発の問題もあります。
世界中のメディアは 「被災国 日本」 から 「核テロ国家 日本」という目に
変わってきたと聞くに及び、これからの日本を案じずにはいられません。
ですから、長期にわたって私が出来るベストなことをこれからも続けていこうと
思っております。

我々日本人は、ずっと甘え続けてきたのかもしれません。

「国がなんとかしてくれる」「えらい人がなんとかする」と。
でも、個人が本当に窮地に追い込まれたとき、果たして本当に国が・・というより政府が
守ってくれるでしょうか?
えらい人の言いなりで本当に自分達はこれからの未来を見据えていけるでしょうか?

政治に関心がない・・このようなことを言っていて、本当にいいのでしょうか?
いつも、政治や国政に文句は言うけど、自分ではなにもしない・・
こんなことで本当にいいのでしょうか? 良いわけないですよね。
これからの日本を変えていくのは我々の責務ではないでしょうか?
決して一部の政治家が好きにして良いはずはありません。
今、これからの行動が、思想が我々の子孫の未来を大きく変えてしまうかもしれない。

ならば、「自分達だけが問題なく過ごせればそれでいい」などという考えは この際
キッパリと捨てるべきです。

一人一人の意識を変えていくことが、行動を変えていくことが
日本という国の未来を変えていく、、我々の子孫の未来を明るく変えていく、、
そう信じてこれからの社会的、国際的受難に向かおうと思います。

ともあれ、一日も早く、 東北地区の方達の心の平安が訪れますように祈らずにはいられません。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2011-04-13 10:30 | まじめなお話 | Comments(3)