人気ブログランキング |
(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


そのときに何を想うのだろうか?
彼ら(国際金融資本家)の武器はお金である。
無から作り出すお金(紙幣)によってその力で、
あらゆるものを所有し、支配してきた。
国を超えた資本力で思うがまま、国を操り、企業を操り、
メディアや、教育までも支配してきた。
すべてが己の都合のいいように、更に利益を貪れるように。
国家間の軋轢も、宗教間の軋轢も、民族やテロ問題すら
彼らに利用され、また作られている。
e0022736_10272249.jpg


彼らがもっとも効率よく利益を貪れるもの・・それは戦争である。
政府と軍事産業を支配する彼らは、武器を売り、情報を売り、金を貸して
利子を取り、激変する株式で儲け、破綻処置という名の戦後復興で
また儲ける。
e0022736_10273797.jpg

決して彼らが矢面に立ち戦場に行くわけではない。
戦場に立たされるのは、捨て駒にされるのは我々大衆なのだ。
誰しも戦争は嫌なはずである。
自分が殺されるのも、他者を殺すのも望むわけではないからだ。
そして、戦争は我々大衆には全く利益が無いものであるからだ。
そんな大衆を戦地に追いやるため、彼らは意図的に経済を破綻させ
大衆の生活を困窮させ、飢えさせ、不満や怒りを充満させる。
大衆の怒り、不満が臨界点に達したときに、タイミングよく
彼らが支配する「メディア」や買収した「その国のリーダー」を使って、
その不満怒りを他国へ向けさせるのだ。
「我々が困窮して飢えているときに、あの国では富を独り占めしている!」と。
大衆自ら望んで戦場にいくだろう。飢えや貧困から自分の愛するものを
救うために。 そして、その姿が美化されて、さらに大衆は戦争に突入
していく。
そして、その戦争で守ろうとしていた愛する人を失うのだ。
それでも、人々は戦争をやめない。
愛する人を失った彼らの心は憎悪の心で支配されるからだ。
そして、後は阿鼻叫喚、地獄絵図のような、壮絶な殺戮が始まる。

e0022736_10275872.jpg


アメリカ南西部の四州にまたがる不毛の砂漠地帯「フォーコーナーズ」
の高台にひっそりと住む少数民族 ホピ族 。
彼らが先祖代々語り継いできた予言がある。

「浄めの日には、生きとし生けるものはみな泣き叫ぶ。
    山腹を転げ落ちてゆく石さえ泣き叫ぶだろう。」


彼らははっきりと言っている。
そう遠くない未来に、第四世界は終わるだろう・・と。
そのとき、我々は何を想うだろう。
by kawasaki_ninjya | 2006-02-16 10:28 | まじめなお話
<< うーん。。。。 う・・・ >>