(^_^)enduro

オフロードバイクと北海道の楽しい林道♪
by kawasaki_ninjya
coolwater
カテゴリ
リンク集 
ツイッター&翻訳
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 10月 26日 ( 2 )
久々に・・・
先週の元気村でいいだけ泥を頂戴したので、少しマシン整備を・・と
思いエアクリーナーを外す。
e0022736_952416.jpg

うわっきったねええええええ。

うーん、GASGASのエアクリーナーボックスって、すっかすかだから、
泥も埃も、ついでに水も入り放題なんだよなあ・・・
作りも結構荒いから、隙間だらけ・・・
でも、、、好きなんだよなあ・・・

とか悦に入りながらモソモソと作業を・・・
e0022736_9534941.jpg


そんで、ジャブジャブ洗ったスポンジを乾燥させるためにひょいっと掛けて・・と。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0022736_955498.jpg

ふとみると、スポンジ越しにもう一年も乗っていない相棒が恨めしそうに見てる・・・
しかも、うっすら埃なんか積もっちゃってるし。

うーん・・・・お前も洗車しなきゃな・・
と、その前にシーズン終了前に一度は乗らないとな・・
でも、ホントに乗っていないから、こいつは、もう売ったほうがいいのかな・・・
このまま車庫の番人にしておいても、朽ち果てていくだけだしな・・・。
ごめんよ、駄目なオーナーで。今度、ちゃんとオイルも変えて、洗車して
整備してやるからな。
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-10-26 10:05 | オートバイ
悲しい出来事・・・・
昨日、某大学へ打ち合わせにいったの・・。
そんで、いつものようにごちゃごちゃしたサーバールームで打ち合わせ。
なんでも、このごちゃごちゃしたラックにさらに11U分のサーバを足したいと
言うご要望・・・
e0022736_926328.jpg

あのね・・・あたいは魔法使いでないのよ・・
9Uしか空いていないラックにどうやって11Uのサーバーを入れればいいの?
おせーておせーて??と非常に疲れる商談をしてたの。
まあ、こっちのほうは、現在使用しているサーバの整理とUPSの機種変更することで
なんとかなりそうなんだけど・・・
問題はその後。

このイライラする商談を終えて、急にお腹が「ゴロゴロゴロゴロ・・」と。
しかし、額に汗しながらあわてるそぶりもなく、お手洗いへGO!

しばしの開放感・・幸せのとき・・

さて・・と思ったその時に、信じられない出来事が!!

な・な・な・なんと!!











e0022736_9343940.jpg

紙が無いーーーーーーーーーー!!!!!
e0022736_109671.jpg

なんで?なんで?なんで?
このマンガのような展開が自身の身に降りかかったことで狭い個室で軽く
パニックを起こしながらも考えた。
「いやいやいやいや、とりあえず、営業カバンの中には、大量の紙(コピー用紙)は
入ってるな!最悪これでケツを拭けば・・・」「いやいやいやいや、でも、それだと
ゴワゴワしていて、非常によろしくない。オシリに優しくない。まーた病院へ行くことに
なってしまう」「いやいやいやいや、この際、そんなこと言ってる場合でない」
「いやいやいや、齢40手前にして、トイレで紙が無いと慌てふためいている自分を
どうして少年のときに想像できたであろうか?」
「いやいやいや、しかし、見積書でケツを拭くと数字がケツに転写しちゃうんじゃあ?」
「いやいやいやいや、いやいやいやいやいやいやいや」
と頭が思考で溢れそうになったとき、救世主が現れた!
誰かがトイレに入ってきた!!!
ワシはありったけの勇気を振り絞り、声を掛けた・・
「あの~・・・」・・・・・無反応だ・・・「あの~すみません」・・・ドア越しに「え?俺かよ?」と
いう雰囲気が痛いほど伝わってくる。
ワシ 「あの~そこのお方!」 

青年A 「え?ええ?あ・・・ああ・はい?」

ワシ 「あの~お恥ずかしい話なのですが、その~・・紙が無いんです・・」

青年A 「・・・・・・・は?」

ワシ 「いえ、その、つまり・・・この個室に紙が無かったんです・・・」

青年A 「・・・・・(事態を理解し始めて)・・・ぷっ・・ぷぷぷ・・・ああぁ、はいはい」

ワシ 「それで、その~できたら紙などを取っていただけたら・・と」

青年A 「(必死に笑いをこらえている雰囲気満々で) ああ、ちょっと待ってください!」
     「はい、上から投げますよ~」

ワシ 「あ、ありがとうございます(泣)ありがとうございます(大泣)」

こうして悪夢のような出来事は一応の収拾をみたの。

しかし、後に残ったのは、まさか齢40手前にして、髪が無い!ならまだしも
紙が無い!とマンガようなネタにありつけるとは・・・
しばらく精神的ダメージは大きいと思うの・・・
きっとあの青年Aは後で仲間内に「いやー、今日おっさんがトイレで紙がねーとか言っててよ」
「マジで、ありえね wwwwwwww」という話で盛り上がってると思うの・・。

でも、おっさんはこれからもしぶとく生きていくの。
もう恐いものが何も無い、無敵な気分なの・・・


 
[PR]
by kawasaki_ninjya | 2006-10-26 09:46 | だらだら日記